« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月30日 (火)

ベルギーGPブログその2でございます。

ちょっと遅くなりましたが、ベルギーGPブログその2です(こちらを、ご覧下さい)。

決勝レース当日のグリッドガールは、黒づくめに黄色のベルトでアクセントを効かせた出で立ちでした。

Th_p8280209

ベルギー国旗のイメージということなんでしょうか。ちょっと色が足りない気もしますけど。

Th_p8280215

僕が勝手にイメージしてるベルギー人女性の顔立ちに、この二人はまさにぴったり。こういう感じの人、ベルギーには多い気がします。隣国なのに、ちょっとフランス人とちがうんですよね。曰く言いがたいんですが。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

今週末は、暑い暑いベルギーの山の中におります。

水曜日からベルギーに来てるんですが、いや〜、連日ほんとに暑いです。猛暑の日本に比べたら全然大丈夫でしょと言われたら、まったくその通りなんですが、でもたとえば僕の滞在中のホテルはエアコンが付いてないし。なかなか、厳しいものがあります。

20160827_105113

といいながら昨日の夕方は、サーキットをランニングしました。ここはやっぱり、年に一度は走らないと。本当はオールージュの坂道を10往復はしようと思って走り出したんですが、早々にめげてしまいました。

ということでベルギーGP初日ブログは、こちらをご覧下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

『居酒屋ゆうれい』に、日本のデフレの深刻さを実感する・・。

先日初めて、『居酒屋ゆうれい』をTVで観ました。

Th_114734_01

居酒屋を営む主人(萩原健一)と、ちょっと訳ありの後妻(山口智子)、そこに先妻(室井滋)が幽霊になって現れ、奇妙な三角関係を繰り広げるコメディです。

Th_eiganokotsu02_1

ストーリィ自体とても面白いし、ショーケンを始めとする主演3人も魅力的で、大いに堪能しました。細かいところでは、店内の雰囲気とか、店の外の様子とかが、『深夜食堂』にそっくりだったのも面白くて、もしかしてこの映画を参考にしたのかもと思ったりしました。

Th_bw7vjwcmae6ygk

細かいついでに、もうひとつ。時々出てくる品書きを読むと、たとえばおでんの大根が150円、客一人の勘定が、飲んで食って2500円だったりするんですね。1994年製作ですから、今から22年前の作品です。
2016年現在、西荻駅前の似たような居酒屋で僕が払う金額より、下手をすると高いかもしれません。日本のデフレはかなり深刻だと、感じてしまったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

フランス語検定、親子で合格いたしました(^^)

先日受験したフランス語検定試験、無事に父娘揃って合格できました。

Th_img_0904

フランスにずっと住んでたんだから当然でしょ、と言われるかもしれませんが、けっこう難しかったですよ。特に仏語検定は英語検定と違って、設問は基本的に日本語だし、仏文和訳もあったし、日本語がきっちりできる必要があります。フランスで生まれ育った娘は、悪戦苦闘しておりました。日本会場での試験では、日本の時事問題も出ましたしね。

でもこれで、2020年の東京オリンピックでのボランティア通訳の道が、少し開けてきましたよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

東京タワーの階段を、毎週黙々と登る人々・・。

世間はお盆真っただ中の14日、いつもの桜田門でラン仲間と落ち合い、

Th_img_0920

まずは東京タワーへ。桜田門からは、ほぼ一本道で2kmちょっとしかないんですね。知らなかった。

Th_img_0907

この日は曇っていて、気温も30℃あるかないか、風もあって、走っていても全然暑くないコンディションでした。

で、東京タワーに何しに行ったかというと、

Th_img_0917

大展望台までの階段登りに挑戦したのでした。毎週末の朝8時から10時まで、「ラブスポ」というランナーズサロンが開催しているイベントです(詳細は、こちら)。ビジターは施設使用料800円を払えば、ロッカーに荷物を預けて、ランのあとにシャワーも浴びられます。

