カテゴリー「おすすめサイト」の10件の記事

2011年5月 1日 (日)

シトロエンのCM、なごむな〜。

 シトロエンのTVCMは歴代、傑作が多いのですが、この新作もなかなか笑わせてくれます(動画は、こちら)。

3

 ポンコツ同然のクルマに乗り込もうとしているオジサン。キーを向けて、「トゥトゥ」と開けるまね。

2

 もちろんナビなど付いてないので、「50m先、左折です」と、自分でしゃべる。

1

 暑くなってきたら、「ブ〜」と、手動エアコン。

4

 そして縦列駐車で後ろのクルマに接触しそうになったら、「プププププ、プ〜」と警告音を自分で鳴らす。

6

 オチは、これ。クルマを止めてカフェでくつろいでいると、男が勝手にボンネットに腰かけている。

5

 すかさず、「ファオファオファオファオ」と人間アラームを響かせる。

 新しいシトロエンは、これらの装備が標準で付いてますよというCM。でも面白いのは、このCMを笑いながら繰り返し見ているうちに、「別にこれが全部付いてなくても、いいかなあ」という気分になってた自分に気付いたことでした。

 確かに集中ロックやエアコンぐらいはあった方がいいけど、ないとどうしても困るというほどでもない。なにしろ僕がフランスに住み始めたン十年前には、エアコンどころかカーラジオもないのが普通。右側のドアミラーすら付いてなくて、車線変更の際は必ず振り返って確認してたぐらいでした(こっちの方が、安全だったかも)。

 図らずも、乗用車の基本とは何か。人間とクルマの関係はどうあるべきかなんてことを、ほんの少し考えさせてくれるCMなのでした。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月30日 (土)

「ホンダ『見果てぬ夢』」の新バージョンCM。

 イギリスで製作されたホンダの有名なCMの、新バージョンが出てました。『ラ・マンチャの男』の主題曲The Impossible Dreamのメロディに乗って、男が時代と空間を旅する物語。

3

 少しでもホンダに思い入れのある人間には、たまらないCMでした。

 旧バージョンは、ジェットボートで滝つぼに落ちて行ったあと、熱気球で浮上するラストシーン(こちらです)。今だったら、ホンダが開発したばかりの小型ジェットが飛び出してくるだろうなと思ったら、新バージョンはやっぱりそうなってました(新バージョンの動画は、こちらです)。

Photo

 でもそのあとの展開が、尻すぼみになってしまったのはちょっと残念。「見果てぬ夢」を語ってほしいのに、夢が見えてこない。早くF1に、戻って来ないかな・・・。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

「KIZUNA」を世界へ。

 「おくりびと」の脚本家、小山薫堂さんが、「KIZUNA311」というサイトを立ち上げました(こちらです)。渡辺謙の朗読する「雨ニモマケズ」とか、いろんなコンテンツが入ってます。

Kizuna1

 「私は以前から「tsunami」(津波)が世界共通語になったことが悲しかった。震災を機に、もっとすてきな日本語を世界に伝えたい。「kizuna」を世界共通語にしたい、そんな思いも込めています。」

Kizuna2





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

こんな時こそ、デーブ・スペクター。

 「自粛」とか「不謹慎」という言葉がゾロゾロ這い出てくる社会は、ちょっと居心地が悪いですよね。

 戦時中、「贅沢は敵だ」というスローガンに、「贅沢は素敵だ」と切り返したのは、「暮しの手帖」を創刊した花森安治だったと聞いたことがあります。他にも、「足らぬ足らぬは、工夫が足らぬ」から一字削って、「足らぬ足らぬは、夫が足らぬ」とイタズラしたり。そういう、「マジメに面白がる」心は、忘れたくないものです。

 その権化みたいな人が、今だったらデーブ・スペクターですかね。この人がツイッターで毎日繰り出すダジャレの数々には、ほんと癒されます。(こちらです)

Photo

「東電の社歌をあの童謡に変更→ずーさん」「記憶がハッキリしない大女優→マリリン朦朧」「牛丼屋で彼女に「すきや」と告白したら「まつや」と言われた。」「群馬にハマる人が増えていてどうやら「上州性」があるらしい。」「こんな時にささやかなギャグですが・・・ミネラルウォーターの緊急輸出を検討しているアメリカの州→水売り州」・・・・・。

 この人、ほんとに外人?










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

このPV、よく出来てるっ!

 このところ自分の近況より、面白いサイトを紹介することの方が多いような気がするんですが、すみません、今回ももうひとつ。

Hold Your Horses(直訳すると「落ち着けよ」)というグループの、70millionsという曲のPVです。全編、古今の名画のコスプレなんですが、とにかく造りが凝ってる。その一部、こんな感じです。

2

4

 ね?パッと見、本物かと思うくらい。

3

 こういうのもあるし、

7

 こういうのも、楽しいし。

8

 よ〜やる。

9

 あんまり、見たくないゾ。

 この笑っちゃうほどのひたむきさ、好きだな。(動画は、こちらです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月30日 (水)

『ラブミーテンダー(なに言ってんだー)』忌野清志郎

 歌詞は過激だけど(今となっては、そうでもないか)、この人がこの声で歌うと、すべてが透きとおって行く・・。

Photo

こちらです。

"放射能はいらねえ、牛乳を飲みてぇ・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

F1ドライバーたちの言葉のリレー。

 F1ドライバーたち全員の、日本語による震災被災者へのメッセージ、「言葉のリレー」が、YouTubeに上がってます。(こちら)

 写真で何人か紹介すると・・・。

1

 去年の世界チャンピオン、セバスチアン・ベッテル。

2

 日本と縁の深い、ジェンソン・バトン。

3

 震災の当日、真っ先に心のこもったコメントを発したフェルナンド・アロンソ。

5

 ヘルメットに喜んで「がんばろう、日本」のステッカーを貼ってくれた、ミハエル・シューマッハ。

4

 そして小林可夢偉も。

6

 彼らといっしょに、息の長い支援をして行きたいと、あらためて思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

Clementineの、『天才BaquaBon』。

 今、日本ではこの人の『上を向いて歩こう(sukiyaki)』が被災者への応援ソングになってるみたいですが、個人的にはこれも捨てがたい。

Bakabon

サイトは、こちらです。

 他にも、『SazaeSan』、『Doraemon』、いろいろあるよ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

シーベルトって、どんな意味だよ。

 一方こちらは、「シーベルト」(被曝量)をめぐる報道に、(笑いながらも、けっこうマジメに)疑問を呈しているサイトです。

Photo

 いたずらに恐怖を煽るのも問題だし、危険を過小評価するのもいけない。正確な情報を与えてもらえないと、最低限の正しい判断ができないですよね。

 と、ここまで書いてからサイトを確認したら、何と削除されてました。「YouTubeの利用規約に違反したため、削除されました」と。具体的に利用規約のどこに違反したのか読んでみたんですが、よくわからない。映画の一部分の無断借用だから?ヒトラーを映してるから?内容自体は、不適切でも暴力的でもない、しごくまっとうな表現に終始していると思うんですが。残念です。

(ニコ動では、まだ大丈夫らしい・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

おなかがいたくなった原発くん。

 ここ数日はやや沈静化してますが、フランスのTVでの原発事故報道はちょっとひどい。チェルノブイリとの違いもわかっていないどころか、原発と原爆を混同して、「最悪の場合、爆発する」と言っている解説さえありました。

 それですっかり恐怖心を抱いてしまった人たちには、このアニメを見てほしいです。すごくよくできてます。

Photo

サイトは、こちらです。


| | コメント (5) | トラックバック (0)