カテゴリー「日本暮らし」の20件の記事

2017年4月14日 (金)

この老眼鏡、超便利だよ〜

もうちょっと使いやすくて、携帯に便利で、おしゃれな老眼鏡がないかなと常々探してたのですが、ついに発見!

Th__20170414_61748_2

アメリカ製のThinOPTICSという製品です。要は、鼻眼鏡ですね。日本のamazonで見たら、8800円。ちょっと高いな〜と思ってアメリカのamazonに飛んだら、何と20ドルじゃないですか。
さっそくアメリカ人の同僚にメールして、彼の自宅に配送してもらい(海外発送は受け付けてないんです)、今回の出稼ぎ先のバーレーンまでわざわざ持って来てもらいました。

「重くて、腰痛めたんじゃない?」
「それは大丈夫だったけど、空港でたんまり超過料金取られたぜ」
などというつまらないジョークの応酬を経て、無事入手しました。

Th_img_2578

誇張でなく羽根のように軽いし、超薄型、超コンパクトです。

Th_img_2579

普段はこうして畳んでケースに入れておきます。スマホにケースごと貼り付けてもいいし、キーホルダー型のケースも売ってます。

Th_img_2580

使う時はさっと取り出して、鼻に掛けるだけ。唯一不安だったのは、日本人の低い鼻でもちゃんと止まってくれるかということだったんですが、全然大丈夫でした。むさ苦しい装着状態をお見せするのもなんですので、

Th__20170414_61944

公式サイトの写真をば。いや〜快適。いい買い物でした。それにしても日本国内の価格、高過ぎでしょ!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

日本航空発祥の地!?

まだ三分ほどしか咲いていない桜を眺めつつ神田川沿いを走り、途中で南に方向転換して代々木公園に入ってみました。今まで一度も来たことがなく、初代々木公園です。そしたらいきなり、こんな石碑に出くわしました。

Th_img_2440

日本航空発始之地記念碑」。「え?JAL(日本航空)は、代々木公園で生まれたの?」と一瞬早とちりしましたが、周囲の地形を見てみると小高い丘になってます。

Th_img_2442

代々木公園が戦前代々木練兵場だったこともかろうじて思い出し、日本における初飛行の地なんだと納得しました。

うちに帰ってからググってみたら、こんな記述がありました。
「1910年(明治43年)12月19日, 当時代々木練兵場であったこの地において、徳川好敏陸軍大尉はアンリ・フォルマン式複葉機を操縦して4分間、距離3,000m、高度70mの飛行に成功した。
 継いで日野熊蔵陸軍大尉も、グラーデ式単葉機により1分間、距離1,000m、高度45mの飛行に成功した。これが日本航空史上、最初の飛行である。」

さらに先に進むと、サラリーマンらしき若者が二人、巨大なブルーシートを敷いた真ん中にぽつねんと座ってました。まだ朝8時です。同僚たちが仕事を終えてやってくる夕方まで、これからず〜っと場所取りしてるんでしょうか・・。

Th_img_2445

公園の途中を右に折れると、すぐに代々木競技場が姿を見せます。あの東京オリンピックの水泳会場、こんなところにあったんですか。

Th_img_2447

ずっと国立競技場の横にあるものと思い込んでました。表から裏から、しばらくしげしげと眺めました。東京都庁を設計したのと同じ人物の作品とは、とても信じられません。丹下健三の傑作です。どうぞ国立競技場みたいに、あっさり壊さないで下さいね。

Th__20170330_103852

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

池袋まで、絶品豆腐を買いに行く。

先日、浜島さんに連れてってもらった居酒屋。お酒も料理も本当に美味しかったんですが、特に忘れられない味がこれでした(居酒屋のお話は、こちら)。

Th_img_2149

ただの冷ややっこなんですが、このねっとりさはタダモノではありませんでした。もっと食べたい!家族にも食べさせたい!「池袋駅から徒歩15分くらいの豆腐屋さんですよ」と教えてもらい、ネットで探したら駅周辺に豆腐屋さんが3軒ほどあって、どれかわからない。居酒屋の店長ブログで店名を確認し、ようやく探し当てました。