Th_img_0914

何しろお盆の日曜だし、朝8時だし、誰もいないんじゃないかと思ったんですが、何とまあ、常連らしき人々が10数人、黙々と上り下りを繰り返しておりました。

Th_img_0912

芝の増上寺です。そのすぐ先には、東京湾。レインボーブリッジも、間近に見えました。

Th_img_0910

囲いの中に入って外が見えなくなったと思ったら、まもなく展望台の表示。ところがですねえ・・。

Th_img_0909

展望台に通じる扉は、鍵がかかっていて入れず。あとで聞いたところでは、11時にならないとここは開かず、しかもその際には一般の入場料を別途支払い、しかも走って登るのは禁止だとのことでした。
展望台からの絶景を期待してへいこら登ってきただけに、モチベーションは大いに下がりましたが、「せっかくなので、10往復ぐらいはしましょう」と。でも午前10時になると下の入口がしまってしまうといわれ、結局8往復で終了となったのでした。

Th_img_0915

ラブスポの受付カウンターにあった、常連ランナーたちのランキング表。1往復すると1ポイント付くらしく、

Th_img_0916

何と1位は、367ポイント!おそらく今年の初めからと思われるのですが、367往復もしてる(汗)。3位以下のポイント数を見ても、トップ二人の突出ぶりは異常です。

で、また来たいかと自問すると、やや微妙です。登る度に展望台に出られれば、実に気持ちのいいトレーニングになるんでしょうけどね。

Th__20160814_164245

帰りは信濃町まで走って、電車に乗って帰宅したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 7日 (日)

北新宿まで、炎暑ラン。

毎日、暑いですね〜。それでもガマンして、朝のうちにせっせと走ってます。2日前に井の頭公園まで走った時には、朝の散歩中のカルガモの親子に遭遇しました。

子供が8羽も!すくすく、育ってました。野良猫とかの天敵が、いないんでしょうか。

Th_img_0867

人間には一見かなり慣れてるようで、でも母親はしっかり子供たちに目配りしておりました。

そして日曜日は、久しぶりのロングランに。6時半に出発したんですが、

Th_img_0888

すでに善福寺川沿いは、けっこうな陽射しです。コンビニで水分補給したりしつつ、

Th_img_0890

相変わらず巨大な宗教施設を眺めながら、神田川との合流地点に何とかたどり着きました。ここまでで、約11km。今日はそのまま神田川を下って行って、中野区を越え、

Th_img_0891

新宿区まで。

Th_img_0892この辺りまで来ると、神田川の水量もだいぶ増えてきます。

Th_img_0894

Th_img_0895

「淀橋の由来」。思わず、読み入ってしまいましたよ。

Th__20160807_183021

帰りはそのまま中央線沿線沿いに帰ろうと思ったのですが、まだ午前9時前というのに炎暑耐えがたく、高円寺でギブアップして電車に乗りました〜(大汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

やっぱりロズベルグは、チャンピオンになれないんでしょうかね・・。

ドイツGPも無事終わって、F1村も3週間ほど夏休みです。ドイツでは、さすがにみんなくたびれてましたね〜。

Th_p7290138

王者メルセデスのメカニックたちでさえ、これですから(苦笑)。

一方、夏休み前最後のレースを圧勝で終えたルイス・ハミルトンは、囲み会見も余裕の表情でした。

Th_

話自体はあまり中身のないものでしたけど、「Kinder Choco Bons」が大好物だと言いながら口に入れてたのは、なかなか珍しい光景でした。「すごく残念だけど、レース後に一粒食べるだけだよ。それぐらい、日々摂生してるんだぜ」と、自慢してました。

ということで予選・レースのブログは、こちらをご覧下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

締めは、マイン川でした。

別に選んだわけではないのですが、今回の出稼ぎでは川に近い宿ばかりに泊まってました。必然的に川沿いを走ることになりましたが、どこも遊歩道がしっかり整備されてて、とても走りやすかったですね。

ドナウ川Th_img_0714 ライン川

Th_img_0780

そして今朝は空港に向かう前に、マイン川早朝ランしてきました。

Th_img_0804

フランクフルトの街中を流れてるので、有名な川ですよね。ヨーロッパはどの川も川幅がだだっ広いのは、ダムで堰止めてないからなんでしょうね。そして護岸も、極力自然に近い形にしてます。遊歩道を走ってると、朝ご飯を探してるのか、野うさぎが、ひっきりなしという感じで、道を横切ってました。

Th_img_0805

工場地帯の入り口に、ぽつんと建ってた教会です。

そして日本に帰ると、善福寺川。

Th_img_0250

これも、悪くない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »