カテゴリー「文化・芸術」の259件の記事

2017年4月15日 (土)

アロンソもニキ・ラウダもにこにこの、バーレーンGPブログその1です。

バーレーンの異国情緒が好きで、毎年ここに来るのはけっこう楽しみにしてるんですが(大好物のナツメヤシやナッツも大量に買い出しできるし)、超強力エアコンでこれでもかと室内を冷やし続けるのは何とかしてほしいな〜。

Th_p4150357

日中は35℃、夜になっても30℃をキープ。でもメディアセンターではダウンコートを着込んで、熱いアラブティーを飲んでます。それでもとうとう、風邪引いちゃいました・・。

ということでバーレーンGPブログその1は、こちらです。

Img_2255

オコンにインタビューしてたら広報が写メしてて、あとで送ってくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月11日 (火)

壊れなければ、ポイント取れてたのにな〜の中国GPブログその2です。

このブログは、成田空港のラウンジで書いてます。昨日、月曜日の晩に上海から帰って来て、今日の夕方にはバーレーン行きの便を待ってるというわけです。

Th_p4110358

それは別にいいんですが、今日は朝からひどい雨で、神田川の満開の桜を近くで愛でられないのが残念でした。おまけに灼熱の中東に向かおうというのに日本が冬のような寒さのために、Tシャツの上にダウンジャケット、そしてパナマ帽という、何ともちぐはぐな格好で出て来ました。

ということで中国GPブログその2は、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

なかなか凄いものを、見させていただきました(^^;

水曜日から、上海に出稼ぎ中です。今回泊まっているのは、上海国際サーキットから地下鉄で3つ目の安亭(あんちん)駅前のホテル。通うのも楽だし、部屋もまあ綺麗だし、ユニクロや大規模スーパーやおいしいパン屋さんもあって、なかなか快適です。

Th_img_2512

翌朝、PM2.5にちょっとドキドキしつつ近所をジョギングすると、安亭老街(Anting Old Street)という古い街並みに出くわしました。

Th_img_2514

観光客誘致が目的と思われますが、朝のうちは閑散です。

Th_img_2518

通りの中ほどにこんな店を見つけたので、思わず立ち寄りました。

Th_img_2519

店先に並んでた粽(ちまき)にも大いに魅かれたのですが、先客が食してた豆腐料理がおいしそうで、手振りで注文。

Th_img_2516

スマホをかざす前に一応「撮っていい?」と訊いたんですが、通じなかったみたい。でもすぐに笑顔になって、大きな炊飯器みたいな中の豆腐をよそってくれました。

Th_img_2517

大盛りの寄せ豆腐にラー油とかをかけて、青菜を散らしたボリュームたっぷりの朝飯が、わずか3元(約50円)!。ランニング中の補給食としては、完璧ではないでしょうか(ちょっと脂っこかったけど)。

Th_img_2520

ついでに青菜饅頭もいただきました。1個1元(^^)。最高の朝飯でしたね。

Th_img_2528

ジョギング再開。用水路に沿って、風情のある佇まいが続きます。ところが対岸に回ってみると・・、

Th_img_2521

えらく荒れ果てた住宅街に出くわしました。

Th_img_2523

でもその先には青空市場が開いていて、すごい活気でした。面白い光景だらけだったのですが、とてもよそ者が撮影するような雰囲気ではありません。必死に我慢していたのですが・・、

Th_img_2525

これはさすがに撮ってしまいました。昔々アフリカ西海岸のセネガルで目撃したことはありましたが、ほとんど観光客向けみたいなものでした。でもこれは、マジです。「死痛抜牙」って文字を見るだけで、冷や汗が出てきそう・・(汗

Th_img_2526

その向かいの鳥肉屋さんでは、おじさんがガチョウの羽根をぶちぶちムシってて、今まさに締めようというところ。いや〜、なかなか凄かったですねえ〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月30日 (木)

親子3人パリ暮らし。

どうしてもっと若い時にやっておかなかったんだろうと思いつつ、数カ月前から矯正歯科に通っています。

で、口を開けながら先生と話していた時のこと。
「先日、フランス関係の本を、買ったんですよ」「ほおほお」「すごく面白くて」「それは、よかったですね」「で、改めて著者名を見たら、柴田さんだったんですね。びっくりしました。思わず電車の中で、声をあげてしまいましたよ」。
ということだったんだそうです。確かに楽しい偶然です。

