カテゴリー「ランニング」の307件の記事

2016年12月10日 (土)

シーズンオフの日々。

11月末に今年のF1が終了してからも、しばらくバタバタの日々が続き、すっかりブログもご無沙汰してしまいました。

その間、新居の後片づけをしたり(まだやってるんですか!)、熊野の山の中まで走りに出かけたりしたのですが、その辺りはまた改めてアップするとして・・。

今朝はあんまり天気がいいので、ちょっと遠出しました。

Th_img_1739

新宿御苑の脇道です。井の頭公園みたいに見えるのは、武蔵野の同じ景観だということなんでしょうね。

Th__20161210_232435

そのあと新宿通りから麹町を過ぎ、皇居をぐるっと1周。帰路は迎賓館の正面をかすめて、四谷若葉町を通る、約21kmのランでした。休日の都心を走るのは、本当に楽しいです。

Th_img_1741

お昼ご飯は、前から行きたいと思ってた、大久保駅裏にある「ベトナムちゃん」。平日はいつも人が外まで溢れてますが、土曜日の今日は比較的空いてました。週末のランチは税込み約1500円と2000円のコースしかないからかも。

Th_img_1740

でもコストパフォーマンスは、かなり高かったです。僕らは1500円のコースを注文したんですが、前菜だけで大きな生春巻きと、かりかりの春巻き、豚耳サラダと、3品も付きます。それぞれすごく美味しくて、写真撮り忘れました・・。
そしてメインは、チキンフォー。鶏ガラスープが、絶妙でした。アルコールも充実してるみたいなので、今度は夕食に来てみようと思います。

帰りは隣のマレーシア人経営の食料品店で、調味料をいろいろ購入しました。

Th_img_1742

右からニョクマム、ピリ甘辛ソース、牡蛎油ソース、エシャロットの揚げたの。さあ、これでいろいろ、東南アジア風無国籍料理が作れるぞ(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月26日 (土)

今年もシーズンが終わろうとしてます。

今月は何だかドタバタ、ジタバタの毎日で、気がついたらあっという間に月末!ブログもすっかり、ご無沙汰してしまいました。とりあえずは、元気でやっております。

数日前からは、中東アブダビに出稼ぎ中です。ということでF1最終戦アブダビの最初のブログは、こちらをご覧下さい。

Th_pb240003

いつものことながら、きらびやかなサーキットです。

Th_img_1588ショッピングモールに買い出しに出かけたら、クリスマスセール中。一応、イスラム教国家なんですけどね(^^)。



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

メキシコシティを、ひたすらロングラン。

1日ぽっかり時間が空いたので、久しぶりにみっちり走ることに。せっかくメキシコシティという高地にいるんですから、いつも以上の効果が期待できそうだし。

Th_img_1407

旧市街にあるホテルを出て、西にしばらく走って行くと、チャプルテペク公園に入って行きます。

Th_img_1402

鬱蒼とした緑や池が点在する広大な公園で、気持ちよく走れます。

Th_img_1406

こうやって高度計を見ない限り、高地にいることは全然実感できません。特に空気が薄く感じるわけでもないですし、風景も普通だし。9月に走った雲取山の頂上より、すでに200m以上高いんですけどね。
当初はそこから南の大学都市に下ろうと思ってたんですが、公園脇の道が上へと上へと延びてるじゃないですか。メキシコシティを囲む山々に登って行けるんじゃないかと、急きょ計画を変更しました。

Th_img_1420

傾斜は緩いものの、果てしない上り坂を10km以上走ったでしょうか。この辺りで、標高2400mぐらい。さすがにくたびれてきて、小腹も空いたので、屋台に毛の生えたようなタコス屋に飛び込みました。

Th_img_1410

ライムとスライスしたタマネギと緑サルサが横に置いてあって、好きなだけかけていただきます。これで一皿16ペソ(約85円)。安い!安過ぎる!

