カテゴリー「異国のゴハン」の134件の記事

2017年7月15日 (土)

「7月なのに寒いよ〜」のイギリスGPブログその1です。

今週末はイギリス・ミッドランドの片田舎に滞在中です。

Th_img_3274

早朝6時からジョギング。あいにく曇ってますが、イギリスの田舎の景色は落ち着きます。ピーターラビットみたいなウサギが、ひょこひょこ出て来ますしね。ただし歩道がない道もけっこうあって、出勤途中のクルマが猛スピードで飛ばしてくるとちょっと焦ります。

Th_img_3280

木立のトンネルを抜けて、

Th_img_3277

丘の上で一休み。

Th_img_3281

宿のB&Bに戻ってシャワーを浴びてから、

Th_img_3282

これぞイギリスというフルブレックファーストをいただきました。

Th__20170715_222559

7月中旬で、11.1℃・・。

ということで、イギリスGPブログその1は、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

F1ウィンターテストブログその2ですよ。

今回のブログでも紹介してますが(こちらです)、

Th_img_2353

サーキット近くの行きつけのバル・レストランは、肉体労働者が出入りする超庶民的な店です。なのでメニューは基本的に、カロリーがっつり系。でも素材そのものにしっかり味があるから、何を食べてもおいしいんですよね。日本の食も、特に野菜ですが、もうちょっと味があるといいのに。

それからスペインでうれしいことのもうひとつは、ビールが安い!これ1杯で、1.5ユーロですよ(約180円)。酒税が安いんですかね。

それにしてもこのお坊ちゃま、

Th_p2280262これからもいろいろやってくれそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

F1ウィンターテストブログその1です〜。

忙しさにかまけて、なかなかブログを更新できないな〜と思っているうちに、ウィンターテストが始まってしまいました。

Th_img_2356

今年初めての海外出稼ぎです。泊まっているホテルは、カタルーニャサーキット近く。朝早く街をジョギングしてたら、すでに桜が満開でした。今年のヨーロッパは、暖かい!スキー休暇から戻ってきたばかりのフランス人カメラマンが、「雪がべちゃべちゃだった」と、ぼやいてました。

ということでウィンターテストブログその1です(こちら)。

Th_p2270187

あいかわらず美味しいメルセデス飯。スマホいじりに忙しいニキ・ラウダ様の隣で食べさせていただきました(^^)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

メキシコシティを、ひたすらロングラン。

1日ぽっかり時間が空いたので、久しぶりにみっちり走ることに。せっかくメキシコシティという高地にいるんですから、いつも以上の効果が期待できそうだし。

Th_img_1407

旧市街にあるホテルを出て、西にしばらく走って行くと、チャプルテペク公園に入って行きます。

Th_img_1402

鬱蒼とした緑や池が点在する広大な公園で、気持ちよく走れます。

Th_img_1406

こうやって高度計を見ない限り、高地にいることは全然実感できません。特に空気が薄く感じるわけでもないですし、風景も普通だし。9月に走った雲取山の頂上より、すでに200m以上高いんですけどね。
当初はそこから南の大学都市に下ろうと思ってたんですが、公園脇の道が上へと上へと延びてるじゃないですか。メキシコシティを囲む山々に登って行けるんじゃないかと、急きょ計画を変更しました。

Th_img_1420

傾斜は緩いものの、果てしない上り坂を10km以上走ったでしょうか。この辺りで、標高2400mぐらい。さすがにくたびれてきて、小腹も空いたので、屋台に毛の生えたようなタコス屋に飛び込みました。

Th_img_1410

ライムとスライスしたタマネギと緑サルサが横に置いてあって、好きなだけかけていただきます。これで一皿16ペソ(約85円)。安い!安過ぎる!

Th_img_1411

中の具は、豚の臓物とみじん切りのパセリと、チーズです。けっこうクセの強い味ですが、今まで食べた中で一番美味しいタコスだったかも。すっかり元気を回復しました。

Th_img_1424

道中にはいくらでも屋台やコンビニがあって、水や食料の補給にはまったく困りませんでした。

Th_img_1417

ペダルを漕いで機械を回してた刃物研ぎのおじさん。

Th_img_1398「死者の日」のコスプレがうれしくてしょうがない男の子。他の町では見かけない人々に、いろいろ出会いました。

Th_img_1437

おそらくこの辺りが最高地点かな〜という辺りで、高度計を確認。350mほど上がったことになります。しかし相変わらず周囲の風景は、そんな標高など感じさせないものでした。

Th_img_1435

おやつのミニどらやきは、これ以上無理っていうぐらいパンパンに膨らんでましたけど(笑)。

Th_img_1428

丘の向こうにそびえる高層ビル。一見団地風ですが、近寄ってみると実は超高級マンション群なのでした。住民以外立ち入り禁止の私道だらけで、市内に下って行く道を探すのに、散々上ったり下ったり、引き返したりを繰り返して、すっかりバテてしまいました。

Th_img_1431

今回初めて利用したGoogleマップのオフラインナビ、すごく便利でした。でもさすがに、私道かどうかまでは表示されません。

Th__20161027_131336

標高2000m以上の道を45km、5時間40分。少しは、効果が出るかな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月30日 (土)

ライン川で、野生のベリー畑を発見!

