カテゴリー「写真」の47件の記事

2014年10月19日 (日)

Casioから、こんな面白そうなカメラが出ましたよ。

日本で発売されたばかりのデジカメを、Casioさんのご厚意で使わせていただくことになりました。

これですね。商品名は、EX-FR10といいます。

Th_p1130651

で、何が面白いかというと、

Th_p1130652

レンズ部分と液晶モニター部分が、かぱっと簡単に着脱できるんです。

Th_p1130654

そしてbluetoothと常時無線接続されてるので、離れた位置からの撮影が可能です。コンセプトは、「離して、楽しむ」。

Th_p1130660

たとえばこんなふうにレンズを一脚に付けると・・

Th_cimg0010

上からの自撮りができます。

Th_cimg0012

一脚をもっと伸ばすと、こんな感じ。そして床に置くと・・、

Th_cimg0039

ローアングルの写真も簡単に撮れます。35mm換算で20mmぐらいの広角なので、こういう広々とした感じに。広角の割りに、ひずみも少ないです。

Th__20141019_172309

これは動画からのキャプチャーですが、接写もけっこう大丈夫。

Th_cimg0029

明るいところはもちろんかっきりと写りますし、

Th_cimg0022

暗い室内も意外に大丈夫。

今週ちょっと家族旅行に出かけますので、動画撮影の使い勝手も含め、旅先でいろいろ試してみようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

ハイパーラプス、面白い!

「ハイパーラプス」というiPhone用の無料アプリが、この9月にリリースされました。ひとことで言うと、「早送り動画」を簡単に撮れるアプリです。

どんなものなのか、まずはこれを見てみて下さい。ジョギングの最中に、試し撮りしてみました(指が写り込んでるのは、愛嬌ということで・・)。


特長は二つあって、1)録画速度を1(等倍)から14倍まで自由に設定できること。上の動画は、6倍で撮ってみました。つまり1分間撮った素材を、自動的に10秒間にまとめてくれるわけです。でも船の動きがちょっとせっかちかなと思って、今度は4倍速で。

こちらの方がゆったりした感じで、自分としては好みです。雲の流れも、きれいですしね。

で、特長その2が、実にスグレモノのブレ防止機能。両方の動画とも、iPhone片手持ちで撮影したんですが、全然ブレてない。走りながらとか、自転車に取り付けて撮っても、スムーズだと思います。

操作は、ごく簡単。

Th_img_4762

アプリを立ち上げて、大きい方の丸いボタンをタップするだけ。撮影が始まると、

Th_img_4763

左に実際の撮影時間。右にデフォルトの6倍速の撮影時間が表示されます。

Th_img_4764

撮影を終えると、右下で自分の好きな倍速を選んで、保存してオシマイ。あとは直接フェイスブックに上げたり、カメラロールに保存したり。簡単だし、面白いですよ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月27日 (日)

熱田カメラマンの1枚『夕焼けピットロードの少年』

もう20年以上、いっしょにF1を回っている熱田護カメラマンが、今回のハンガリーGPでこんな写真をアップしています。

349a1f40e90ba9d4b1bdb12864e4b848

夕日が沈もうとするピットロードに座って、作業中の父親を眺めている少年。熱田カメラマンは写真の腕もさることながら、人柄のにじみ出る文章も素晴らしい。読んでみて下さい(こちら)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

印象派の絵みたいなF1・・。

今日のモントリオールは、雲ひとつない快晴に恵まれました。

Th_p1160355

気温も25℃くらいまで上がったけど、それ以上に路面温度が40℃以上に大幅上昇。そうすると、アスファルトの路面に盛大にかげろうが立つんですよね。

Th_2

カメラの解像度が低いこともあって、拡大して見るとほとんど印象派の絵みたいです。

Th_8

そこにF1マシンの排出する高熱ガスも加わって、後ろを歩く人々がパステル画っぽかったりして。いろんな景色を堪能しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月31日 (木)

午前6時のドレスデン旧市街。

Th_p1050124

夜明け前に目覚めてしまい、ホテルの窓からぱちり。窓から腕を出して、シャッターを押すだけで、ブレもせずにこれだけ撮れるのだから、FZ200恐るべしです。でもあまりにかっちりし過ぎてて、作り物の世界のような感じもしてしまいますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月13日 (金)

パナソニックのコンデジFZ200。この性能で、この値段とは・・。

最近始めた動画撮影の仕事にも使えるかなと思って、

Th_dscn9041

パナソニックのFZ200を購入しました。amazonで38800円。小ぶりの一眼レフほどの大きさですが、重量は全然軽くて、500gちょっとです。購入の決め手は、25mmの広角から光学20倍の望遠までF値2、8という信じられない明るさでした。で、実際にどんな風に撮れるかというと。

Th_p1010388

イタリアGPの土曜日。サーキットに到着したアロンソを、大勢のファンが取り囲むの図。これを撮影したのは、

Th_p1010385

こんなに遠くの窓からなんですよ。

Th_p1010415

熱田カメラマンが必死に走ってるのも、しっかり撮れてる。

Th_p1010095

こちらは光学10倍ぐらいのズーム。コントラストのメリハリも効いてるし、何より解像度高し。

Th_p1010093

動きの速いものは、さすがに一眼レフのようには行きませんが、それでもこの程度には撮れます。

Th_p1010340

料理はあまり、おいしそうに撮れませんでした。かなり暗かったからかな〜。

Th_p1010546

でも夜でもフォーカスは、

Th_p1010342

ピシッと合います。で、肝心の動画ですが(以下の2枚は、動画から切り出した静止画です)、

Th__20130913_95651

低解像度でも、きわめてきれい。

Th__20130913_95707

そして今まで動画撮影に使っていた、ニコンのコンデジが苦手だったズームインでのピント合わせも、バッチリでした。これは、使える!

