カテゴリー「映画・テレビ」の95件の記事

2016年8月19日 (金)

『居酒屋ゆうれい』に、日本のデフレの深刻さを実感する・・。

先日初めて、『居酒屋ゆうれい』をTVで観ました。

Th_114734_01

居酒屋を営む主人(萩原健一)と、ちょっと訳ありの後妻(山口智子)、そこに先妻(室井滋)が幽霊になって現れ、奇妙な三角関係を繰り広げるコメディです。

Th_eiganokotsu02_1

ストーリィ自体とても面白いし、ショーケンを始めとする主演3人も魅力的で、大いに堪能しました。細かいところでは、店内の雰囲気とか、店の外の様子とかが、『深夜食堂』にそっくりだったのも面白くて、もしかしてこの映画を参考にしたのかもと思ったりしました。

Th_bw7vjwcmae6ygk

細かいついでに、もうひとつ。時々出てくる品書きを読むと、たとえばおでんの大根が150円、客一人の勘定が、飲んで食って2500円だったりするんですね。1994年製作ですから、今から22年前の作品です。
2016年現在、西荻駅前の似たような居酒屋で僕が払う金額より、下手をすると高いかもしれません。日本のデフレはかなり深刻だと、感じてしまったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月20日 (水)

追悼・巨泉さん

パリ便の出発を待つ羽田空港のラウンジで、大橋巨泉さんの訃報に接しました。

通信社を辞めてパリに留学したものの、経済的にも精神的にもジリ貧状態にあった僕が、イーストパリ支局の仲間たちに拾われ、ディレクターとして一本立ちして以降、集中的に手がけた番組が、巨泉さんの「世界まるごとHOWマッチ」でした。


僕は一介の取材ディレクターであり、巨泉さんとは直接いっしょに仕事をしたことはありません。お目にかかったのも、年に一二度の帰国の折り、スタジオ収録に立ち合った時ぐらいでした。

ただわれわれの制作したビデオは収録前に本当にしっかりご覧になっていて、厳しい言葉も頂いたし、面白いネタの時は大絶賛してくれたりもしました。

Th__20160720_94002

TVバラエティの作り方、海外取材の仕方、すべてをこの番組で教えてもらいました。

気骨のある人生を全うした巨泉さんの冥福を、心から祈ります。

附記:2009年にロケ地を家族で再訪した時のことを、ブログに載せてます(こちらです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 9日 (金)

『エベレスト3D』。気力を充実させて、観て下さい。

日本でも来月6日公開予定の『エベレスト3D』、一足先にパリ市内の映画館で観てきました(予告編は、こちらです)。

Th_movieposter6

1996年5月10日に起きた、世界最高峰での大量遭難事故を基にした映画です。冒頭に登場する雑誌記者が、ジョン・クラカワーと自己紹介する下りで、「ん?どこかで聴いたことのある名前だぞ」。続いて日本人登山家の「ヤスコ・ナンバ」さんが出てくるにいたって、ようやく思い出しました。

ジョン・クラカワーによる原作『空へ』を、以前読んでいたんでした。

Th_51pwerkndxl_sx346_bo1204203200_

この映画でのエベレストの描写は、3D撮影の進歩もあって、ただただ圧倒的な迫力です。その上事実に基づいた話なので、ハリウッド的なハッピーエンドで終わらないであろうことも、僕たち観客はわかっている。登場人物たちといっしょに苦しみ、哀しみ、のたうち回りながらラストへと運ばれ、見終わった時にはぐったりくたびれました。

難波康子さんが頂上に小さな日の丸を立てるシーンは、その後の運命を知っているだけに、よけいにジーンと来てしまいました。

金持ちが大部分のメンバーの中で、一介の会社員でありながら、スポンサーもなしに6大陸最高峰を制覇。七つ目となるエベレストもついに登頂し、下山中に力尽きた難波さんに対し、原作者もこの映画も、特に温かい眼差しを送っているように感じました。

家族も顧みず、命を賭してまで登ろうとする山の魅力って、何なんでしょうね。僕はトレイルランニングで、十分以上に満足です・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 3日 (月)

ピース又吉監督の『告白』、面白い!