Th__20170330_105032親子3人のパリ暮らしを綴ったこの本を刊行してから、そろそろ1年が経とうとしてます。いまだに読んでくれてる人がいるんだと、ちょっとうれしくなりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月29日 (土)

メキシコのビール売り、凄いな〜ーメキシコGPブログその1ですー

今回のF速ブログでも紹介してますけど(こちらです)、

Th_pa290076

サーキットのスタンドで頭の上にビールを満載してる売り子のオジサンたちの、札ばさみ技、

Th_pa290071

隣に座ってるオワリくんに写真を見せて説明しても、あまり納得してくれなかったですけど、僕は感嘆しきりでした。

一方、観客席の下に降りると、

Th_pa290095

そこにはちょっと高級なしつらえのバーがありまして、

Th_pa290094出してるお酒もウィスキーとかジンとかテキーラとかの、強いお酒ばかりでした

Th_pa290084

一応みなさん、オンザロックか水割りにしてはいましたが、

Th_pa290086

F1マシンが走るのを眺めながら、昼間からガンガンやってました。

Th_pa290089

空気が薄いせいか、僕なんかビール1杯でも酔っぱらってしまうんですが、みんな強いですね〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

メキシコシティを、ひたすらロングラン。

1日ぽっかり時間が空いたので、久しぶりにみっちり走ることに。せっかくメキシコシティという高地にいるんですから、いつも以上の効果が期待できそうだし。

Th_img_1407

旧市街にあるホテルを出て、西にしばらく走って行くと、チャプルテペク公園に入って行きます。

Th_img_1402

鬱蒼とした緑や池が点在する広大な公園で、気持ちよく走れます。

Th_img_1406

こうやって高度計を見ない限り、高地にいることは全然実感できません。特に空気が薄く感じるわけでもないですし、風景も普通だし。9月に走った雲取山の頂上より、すでに200m以上高いんですけどね。
当初はそこから南の大学都市に下ろうと思ってたんですが、公園脇の道が上へと上へと延びてるじゃないですか。メキシコシティを囲む山々に登って行けるんじゃないかと、急きょ計画を変更しました。

Th_img_1420

傾斜は緩いものの、果てしない上り坂を10km以上走ったでしょうか。この辺りで、標高2400mぐらい。さすがにくたびれてきて、小腹も空いたので、屋台に毛の生えたようなタコス屋に飛び込みました。

Th_img_1410

ライムとスライスしたタマネギと緑サルサが横に置いてあって、好きなだけかけていただきます。これで一皿16ペソ(約85円)。安い!安過ぎる!

Th_img_1411

中の具は、豚の臓物とみじん切りのパセリと、チーズです。けっこうクセの強い味ですが、今まで食べた中で一番美味しいタコスだったかも。すっかり元気を回復しました。

Th_img_1424

道中にはいくらでも屋台やコンビニがあって、水や食料の補給にはまったく困りませんでした。

Th_img_1417

ペダルを漕いで機械を回してた刃物研ぎのおじさん。

Th_img_1398「死者の日」のコスプレがうれしくてしょうがない男の子。他の町では見かけない人々に、いろいろ出会いました。

Th_img_1437

おそらくこの辺りが最高地点かな〜という辺りで、高度計を確認。350mほど上がったことになります。しかし相変わらず周囲の風景は、そんな標高など感じさせないものでした。

Th_img_1435

おやつのミニどらやきは、これ以上無理っていうぐらいパンパンに膨らんでましたけど(笑)。

Th_img_1428

丘の向こうにそびえる高層ビル。一見団地風ですが、近寄ってみると実は超高級マンション群なのでした。住民以外立ち入り禁止の私道だらけで、市内に下って行く道を探すのに、散々上ったり下ったり、引き返したりを繰り返して、すっかりバテてしまいました。

Th_img_1431

今回初めて利用したGoogleマップのオフラインナビ、すごく便利でした。でもさすがに、私道かどうかまでは表示されません。

Th__20161027_131336

標高2000m以上の道を45km、5時間40分。少しは、効果が出るかな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月20日 (木)

蕎ノ字さんが、日本橋へ!!