ヨーロッパに来てもう10日も経つので、いい加減時差ボケは治ってるはずなんですが、今朝も6時前に起きてしまいました(ええ、ええ、ジーさんボケですとも)。

Th_img_0794

ま、もともとこの日の朝は走ろうと思ってたので、いいんですが。これは昔の見張り塔ですかね。朝焼けに染まって、きれいでしたね〜。
あ、ランニング話の前に、ドイツGPの美味しい話はこちらです。

Th_img_0796

町を抜けると、すぐにライン川が見えてきます。早朝だと、気温はまだ20℃ぐらい。湿気もないし、実に爽快に走り続けられます。

一昨日走った時は、鹿の親子にばったり出くわしたし。まず母鹿が茂みから道路に出て来て、それを見た僕が思わず立ち止まったら、向こうも前肢を上げたまま固まってました。1秒ぐらいは、お互い見つめ合ったんじゃないかな。その一瞬後には、角の生え始めた息子鹿といっしょに、急いで遁げて行きました。

Th_img_0797

そんな遊歩道をず〜っと走った先で、偶然野生のベリー畑を発見!人間にも鳥にも獣にも食べられてないようで、びっしり群生してました。

Th_img_0798

いや〜美味しかった。もっと食べたいと、草むらにぐぐっと右足を踏み入れたら、思い切り毒草に刺されましたけどね(≧m≦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月23日 (土)

真夏のブダペストから、ハンガリーGPブログその1でございます。

今週末は、ブダペストで出稼ぎ中です。

Th_img_0714

もうかれこれ30年以上通ってますが、好きな町のひとつです。
木曜の晩には、行きつけのレストランに出かけました。

Th_p7220033

「グンデル」という、ブダペストを代表する高級レストランとくっついてて、確か厨房は共同の店。名前は・・、何度通っても覚えられません。

Th_p7220029

前菜はハンガリー名物フォアグラのステーキ。

Th_p7220032

メインは、これまたハンガリー名物のマンガリッツァという品種の豚のカツレツでした。

Th_p7220038

トカイワインが有名なハンガリーですが、最近は赤ワインにも力を入れてるみたいで、ハンガリー固有種のこれを薦められました。シラーとグルナッシュを合わせたような味わいでしたね。

Th_p7220040

デザートは、キャロットケーキ。店も料理も、素朴な感じが好感持てます。値段も、メインディッシュが1000円ぐらいですしね。

ということで、ハンガリーGPブログ1回目は、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月16日 (月)

「8・16ダイエット」が、F1関係者の間で大流行!?

なんてことは残念ながら、全然ありません。スペインでいっしょだった尾張くんとハニマロくんと僕が、日本を発つ前にこのダイエット法を紹介したTV番組を偶然見てまして、「じゃあ試しにちょっと、やってみようか」と、始めただけなのでした。

でもなかなか、興味深いダイエット法ですよ。まだご存知ない方は、このリンクをご覧下さい。

簡単に言うと、1日のうち8時間だけ食事をして、その間は何を食べてもいい。その代わり残り16時間は、何も食べないというもの。いわばプチ断食を、毎日してる感覚です。

僕の場合はダイエットというよりは、胃腸を休めることを主な目的にしました。でも8時間の間に、つい食べ過ぎてしまうんですよね。特にグランプリ週末は、いろいろ目移りするものが多くて・・。

Th_img_0318

ホンダ食堂の茶わん蒸しと握り寿司のセットとか。

Th_img_0319跳ね馬亭の前菜盛り合わせとパスタとか、

Th_p5140271

Th_p5140272

でも今回、一番美味しくいただいたのは、こちらでした。

Th_p5130241

銀の矢飯店のビュッフェです。日本にいると、今がホワイトアスパラの旬なのをすっかり忘れていて、我を忘れてぱくぱく。結局、あまり胃腸を休めることはできませんでした(爆::


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 6日 (水)

スペイン人はキロ単位で、チューロスを買うんですよ。

翌朝は、ヘレス中心部の市場を見物しました。

Th_pc291312

年末の買い出しのごった返しぶりは、どこもいっしょですね。

Th_pc291258

ユーロになって高くなったとはいえ、フランスに比べるとまだまだスペインの物価は安いです。オレンジなんて、2キロで1ユーロでした(ま、道端にいくらでも実ってますしね・・)。