昨晩たまたまTVで見た、『オモクリ監督』という番組。お笑い芸人たちが作った短編映画を、フランス人たちに見せてウケるかどうか、反応を見るという企画。

その中の一人が、芥川賞を受賞して話題となったピース又吉だったんですが、彼の作った『告白』、面白かったですね〜。ぐんぐん引き込まれて、大爆笑。

Th__20150803_223121

脚本も演出も編集も、音楽の使い方も、本当にうまい。他の人たちのとは、全然キレが違ってました。

このリンク、すぐに見られなく恐れがありますが・・。ご視聴あれ!
こちらです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月16日 (火)

『ジュラシック・ワールド』。スピルバーグが、監督すればよかったかも・・。

久しぶりの映画ネタです。

基本的にここで感想を書くのは、よかった〜と思えるものだけにしてるんですが、今回はその決まりから外れました。それだけ期待が大きかったということなのかもしれません。あくまで個人的な感想です。アメリカでは、大ヒットしてるみたいですし。

日本に先駆けて、先週からパリで公開中の『ジュラシック・ワールド』、観てきました。

Th_dsc_372

シャンゼリゼの映画館。午前中の初回上映は、誰でも料金が半額です。3Dなので、それでもひとり9,7ユーロ(約1350円)でした。平日の午前中とはいえ、1000席近い大きな館内に、客は僕らを入れて20人ほどでした。お年寄りと、失業者が大部分かと・・。

で、本編を観た感想なんですが、

Th_jurassicworldpratthoward

もう少し演出に、メリハリがほしかったですね。観客の大部分はおそらく、以前の3部作の少なくともひとつは観てる人々だと思います。当然、ワクワク感を抱いて観始めるわけですが、なかなか映画の中に入り込めない。説明的な描写が多いし、登場人物たちのキャラクターもぼやけている。人間だけのやりとりだと、ほんの数十秒のシーンでもすごく長く感じました。

Th_chrisprattvelociraptorjurassicwo

恐竜にしても、今回はラプトルが重要な役割を演じるんですが、『ジュラシックパーク』の時に感じた得体の知れない怖さ、狡猾さ、頭のよさが、全然伝わってきませんでした。

Th_jurassicworld

『ジュラシックパーク』を最初に観た時は、あまりの映像の迫力に、文字通り何度も映画館の椅子からのけ反ったものです。この20年でCG技術は飛躍的に進歩してるはずで、実際CG自体は大したものだと思いましたが、アドレナリンは出ませんでした。第1作の迫力はCG技術だけではなく、むしろ多くを演出の巧さに負っていたのだということが、改めてよくわかりました。

封切りと前後して、フランスのTVで三部作をリバイバルオンエアしてましたけど、特に最初の『ジュラシックパーク』は、小さい画面で、しかも筋書きはわかり切ってるのに、つい手に汗握ってしまいますもんね。

Th_b842c76282d138d7e98c21c432593276

クライマックスの恐竜同士の戦い、東宝の怪獣映画みたいでした・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月10日 (水)

アル・パチーノやら、マイケル・ダグラスやら・・。

昨日の朝、カナダから帰ってきました。パリとモントリオールは飛行機だと6〜7時間で、ほんのひとっ飛びという感じ。ただ時差が6時間ある上に、帰りの便はナイトフライトなので、どうしても寝不足になってしまいます。なので家に帰ってから、走りに出かける気にもならず、グダグダしておりました。

カナダGP日曜日のお話を少し。まずは、美男美女から。

Th_p1410573

レーススタート直前のジェンソン・バトン夫妻です。すっとした立ち姿が、かっこいいですね〜。レースは残念ながらリタイアに終わってしまいましたが、二人でいるときは十分に幸せそうです。

Th_p1410536

そしてこちらは、グリッドガールたち。

Th_p1410591

雰囲気と服装が、すごく合ってる感じでした。

レース当日は、「あのアル・パチーノが来る」というので、皆けっこう期待に胸を膨らませてました。もちろん、僕も。個人的には『ゴッドファーザー』ではパート3が、それ以外の作品では『セント・オブ・ウーマン』の彼が好きです。

そしてついに、本人登場。なにしろ御年75歳ですから、ある程度くたびれた雰囲気は予想してたんですが、そんな凡人の予想などはるかに超えるぶっ飛びぶりでした。

Th_p1410629

このヘアスタイル(と言っていいのか・・)、ずれたサングラス、よれよれのスーツ、長過ぎるシャツの袖・・・。

Th_p1410636

それでも凄いオーラを発してる・・・なんてこともなかったですしね。でも左端にいるBBCラジオのレポーターのジェニーちゃん、セレブなんてさんざんインタビューし慣れてるだろうに、最後は「握手して下さい」なんて言ってましたhappy01 

マイケル・コルレオーネのイメージを求めていた熱田カメラマンや尾張くんは、かわいそうにガックリ肩を落として、「あれきっと、本物じゃないよね」などと失礼なことを言っておりました。

一方、少し離れたところには、マイケル・ダグラスが。

Th_p1410621

彼の方がずっと、ハリウッドスターっぽかったですね。前日、マクラーレン・ホンダでお茶飲んでる時には地味〜なおじいちゃんだったのに、出るところに出るとさすがの貫録でした。

そしていっしょにいたのが、

Th_p1410643

キャサリン=ゼタ・ジョーンズとの愛息ディランくん。カメラマンたちはほとんどノーマークだったけど、この憂いを帯びた眼差しといい、僕はスターの素質を感じました。そうなったら、この写真、お宝かも?