静岡に帰省するたびに寄らせてもらっていた、実家近くのお蕎麦屋『蕎ノ字』さん。久しぶりにブログをのぞいたら、何と東京・日本橋に進出するとのこと。

Th_dsc0573

ご一家揃っての完全移住らしく、当然ながらいろんな葛藤や困難があったことでしょう(その一端は、こちらに少し)。

でも東京在住のわれわれにとっては、すごく楽しみ。今月末の開店が、待ちきれません。

チラシの表裏です。

Th__20161020_121733

Th__20161020_121746

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土)

マレーシアGPの週末は、英国風パブで大盛り上がりでした。ーブログその1ですー

今週末は、マレーシアに来ております。なぜか残暑の日本より涼しい、今年のマレーシア。ここに来るとサーキットに出勤する前に必ず立ち寄る、空港近くの定食屋さんで、

Th_p9290001今年も美味しいチャーシュー麺をいただきました。

Th_p9290008

塩とタレの2種類の焼豚がどっさり入って、7リンギ(約180円)。相変わらず、うれしい物価の安さです。

で、金曜日のパドックでは、ジェンソン・バトンF1参戦300戦のお祝いが催されました。2000年にデビューしてから、16年間ずっとレースシートに座り続けたわけで、本当に凄い記録です。

そのお祝いの模様は、こちらをご覧下さい。マクラーレン・ホンダのホスピタリティが、英国のパブ風に変身してるんですが、けっこう凝ってます。

こんな特製ビールや、

Th_p9300314

300戦記念コースター、クッキーまで作ってました。

Th_p9300229

せっかくなので

Th_p9300347

ジェンソンのサインをゲット!「一番、て付け加えてくれる?」って頼んだら、「日本語では無理だけどね」と言いながら、「Ichiban」と書いてくれました。うちでビール飲む時に、下に敷こうっと(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月23日 (土)

真夏のブダペストから、ハンガリーGPブログその1でございます。

今週末は、ブダペストで出稼ぎ中です。

Th_img_0714

もうかれこれ30年以上通ってますが、好きな町のひとつです。
木曜の晩には、行きつけのレストランに出かけました。

Th_p7220033

「グンデル」という、ブダペストを代表する高級レストランとくっついてて、確か厨房は共同の店。名前は・・、何度通っても覚えられません。

Th_p7220029

前菜はハンガリー名物フォアグラのステーキ。

Th_p7220032

メインは、これまたハンガリー名物のマンガリッツァという品種の豚のカツレツでした。

Th_p7220038

トカイワインが有名なハンガリーですが、最近は赤ワインにも力を入れてるみたいで、ハンガリー固有種のこれを薦められました。シラーとグルナッシュを合わせたような味わいでしたね。

Th_p7220040

デザートは、キャロットケーキ。店も料理も、素朴な感じが好感持てます。値段も、メインディッシュが1000円ぐらいですしね。

ということで、ハンガリーGPブログ1回目は、こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月20日 (水)

追悼・巨泉さん

パリ便の出発を待つ羽田空港のラウンジで、大橋巨泉さんの訃報に接しました。

通信社を辞めてパリに留学したものの、経済的にも精神的にもジリ貧状態にあった僕が、イーストパリ支局の仲間たちに拾われ、ディレクターとして一本立ちして以降、集中的に手がけた番組が、巨泉さんの「世界まるごとHOWマッチ」でした。


僕は一介の取材ディレクターであり、巨泉さんとは直接いっしょに仕事をしたことはありません。お目にかかったのも、年に一二度の帰国の折り、スタジオ収録に立ち合った時ぐらいでした。

ただわれわれの制作したビデオは収録前に本当にしっかりご覧になっていて、厳しい言葉も頂いたし、面白いネタの時は大絶賛してくれたりもしました。

Th__20160720_94002

TVバラエティの作り方、海外取材の仕方、すべてをこの番組で教えてもらいました。

気骨のある人生を全うした巨泉さんの冥福を、心から祈ります。

附記:2009年にロケ地を家族で再訪した時のことを、ブログに載せてます(こちらです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