Th_img_1411

中の具は、豚の臓物とみじん切りのパセリと、チーズです。けっこうクセの強い味ですが、今まで食べた中で一番美味しいタコスだったかも。すっかり元気を回復しました。

Th_img_1424

道中にはいくらでも屋台やコンビニがあって、水や食料の補給にはまったく困りませんでした。

Th_img_1417

ペダルを漕いで機械を回してた刃物研ぎのおじさん。

Th_img_1398「死者の日」のコスプレがうれしくてしょうがない男の子。他の町では見かけない人々に、いろいろ出会いました。

Th_img_1437

おそらくこの辺りが最高地点かな〜という辺りで、高度計を確認。350mほど上がったことになります。しかし相変わらず周囲の風景は、そんな標高など感じさせないものでした。

Th_img_1435

おやつのミニどらやきは、これ以上無理っていうぐらいパンパンに膨らんでましたけど(笑)。

Th_img_1428

丘の向こうにそびえる高層ビル。一見団地風ですが、近寄ってみると実は超高級マンション群なのでした。住民以外立ち入り禁止の私道だらけで、市内に下って行く道を探すのに、散々上ったり下ったり、引き返したりを繰り返して、すっかりバテてしまいました。

Th_img_1431

今回初めて利用したGoogleマップのオフラインナビ、すごく便利でした。でもさすがに、私道かどうかまでは表示されません。

Th__20161027_131336

標高2000m以上の道を45km、5時間40分。少しは、効果が出るかな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月21日 (金)

オースチンは、本当に夕焼けが美しいサーキットです。

1年前にここを訪れた時には、超大型ハリケーン「パトリシア」襲来で、連日大雨でした。そんなこんなで走るどころではなく、今回2年ぶりのサーキットランとなりました。

Th__20161020_202931

この地図だけ見るとぴんと来ないかもしれませんが、けっこうアップダウンのきついコースです。

Th_img_5265

初開催の2012年にこれを見た時は、さすがにたまげました。

Th_ch1_3837

さっそくグループランも開かれましたが、ここを駆け上がるのはキツかったです。

Th_p1240643

2014年の夕日にも、みとれました。

Th_img_1330

昨日走ったのは、ほぼ日も沈みかけた頃でした。これは1周目。

Th_img_1333

そして2周目。日本もアメリカも、秋の日がつるべ落としなのはいっしょですね。

Th_img_1337

地元では「ドラゴン」と呼ばれている、サーキット名物の展望台。どちらかというと、恐竜っぽいです。

Th_img_1340

最初はビルドアップ走のつもりで走ったんですが、上り下りの連続ですっかりペースが狂わされ、結局インターバル走みたいになってしまいました。1ヶ月後の「南アルプスマウンテンマラソン」に備えて、せっせとトレラン用の身体を造らなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土)

今年も鈴鹿を走りましたー日本GPブログその1ですー

年に一度の、お楽しみ。今年も鈴鹿サーキットを、ガシガシ走りました。

Th__20161008_90753

「海風が吹くと、雨が降る」と、地元の人は言います。この夜もメインストレートとかスプーン立ち上がりの直線を駆け降りている時は、すごい向かい風でした。でも幸い、ぽつっと来たぐらいで走り終えることができました。

Th__20161008_124150

1周分の高低図をご覧下さい。鈴鹿サーキットが、いかに上りと下りの連続したコースなのかが、おわかりかと思います。だから走ってても、全然退屈しないのかも。

2周目のヘアピンを抜けた辺りで、旧知のイギリス人ジャーナリストが追い上げてきて、年がいもなくゴールまで競争してしまいました(爆

Img_1275

そのあと四日市に帰る電車で、再び遭遇。「これ、行く?」と勧めてくれた紙袋の中をのぞいてみたら、ヱビスビールが少なくとも半ダース。部屋で一人でこれだけ呑むつもりだったみたいで、さすがビール命のイギリス人。遠慮なく、いただきました!

ということで、日本GPブログその1は、こちらです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

「スコールと無縁のマレーシアから、台風の日本へ」ーマレーシアGPブログその2ですー

今年のセパンサーキットは、舗装をやり直したばかりで路面が黒くなったせいもあるんでしょうが、日中は路面温度が60℃に達しました。

Th_p9300350

夕方になっても気温は30℃からなかなか下がってくれないものの、路面温度は一気に20℃以上急降下。

Th__20161003_223554

その隙に、2周ほどジョギングしました。戸隠以来しばらく走らずにいたので、ごくのんびり。

Th_p9290116

夜風が気持ちよかったです。

ということでマレーシアGPブログその2は、こちらをご覧下さい。日本人若手ドライバーが、久々に表彰台に乗ってくれましたよ。

月曜の朝は4時に起きて、7時の便で日本へ。満席の機内はフェリペ・マッサはじめ、鈴鹿に向かうF1関係者がほぼ半分を占めてる感じでした。

Th_ct0xonfuiaaggppjpg_large

成田に着くと、外は大雨。「猛烈な台風」18号が迫ってますもんね。僕もS660を借りて鈴鹿に向かおうと思ってたんですが、暴風で飛ばされても困るので、新幹線にしました(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月28日 (水)

「戸隠古道トレラン50km」ーその2ーええ〜!?フィニッシュ後に、まさかのサプライズ。

その1からの続きです。

Th__20160926_111204

改めて高低図を載せますが、最初の瑪瑙(めのう)山を登って下りるまでは、元気いっぱいでした。ところが第2の飯縄山への登りは、岩だらけの上に木の根が這え回る急坂が永遠に続いて、とても写真など撮る元気も余裕もなく・・。

Th_img_1194

息も絶え絶え登り切って、ようやく眼下の絶景に気がつきました。

Th_img_1195で、あとから来たランナーの人に頼んで、記念撮影。でもポーズを取ろうと左足を上げた瞬間に、ハムストリングスが激しく攣りました(爆

Th_img_1187

その後は長い下りで大腿筋もすっかりイッてしまい、下り切ってからはしばらくは緩やかなアップダウンだったんですが、6〜7分/1kmで走るのが精いっぱい。ようやくたどりついた最初のエイドも写真撮ってないし、よっぽど疲れてたんですね〜。

Th_img_1204

途中に出てきた宝光社の274段の階段。ふだんならどうってことない段数ですが、手すりに頼りながらじゃないと、とても登り切れませんでした。

Th_img_1198

でもコース中盤の大部分は、落ち葉が積もってフカフカなトレイルの上に、戸隠古道ならではの霊気もちょっと感じられて、

Th_img_1211

少し元気を取り戻せたかも。

Th_img_1209

「お〜これが『真田丸』にも出てくる、有名な鏡池か〜」と記念写真を撮ろうとしたら、コース係員の人に、「鏡池はもっと先ですよ」と、たしなめられてしまいました(再び爆。

Th_img_1213

こんなところも3回ほど通りましたが、泥だらけだったシューズはきれいになるし、冷たい沢水がオーバーヒートした足を冷やしてくれたし、むしろ気持ちよかったです。

Th_img_1210

最後に待っている、二度目の瑪瑙山。朝方登ったのとは全然違う山と錯覚するほどに、身体は疲れ切ってました。

Th_img_1215

それでも8時間40分ほどで、何とかフィニッシュ。ゴールすると女子の部の表彰式が行われてる最中で、何と表彰台の真ん中に立ってるのは、ラン友の奥薗さんじゃないですか。つい1ヶ月前にはUTMB170kmを完走してるし、凄い走力の持ち主だとは思ってましたが、本当に素晴しい!何だか自分のことのように誇らしい気持ちになりました。

Th_img_1219

ゴール後のご褒美は、名物の戸隠蕎麦と、奥薗夫妻とのビールでの乾杯。自分の力のなさを痛感しつつ、完走の喜びに浸ったレースでした。

で、無事に帰宅した翌日、改めてリザルトを見てみると、

Th_50km

何とまあ、「60歳以上の部」で、僕は2位に入ってるじゃないですか。でも1位の63歳の人には1時間近く離されてるし、何より60代の完走者自体、4人しかいないんですけどね(^-^;

それより何より、28kmの部にエントリーした77歳の男性が、今回の大会の最高齢者だったんですが、

Th_28km

何と60歳以上の部1位で、完走してました。しかも完走者241名中、93位ですよ。こういうジイサンに、なりたいものです。

Th__20160930_94515

このSuuntoのソフト、地図上のkm表示の仕方がどうしてもわからないんですが、49,80kmの旅でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月26日 (月)

「戸隠古道トレラン50km」ーその1ー快晴のスタート!余裕で、完走できそう?

日本での初トレラン、「戸隠古道トレラン50km」を走ってきました。

前日に新宿西口からの直行バスで、5時間ほどかけて長野県の戸隠へ。

宿は主催者が割り振ってくれて、僕は元宿坊だったという藤井旅館に泊まりました。相部屋8000円、個室1万円。

Th_img_1170

その値段で、ここまでいろんなものを供してくれるの?と驚くほどに、夕食はすごく美味しかったです。家族経営らしき旅館の人も、ほんとに皆さん親切にしてくれました。朝食も、朝5時半から出してくれましたしね。

Th_img_1172

トレラン自体がこれで3戦目なことに加え、エイドが少ないと聞いてたので、荷物はついつい多めになってしまいました。

朝6時45分。スタート15分前の戸隠中社です。

Th_img_1173前日はどんよりと曇ってて、「こんな中を走るのかな〜」と、気持ちもちょっとどんよりしてました。でも、この日は快晴!50kmの定員は500名とのことでしたが、割りと少なめの印象です。普通の市民ランナーでもスタートと同時に走り出せて、グロスとネットのタイムがほぼ同じというのも、小規模な大会のいいところですね。

Th_img_1177

朝日を浴びながら、まずはスキー場のゲレンデを駆け上がります。

Th_img_1179

ひとつ目の山、瑪瑙(めのう)山に向かう中腹の景色が開けたところで、みんな歓声とともに記念写真。

Th_img_1182

そこからはちょっとガレた急坂になりますが、この時点では僕も含めて参加者はまだまだ元気でした。

参考に、50kmレースの高低図です(大会サイトから、転載させていただきました)。

Th__20160926_111204

標高1700〜1900mの山を全部で3つ登ったり下りたりするんですが、そもそもスタート地点の標高自体が1200m近いので、累積標高はそれほどの数字ではありません。「これぐらいなら、余裕で完走できそう」と僕もスタート前には思ったし、実際序盤は絶好調だったんですが、その考えが全然甘かったことを、その後これでもかと思い知らされることになります。(その2に続きます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月13日 (火)

地ビールが飲めなかったのは、残念!ー雲取山トレラン記その2ー

雲取山トレランの続きです。

七つ石小屋を過ぎると、雲取山の頂上はもうすぐそこです。

Th_img_1083

石尾根縦走路という、比較的広くてなだらかなトレイルをしばらく登って行くと、

Th_img_1088

山頂直下の、ちょっと傾斜のきつい尾根道と、巻き道に分かれます。まだ元気だったので、尾根道を選択。すでに登頂を終えたランナーたちが数人、下りて来てました。でも思ったほど、走ってる人は少なかった印象です。登山の人20人に、ランナーひとりくらいの割合かなあ。

Th_img_1089

けっこうな傾斜ですが、距離は短かったです。

Th_img_1095

約2時間半で、山頂到着。同じように単独で登ってた人と、記念写真の撮りっこしました。

Th_img_1094

これから山を走る機会も多いだろうからと、高度計付きのGPSウォッチを最近購入したんですが、30m以上も低い数値になってました。大丈夫か?バッテリーの減りもカタログに書いてあるよりずいぶん速いし・・。