Th_img_2284

北池袋方向に歩くことしばし。イカガワシイ界隈を抜けて(^^;)住宅街に入った辺り。看板も何もなく、「とうふ」の幟がなければ、そのまま通り過ぎてしまいそうです。

大桃豆腐店(店のブログは、こちらです)。中も、ごく普通のお豆腐屋さんでした。

ニコニコと愛想のいいおばあちゃんにすすめられて、こんなに買ってしまいましたよ。

Th_img_2286

うちに帰ってさっそく、寄せ豆腐をば実食〜。

Th_img_2288

写真が今二つなんですが、これはもうクリームでした。まず何も付けずに半分ほど食べ、次に胡麻油、続いてパリから持ち帰った虎の子のオリーブオイル、そのあと黒蜜を付けようと思ったのですが、すでに平らげておりました。

Th_img_2290

この写真は、今五つですね。百合根と銀杏などなどが詰まったガンモ。オーブントースターで軽く炙って、お醤油をちょびっと。これも絶品でした。また買いに行くぞ〜(ちょっと遠いけど)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

パン不毛の地に、素晴しいお店ができました!!

うちの近所にはパン屋がない!去年秋に引っ越して以来、ずいぶん熱心にあちこち探したのですが、少なくとも半径1km以内には見つかりませんでした。この界隈に暮らす人々は、パンを食べる習慣がないのか・・。「おいしいパン屋がない」のではなく、「パン屋自体が存在しない」のです。

ところが先日、パリでラン仲間だったぴろみんが「去年の暮れに、できましたよ。しかもものすごく美味しい」と、教えてくれました。それが、ここです。

Th_img_2088

Ticopainティコパンというお店。夫婦二人で切り盛りする、ほんとにちっぽけな、お客さんが3人も入ればいっぱいになってしまう小さなパン屋です。

ところがここのパンが、絶品なんですよ。

Th_img_2090

まずはと思って買った、下から時計回りにバゲット、パン・ド・セーグル(ライ麦パン)、セーグル・ノア(くるみパン)。バゲットとセーグルが各300円と全然高くないし、ノアは450円ですが、くるみの詰め込まれ方が尋常じゃありません。

Th_img_2092

一番の特徴が、このモチモチっぷり。かりっと焼き上がった表面をつまんでちぎると、内部の柔らかい部分がまさしくお餅のように、びにょ〜んと伸びてきます。家に帰りがてら、バゲットをちぎりながら食べ歩くなんてことは、日本に帰ってからはとんと途絶えた習慣でしたが、これは我慢できませんでした。

このモチモチさは、冷凍保存しておいても、食べる時に30秒ほどチンするだけで完全復活するのがうれしいです。

Th_img_2168

もっと凄いのがライ麦パンで、こちらはモチモチというより超ねっとり。何しろ切り分けようとしても、ナイフの刃先が進んで行かないのです。こちらは軽く焦げ目がつくくらいオーブントースターで焼いて、バターと蜂蜜で食べるのが最高です(実物は、もっとずっと美味しそうな焦げ茶色です^^;)。

ご夫婦は代官山などに店を構えるシェ・ルイでともにチーフとして働いたあと、パリのGrenier a Painグルニエ・ア・パンで修行。ここが日本進出した際にシェフを務めてから独立しました。日本の小麦や自家製酵母にこだわり、科学的な添加物を使わないパン作りとのこと。日本製小麦ではおいしいパンはできないのかなと悲観的だった僕の先入観を、完全に粉砕してくれました。

パリでもこれだけのパンは、なかなか食べられなかったです。思い出してたら、また食べたくなった。買いに行ってこようっと(≧∇≦)。

お店のサイトは、こちらです。そしてFacebookは、こちら。どうやら繁盛し始めたようで、よかった、よかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

渋谷の路地裏で、日本酒三昧。

ブリヂストン、フェラーリを経て、今は日本のレース界で活躍されている浜島さんに、素敵な居酒屋に連れて行ってもらいました。

Th_img_2148

渋谷セルリアンタワーの裏にある、『高太郎』というお店です。

Th_img_2161

カウンター席は予約で埋まっており、テーブル席へ。この晩は料理はお任せで、それに合わせてお酒もお任せで、という趣向でした。

Th_img_2149

池袋のお豆腐屋さん(名前訊いたけど、忘れました・・)の絹ごし。ねっとりクリーミー、でも豆臭くなく、何も付けずに平らげてしまいました。蜂蜜とか、ジャムを付けたら、絶品のデザートでも行けそう。