F速ブログも、こちらに更新してます。


 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年3月20日 (金)

『バードマン』くたびれたお父さんには、特に必見映画ですよ^^

メルボルンに向かうシンガポール航空機内で観た映画のうち、最高に面白かったのがこれでした。

Th_140617birdman7

『バードマン』。その後ろに、「あるいは無知がもたらす予期せぬ奇跡」という長い副題が付きます。予備知識も何もなく、最初はよくあるスーパーヒーローものかと見始めました。何しろ冒頭のシーンから、主人公がベッドの上に浮いてましたしね。でもそれにしてはくたびれた中年だし、ブリーフ一枚の肉体はぶよぶよだし。

Th__20150319_191409

そのうちこれは、かつて「バードマン」というヒーローもので売れたものの、今は落ち目の映画俳優が、ブロードウェイでの再起を賭けて、難解な芝居に挑戦するという話だとわかってきます。

Th__20150319_191615

「バードマン」なんて映画に出ていたことは、自分のキャリアから消してしまいたい。でも人気絶頂だった頃の自分を思い出しては、陶然としたりする。なので彼にはしょっ中、バードマンの声が聴こえるし、ニューヨークの街を飛翔したりもしてしまう。

Th__20150319_191639

主演のマイケル・キートンの落ちぶれぶり、ダメ親父ぶり、自己チューぶりが、すごくいいんですよね。この人、実際に20年前に、ティム・バートン監督の「バットマン」に主演していて、それが観客の脳裏にちらつくことも、作り手側は狙ってるんでしょうね。

共演陣も最高で、

Th_6a00d8341c730253ef01b8d07fc9c697

特にこの、エドワード・ノートン。文字通り、映画の中で大暴れです。終盤、突然存在感がなくなってしまうのは、このままだとマイケル・キートンが食われっ放しになってしまうことを恐れた監督が、シナリオを変えたんじゃないかと勘ぐりたくなるほど(笑)、目立ちまくってます。

長回しなのに、実に躍動感あふれる映像は、「ゼロ・グラビティ」の撮影監督。そして脚本・監督のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥも、同じメキシコ人。

Th_birdmanalejandrogonzc3a1lezic3b1

主役より全然カッコいい(笑)、右のオジサンです。いやはや眩いばかりのメキシコの才能を、見せつけられた映画でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月17日 (火)

シュワちゃん、靴にも気を遣いましょうね。

Th_p1300780快晴のメルボルン。レースに向けて、まさにワクワク感が高まってる最中に、ピットから走り出したばかりのマクラーレン・ホンダの1台が、白煙を上げて止まってしまった映像が、スクリーンに大写しになりました。その瞬間の、マクラーレン・ホンダ陣営の面々の、凍りついた雰囲気・・・。マグヌッセンくん、このグリッドに来るはずだったんですけどね。

Th_p1300726

一方、ウィリアムズのボッタスは、昨日の予選後に背中の激痛を訴え、即入院。結局、レーススタート直前に欠場が決まり、片づけをする白幡メカニック(右端)も、寂しそうです。

Th_p1300733

あ、このバトンのバカ笑いは、マグヌッセンのリタイア後じゃないですよ(笑)。予選後、「とても完走できそうにない」と、弱気なコメントを発していたので、どんなに暗くなってるかと様子を見に行ったんですが、大ベテランの世界チャンピオンが、これしきのことで落ち込むわけはありませんよね。

Th_p1300761

今年も開幕戦は、ロレックスがタイトルスポンサーです。なのでグリッドガールの美女の皆さんも、

Th_p1300773

ロレックスカラーで決めてました。

Th_p1300778

この1枚は、後世歴史的なショットになるかもしれません。史上最年少17歳でF1にデビューした(そして数年後には世界チャンピオンになる?)マックス・フェルスタッペンが、グリッドに向かっているところです。

Th_p1300784

グリッドには、生シュワちゃんも来ておりました。表彰台のインタビュアーを仰せつかって、わざわざ南半球まで出向いてきたんですね。

Th_p1300791

渋くてカッコ良かったけど、このスーツにこのシューズはないでしょう・・・。表彰台は見られなかったんですが、この格好のまま上がったのかなあ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月25日 (日)