ま、それはともかく、晴れれば富士山も見えるということでしたが、どんどんガスって来たので、コンビニおにぎり1個の昼食を済ませ、早々に下山することに。

Th_img_1098

そしたらあとからやってきたご夫婦のトレイルランナーと挨拶するうちに、UTMBにも出場したことあるそうで、あれこれ話が弾み、すっかり長居をしてしまいました。

Th_img_1105

復路は尾根伝いを、ひたすら縦走。あとで知り合った登山者に教えてもらったところでは、昼過ぎに雲取山から奥多摩駅までのルートをたどって下山する人は滅多にいないそうで、実際ほとんどず〜っとひとりでした。いかにも熊に出会いそうな笹道・・。

Th_img_1108

前日までどっさり雨が降ってたせいか、あちこちにキノコがびっしり生えてる光景も、なんだかいっそう孤独感が募ります。

Th_img_1113

涸れ沢をそのまま道にしたようなこのトレイルも、けっこうなぬかるみ状態でした。そんなこんなで下りも思ったほどペースが上がらず、復路は4時間半ほどで下界に到着。「駅の近くに温泉と、クラフトビールを飲ませる店がありますよ」と、ラン仲間に教えてもらってて、それを楽しみに走ったんですが、帰りの電車の時間が迫ってる・・。

Th_img_1114

なので駅前食堂に飛び込み、タヌキ蕎麦をご褒美にすることに。この店の人、「あと10分で電車が出てしまうんですが」というこちらのリクエストも快く聴いて、大急ぎで作ってくれて、ありがたかったな〜。

Th_img_1116

ホームに、滑り込みセーフ〜。全部で33kmほどのトレランでしたが、山をちゃんと走ったのはほぼ1年ぶりで、山用の筋肉が全然できてないことを痛感した1日でした。でも、楽しかった。いろんな人にも、知り合えたし。また、来ようっと。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月)

東京都の最高峰に、登ってきましたよ。ー雲取山トレラン記その1ー

本帰国して半年が経とうとしてますが、まだ一度も日本の山を走ってませんでした。それで先週末、奥多摩まで出かけてきました。

Th_img_1051

中央線から青梅線に乗り換え、出かけてから1時間ほど電車に揺られただけで、こんな景色が車窓に広がります。東京って、ず〜っと都会が続いてるのかと思ってたから、ちょっとビックリ。
終点の奥多摩駅からバスに乗り換え(駅前の停留所は朝9時過ぎというのに、山に登る人々で長蛇の列!2台のバスでも乗り切れなくて、40分ほど待ちました)、15分ほど走ると、

Th_img_1056奥多摩湖が見えてきます。いや〜、のどかだ。そこからさらに15分ほど揺られて、鴨沢停留所下車。今回のトレランの出発点です。

Th_img_1061

民家の脇のコンクリート舗装をガシガシと登っていくと、

Th_img_1064

まもなく踏み固めたトレイルが現れ、

Th_img_1065

ちょっとガレ場のような道も。超方向オンチなので、単独行は不安でしたが、

Th_img_1068

思った以上に標識はしっかりしてました。でも、熊が出るの!?そういえば登山客の皆さんは、8割方熊鈴を付けてる。急に不安になりましたが、今さらどうしようもない。「注意」たって、注意しようもないと思うのですが。走りながら、映画「レベナント」のシーンが、頭に浮かびました。

Th_img_1071

登るにつれ、人ひとり通るのがやっとの、崖道が続きます。

Th_img_1072

まだ標高1000mちょっとなんですが、持って来たおやつはパンパンに膨らんでました。

Th_img_1074

いかにも日本っぽい、岩と木の根っこの露出したトレイルが、しばらく続きます。

Th_img_1075

七つ石小屋に到着。この辺りから、周囲は少しガスって来ました。

Th_img_1078

なにぶん初心者なもので、「巻き道」という言葉すら、知りませんでした。山頂までダイレクトに登って行く険しいルートではなく、ぐるっと巻いていく比較的なだらかな道を指すんだそうな。

Th_img_1079

沢の水。美味でした。0,6リットルのフラスクをふたつ携帯して、さらにバス停の自販機で500ccの水を買ってきたんですが、ちょっと足りないかなと思ってたところなので、助かりました。
(「その2」に続きます)

今回のルートです。

Th__20160912_105214


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