Th_img_2151

お造りは、かじきまぐろと帆立て、シャコ。帆立てとシャコは、塩でいただきました。

Th_img_2154

これだけだと半熟卵にしか見えないかもしれませんが、ポテサラです。卵を崩して、下のポテサラと混ぜ合わせて食します。この店の名物だけあって、確かに美味い!

Th_img_2157

さくさくの牡蠣フライは、特製タルタルソースをどっさり載せて。

Th_img_2159

締めのうどんは、讃岐出身の店主が毎日足で踏んで作ってるんだそうです。もっと、食べたかった〜。

Th_img_2152

お酒は、まずはサッポロの赤星で乾杯。続いて近江・冨田酒造の七本槍が、出てきました。

Th_img_2153

「日本酒も、古酒が気軽に呑めたらいいのに」という話を浜島さんとしてたら、「こんなのいかがですか」と、出してくれた「までら」。マデーラ酒と同じ、強いアルコールを加えて発酵を止める、酒精強化酒です。熟成したシェリーの味わいでした。

Th_img_2156

それからも、出るわ出るわ、岩手の酔右衛門(よえもん)、

Th_img_2158

大阪の秋鹿。質の高さ、バリエーションの豊かさ、そしてコストパフォーマンスの高さで、日本酒は決して白ワインに負けてないことを、改めて確認できました。

ただ、決してアルコールに強くない僕は、日本酒を飲み続けていると、もっと呑みたいのに、これ以上は無理、となってしまいます。

Th_img_2155

そしたらまたまた、「これはどうです」と、出してくれたのが、「風の森Alpha」でした。アルコール度数は14度。しかも微発泡で、ビオワインのような味わい。通販で買うと、720mlで1150円。この味で、これはめちゃくちゃ安い!気に入りました。(酒蔵のサイトは、こちらです)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年12月10日 (土)

シーズンオフの日々。

11月末に今年のF1が終了してからも、しばらくバタバタの日々が続き、すっかりブログもご無沙汰してしまいました。

その間、新居の後片づけをしたり(まだやってるんですか!)、熊野の山の中まで走りに出かけたりしたのですが、その辺りはまた改めてアップするとして・・。

今朝はあんまり天気がいいので、ちょっと遠出しました。

Th_img_1739

新宿御苑の脇道です。井の頭公園みたいに見えるのは、武蔵野の同じ景観だということなんでしょうね。

Th__20161210_232435

そのあと新宿通りから麹町を過ぎ、皇居をぐるっと1周。帰路は迎賓館の正面をかすめて、四谷若葉町を通る、約21kmのランでした。休日の都心を走るのは、本当に楽しいです。

Th_img_1741

お昼ご飯は、前から行きたいと思ってた、大久保駅裏にある「ベトナムちゃん」。平日はいつも人が外まで溢れてますが、土曜日の今日は比較的空いてました。週末のランチは税込み約1500円と2000円のコースしかないからかも。

Th_img_1740

でもコストパフォーマンスは、かなり高かったです。僕らは1500円のコースを注文したんですが、前菜だけで大きな生春巻きと、かりかりの春巻き、豚耳サラダと、3品も付きます。それぞれすごく美味しくて、写真撮り忘れました・・。
そしてメインは、チキンフォー。鶏ガラスープが、絶妙でした。アルコールも充実してるみたいなので、今度は夕食に来てみようと思います。

帰りは隣のマレーシア人経営の食料品店で、調味料をいろいろ購入しました。

Th_img_1742

右からニョクマム、ピリ甘辛ソース、牡蛎油ソース、エシャロットの揚げたの。さあ、これでいろいろ、東南アジア風無国籍料理が作れるぞ(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月20日 (木)

蕎ノ字さんが、日本橋へ!!