シャーロック・ホームズ博物館の正しい並び方

この週末、ロンドンまで2泊2日で出かけてきました(金曜夜→日曜夜)。用事自体は土曜日の昼に早々に済んだので、

Th_dscn9076

午後イチで、こちらへ。ベイカー・ストリートです。

Th_dscn9073

といえばやっぱり、シャーロック・ホームズですよね。地下鉄ベイカー・ストリート駅の真ん前には、ホームズの銅像が建ってます。像だけ見ると、孤高の雰囲気が漂ってるんですが・・・

Th_dscn9072

周りには観光客がわさわさ。どうやら待ち合わせ場所に使ってるようで、完全にロンドンのハチ公になってました。

Th_p1140105

そこから歩いて数分。221番地Bにあるホームズの住居兼探偵事務所が、この日の目当てでした。入り口にはちょっとイケメンのロンドン市警官(の扮装をした従業員)。入場者の整理をしつつ、気軽に記念撮影に応じてくれます。

Th_p1140104

冬場の今はこの程度の行列で、15分ほど寒さに震えただけで入場できました。

Th_dscn9079

でも実はここに並ぶ前に、この警官の左側にあるショップで、入場券を買っておかないといけないんです。夏などは100m以上の長蛇の列が出来るそうで、それを知らずに延々と並んだあげく、入り口で「入場券を買って並び直しなさい」と言われて、逆上した観光客がたくさんいるそうな。

Th_dscn9117

そのあげくに係員を撃ち殺した場面が、館内でろう人形として展示されてる(ウソです)。しかしこれまで何千何万人と文句を言う人がいただろうに、「事前にチケットを購入して下さい」などの表示が、いっさい出ていない。面白い国民性です。

Th_dscn9087

内部は、2階が有名なサロン。ドラマや映画で見慣れた部屋よりは、ずっと狭い印象でした。「小説の記述を基に、忠実に再現した」そうなので、こちらが正しいんでしょうが。

Th_p1140108

「シャーロックが当時暮らしていたままを、保存してるんですか」と、観光客の一人が尋ねてましたけど、そう訊きたくなるくらい内部の調度はリアルです(笑)。

Th_dscn9112

愛用のおまるまである!

Th_dscn9126_2

いきなり肩を組まれ、迷惑そうな名探偵。

Th_dscn9140

捜査を依頼した後は、地下鉄駅の真向かいにあるシャーロック・ホームズバーで、遅めの昼食を取りました。雰囲気はいい感じだし、特大フィッシュ&チップスも悪くない。でもひき肉しか入ってないぱさぱさのハンバーガーは、注文しない方がよろしいかと・・。

Th_img_5134_2

ショップでは見るだけのつもりだったのに、ついフラフラとこれを買ってしまいました。舞台を現代に設定した人気シリーズ『シャーロック』の、シーズン2第1話『ベルグレビアの醜聞』で、事件解決の鍵を握る言葉。それを基にしたマグカップです(ここまで言うと、ネタバレ?)。ファン心のくすぐり方が、つくづくうまいな〜。

Screenshot20140103at33050pm800x423

ドラマ自体、ものすごくレベルの高い面白さなのですが、主演俳優ベネディクト・カンバーバッチがとにかくかっこいい!

 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

いとしのブリジット・バルドーに遭遇・・・。

うちのすぐ近所に、『ブリジット・バルドー財団』というのがありまして、

Th_p1040728

動物保護に情熱を燃やすバルドーが設立した、財団の本部です。去年、TV番組『パリで逢いましょう』の取材の折りに、お世話になりました。

Th_p1040726

世界各地で反捕鯨とか、ペット闇売買阻止とか、かなりハードな活動を繰り広げてますが、本部内は捨て犬、捨て猫をいっぱい預かってて、ほんわかしたムードでした。

Th_p1040716

このスタッフの飼ってる猫も、元捨て猫でした。

Th_p1040719

できればバルドー本人にインタビューしたかったんですが、ずいぶん前から腰を悪くして、ほとんど歩けず、南仏の別宅に引っ込んだきりだというので、断念したのでした。

ところがつい先日の晩、財団の前を通りかかると、ちょうど小柄な老婦人がお付の者に身体を支えられて、通りに出るところに遭遇しました。

Th_img_4769

すれ違った瞬間に、「あ、バルドー女史だ」とわかったものの、言葉をかけるような雰囲気ではなく、ましてや写真を撮るような状況でもなく。

クルマに乗り込んでから、遠くからそれとなく1枚、撮らせていただきました。小さな2ドアのルノーで、乗るの大変だっただろうな・・。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