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火)

革命記念日の花火。

ちょっと違う雰囲気で。

Th_img_1462_2

あとは、こんなんとか(大きい方が雰囲気が出るので、クリックして拡大してみて下さい)。

Th_img_1456_2

これが自分のオリジナルだったら自慢できるんですが、パリで活躍されてるファッションフォトグラファー、平野功二さんの作品のマネです。

プロとの違いは、こちらをご覧あれ。

ちなみに革命記念日の夜のシャンゼリゼは、意外に閑散としておりました。

Th_img_1378

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

美しいグランプリのまま、終わるはずだったのに・・。

Th_img_0379土曜日までのジメジメ天気がウソのように、決勝日は爽やかに晴れました。

Th_img_0378

例年に比べると、まだかなり寒いですけどね。昼過ぎで、ようやく20℃を超えようかというぐらい。

Th_img_0377

でもお客さんは、どっさり。金網のこちら側から見てても、ワクワク感が伝わってきます。

Th_img_0341

ひいきにしているボッタスが予選3番手という快挙を成し遂げたので、1−2コーナーでスタートを見ることにしました。

Th_img_0342

ほとんどのカメラマンはこんな風に、コーナーのアウト側からにょきにょきと望遠レンズを突き出して、スタートの光景を追います。

Th_img_0340

でも我らが熱田カメラマンは、イン側に陣取って超広角レンズで一味違った写真を狙ってる。やるね〜。

Th_img_0349

スタート!

Th_img_0355

ボッタスは1コーナーに達する前に、すでにロズベルグに抜かれ、その後ウェバー、アロンソと、次々にあっさりかわされて行きます。雨を味方につけて3番グリッドは獲得したものの、晴れのレースだとクルマの非力さがもろに出てしまうんですね〜。

Th_img_0393

結局14位完走が精いっぱい。昨日の予選後はどっさりジャーナリストが押し寄せたのに、今日のレース後は僕を含めて3人だけ。いつものこととはいえ、厳しい世界です。でもこのフィンランド人は、遠からず必ず上に這い上がってくるはずです。

Th_img_0343

それにしても残念だったのは、レース終了間際にマシン撤去作業中だったマーシャルが、クレーン車に轢かれて亡くなってしまったこと。しかもイギリスの某写真通信社は、観客が撮った事故写真を買い取り、ネットに上げてる(怒)。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

速い、安い、超簡単!ぼかしアプリのAfterFocus。

肌身離さず持ってるiPhoneは、確かに便利ですよね。4Sになって画素数が上がってから、デジカメ代わりの役目もかなり果たしてくれるし。ただ料理とかを撮る時に、なかなかきれいにボケてくれないんですよね。

Th_img_7149

たとえば一眼レフで撮ったこれは、ピントが手前に合って、奥がボケてるので、いっそうおいしそうに見えますよね。

Photo

一方こちらのiPhoneで撮った料理は、手前から奥までぴしっとフォーカスが来てて、ちょっと印象が散漫になってます。

Th_img_2886

でもこうすると、手前の肉料理に目が釘付けになりますよね。

これ、AfterFocusというアプリで後処理した写真なんですけど、けっこう自然でしょ。

やり方は、すごく簡単です。

Th_img_2888

最初に「スマート」という自動モードにしておいて、加工したい写真を取り込む。次にフォーカスをくっきりさせたい部分を白い線、ぼやかせたいところを黒い線で、おおざっぱに囲むだけ。あとはアプリが自動的に境界線を判断して、さっきのような写真に仕上げてくれるんです。

実は上の加工写真をあげてから見直したら、右上の皿の部分までボケてしまってるのに気付きました。でも修正も簡単。

2

ほらね。

う〜ん、「人工頭脳」って感じだ・・。これで85円は、安いぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月27日 (月)

恒例!モナコに来てたセレブたち。

モナコGPは毎年、カンヌ映画祭とスケジュールがかぶるため、あっちからたくさんのセレブが流れてきます。見つくろって、ご紹介しましょう。

Th_

ロータスのモーターホームで、ふと隣のテーブルを見たら、ジョージ・ルーカスが座ってました。

Th_img_9805

決勝当日の朝。カンヌからじゃないですが、カルロス・ゴーンさんがレッドブルグループとの提携発表のために来てました。このあと短いインタビューをさせてもらって、ホンダ復帰のコメントなんぞをもらうことができました。1訊くと、150くらい返ってくる・・。

Th_img_9748

セレブが通れるよう道を空けさせてるSP、じゃありません。アルベール大公です。SPは、その左。

Th_img_9867

表彰台でトロフィを渡してる大公を見て、「あ、PSYだ」と言ってる人がいましたが、本物はこちら。突然目の前に出現したので、ピントが間に合いませんでした。(後記:どうやら、ニセモノだったみたいです)

Th_img_9820_2

ニキ・ラウダと熱心に話し込んでるマイケル・ダグラス。生で見ると老人なのに、映画だと20歳くらい若返ってるのがすごい。今年のカンヌで話題を呼んだ、マット・デイモンとの70年代ホモコンビの映画も楽しみ!

Th_img_9851

そしてスタート直前のグリッドを、大混乱に陥れたのがこの人。

Th_img_9858

キャメロン・ディアスです。この1枚を撮るのに、2、3回TVカメラにどつかれました。

Th__2

そんな喧騒とは無関係だったのが、ミカ・ハッキネン一家。これは土曜日のフリー走行中の写真ですが、ピットの入り口まで来て、娘が「うるさ〜い」と耳を押さえると、ハッキネンパパが「そうか、そうか」とばかり、さっさとパドックに帰って行くところです。

お幸せに〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