静岡に帰省するたびに寄らせてもらっていた、実家近くのお蕎麦屋『蕎ノ字』さん。久しぶりにブログをのぞいたら、何と東京・日本橋に進出するとのこと。

Th_dsc0573

ご一家揃っての完全移住らしく、当然ながらいろんな葛藤や困難があったことでしょう(その一端は、こちらに少し)。

でも東京在住のわれわれにとっては、すごく楽しみ。今月末の開店が、待ちきれません。

チラシの表裏です。

Th__20161020_121733

Th__20161020_121746

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月19日 (水)

日本だと、ワインまで黴びてしまうんですか?

本帰国してからまだ7ヶ月ほどなんですが、このたび二度目の引っ越しを敢行しました。

Th_img_4329

半年ほどお世話になった、西荻の賃貸マンション。この界隈は、本当に気に入っていたんですが・・。

ま、そのお話は追々するとして、引っ越しに際してワインセラーを久しぶりに開けたところ、

Th_img_1281

何とまあ、エチケットが黴だらけになってる!

Th_img_1282

ワインセラーの中は湿度が高いので、ある程度の黴は仕方がないんですが、これはいくら何でも常軌を逸してるかと。

Th_img_1283

しかも奇妙なことに、段によって黴の生え方が違う上に、上2段、下3段は何ともなってませんでした。

Th_img_1284

どうやら特定の木製棚にもともと黴菌が付いてて、それが繁殖したのではないかと。この日本製のワインセラーは段の間隔がかなり狭くて、ボトルがほとんど上の棚に接してしまってるんですね。それで棚に付いてた菌がエチケットまで繁殖したと思われます。

さっそくキッチンカビハイターで拭いて、乾かしました。エチケットには、サランラップを貼っておいた方がいいかも・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土)

今年も鈴鹿を走りましたー日本GPブログその1ですー

年に一度の、お楽しみ。今年も鈴鹿サーキットを、ガシガシ走りました。

Th__20161008_90753

「海風が吹くと、雨が降る」と、地元の人は言います。この夜もメインストレートとかスプーン立ち上がりの直線を駆け降りている時は、すごい向かい風でした。でも幸い、ぽつっと来たぐらいで走り終えることができました。

Th__20161008_124150

1周分の高低図をご覧下さい。鈴鹿サーキットが、いかに上りと下りの連続したコースなのかが、おわかりかと思います。だから走ってても、全然退屈しないのかも。

2周目のヘアピンを抜けた辺りで、旧知のイギリス人ジャーナリストが追い上げてきて、年がいもなくゴールまで競争してしまいました(爆

Img_1275

そのあと四日市に帰る電車で、再び遭遇。「これ、行く?」と勧めてくれた紙袋の中をのぞいてみたら、ヱビスビールが少なくとも半ダース。部屋で一人でこれだけ呑むつもりだったみたいで、さすがビール命のイギリス人。遠慮なく、いただきました!

ということで、日本GPブログその1は、こちらです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 6日 (木)

長距離バスという選択肢。

今年の鈴鹿は、長距離バスという交通手段を選んでみました。

これまでは新幹線かクルマしか頭になかったんですが、先日の長野県戸隠とか、マレーシアGPで成田空港に行った時とか、いずれもバス移動で、これが意外に快適でした(しかも東京駅発の成田行きは、何と片道1000円・・)。それで検索してみたら、

Th__20161006_180558

東京から名古屋まで、片道2400円というのが出て来ました(公式サイトは、こちらです)。さすがに出発前日の予約ではそういうわけには行かず、でも通常料金で往復9000円でした。これでも新幹線の半額以下です。

Th_img_1249

こういう2階建てバスで、

Th_img_1246

一列2+1席のゆったりレイアウト。

Th_img_1248

予約の段階では窓際か通路側の指定しかできず、乗車してみると2階の一番前の席でした。でも席が空いてれば自由に動けるので、窓側に移動。コンセントも付いてるし、リクライニングは新幹線の2倍は倒れるし、

Th_img_1251

仕事に疲れたら、富士山を眺めながらひと眠り。

Th_img_1259

1時間半に一度、15分ずつの休憩を2回はさんで、計5時間。全然長く感じることなく、名古屋に到着しました。急ぐ旅でなければ、十分に選択肢としてありですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)