Th_pc291263

おじさんが自慢気に見せてる巨大ラディッシュも、二房1ユーロ。

Th_pc291291

マグロの赤身は、キロ2000円ぐらいだったかな。

Th_pc291266

これはシャコですかね。さっと茹でたら、美味しいだろうな〜。

Th_pc291346

場外にもいろんな店がありましたが、このおばさんが黙々とスジを取ってるのは、何の野菜なんでしょう・・。

その隣で買い物客が行列を作ってたのが、このチューロス屋さん。

Th_pc291377

右上に値段表があるんですが、一番上には「キロ8ユーロ」と表示されてます。そしてお客さんたちのほとんどが、両手でやっと抱えられるくらいの量のチューロスを買って帰ってました。チューロス1kgって・・。

そこからわれわれは、前夜閉まっていて入れなかったレストランへ、再度向かいました。いや、馬車じゃなくて、歩いてでしたけど。

Th_pc291430

この店です。この日は、ちゃんと開いてました。

Th_pc291426

一昨年の出張の際、偶然見つけたタコ専門店。北スペイン・ガリシア地方の名物で、わざわざアンダルシアまで来て食べる必要はないのですが、とにかくうまいんですよ。

Th_pc291384

ガリシアのビールを呑みながらメニューを眺めていると、仕入れたばかりのタコを運んできた店主が、「どれどれ」と入ってきて、そのうちタコへの愛を滔々と語り始めたのでした。

Th_pc291396

「娘も2歳からタコを食べててねえ」。サカナくんと、対談させたい!

そのアドバイスに従って注文したのが、

Th_pc291405

ジャガイモを敷いた上に茹でてからパプリカをたっぷり掛けた定番タコ料理と、岩塩をまぶして炭火で焼いたシシトウ(これ、最高でした)。

Th_pc291410

そして店主が、「個人的には、ベスト」と言っていた大ぶりのタコの両面をさっと炙ってから、マッシュポテトといっしょにオーブンで焼いた一品。確かにいける。ビールが進みました。

Th_pc291417

ワイン蒸しのムール貝も、パリのレオンでは絶対にお目にかかれないような巨大、かつプリプリの身。う〜、ヘレスにはまだ行きたい店がいくらでもあったのですが、後ろ髪を激しく引かれつつ、セビリアへと移動したのでした・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月24日 (土)

怒りのパトリシア・・。

今週末は、アメリカ・テキサス州の州都オースチンに来ております。

ハリケーンに女性の名前を付けるというのは、日本人的にはどうも違和感を感じるんですが、観測史上最強の「パトリシアちゃん」が、まだメキシコにいる時点から、こちらの方まで大雨を降らせてます。

Th__20151023_114143

おかげで初日の2回目フリー走行は中止。二日目の今日も、午後の予選は開始延期を繰り返し、まちがいなくこのまま中止になるでしょう。

その辺りの顛末は、こちらでご覧下さい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月21日 (火)

マッダレーナで最高のレストランは?ーサルディニア旅行その4ー

短い旅行でしたけど、サルディニアでは食も十分堪能しました。特に最後の二晩のレストランが、印象に残ってます。

Th_p1430426

まず港に面したペルラ・ブル(蒼い真珠)。

Th_p1430429

こういうテラスでいただいたんですが、

まず、つき出しが素晴しい。ピザ生地にオリーブオイルをたらし、ハーブと塩を振りかけただけなんですけどね。

Th_p1430434

そして前菜のタコサラダ。

Th_p1430436

続いてイカの素揚げ。マッダレーナのレストランならどこでも出す定番メニューですが、鮮度も調理の仕方も、ここのが最高でした。

Th_p1430441名物からすみパスタも、

Th_p1430460

この店のは粉をまぶすだけじゃなくて、スライスもふんだんに載せてあって、そのねっとりした食感が細目の平打ち麺にすごくよく合ってました。

Th_p1430459

魚介類どっさりのパスタもおいしかったんですが、その場で取り分けてくれるうちにすっかり冷めてしまうのが、熱々好きとしてはちと残念でした。

そして最後の晩に行ったのが、「トラットリア・デ・ボケッタ」。

Th_p1430600

ここはパスタが、最高でした。

Th_p1430579

雲丹のパスタ。

Th_p1430578

そしてオマール海老の半身がドンと載ったパスタ。オマールに隠れてほとんど見えませんが、パスタにはミソがたっぷり練り込まれてて、それはもう陶然とするばかり・・・。

生まれて初めて訪れたサルディニア島でしたけど、予想以上にいいところでした。景色の美しさ、食べ物の美味しさ、人情の細やかさなどなど、去年滞在した石垣島と竹富島を彷彿とさせてくれました。

Th_dsc_0486

またぜひ、出かけてみたいです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