« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月30日 (土)

リヨンを訪れたら、ぜひTakao Takanoへ!

食の都リヨンに来たからには、せっかくなので美味しいものを食べたい。いろいろ調べた末に、Takao Takanoの昼食を予約しました。

33 Rue Malesherbes, 69006 Lyon, フランス

Th_p1272622

入り口はこんな感じの、実に控えめな雰囲気。急ぎ足で歩いてた僕は、完全に通り過ぎてしまってました。ご用心。

Th_dsc02989

店内もシンプル。でもオーナーシェフのこだわりが、あちこちに感じられます。フローリングの木の板も、よく見ると1枚1枚が微妙に曲線を描いてるんですよ。

前菜、メイン、デザートの昼の定食が33ユーロ、前菜にメイン2皿、さらにチーズとデザートがついた定食が55ユーロ。今回はそれぞれを注文したんですが、コストパフォーマンスの高さに驚きました。

Th_p1272593

最初に出てくるつき出しが、いきなり凝ってます。鯖の刺し身と椎茸ダシの煮こごり。佇まいはほとんど和食でしたが、食べ終えたソースをパンにつけて食べると、これがまた美味しい。僕ら以外はほぼ地元のフランス人とおぼしき人々でしたが、彼らも目を細めて完食してました。

Th_p1272595

定食の前菜は、3種類の貝尽くし。

Th_p1272597

もうひとつの、ちょっと高い方の定食は、帆立てのソテーと黒トリュフ、トピナンブール。白はジュラ地方のコクのあるシャルドネをグラスで。

Th_p1272610

赤はシモン・ビーズのサビニィ・レ・ボーヌがあるとのことで、それにしました。シモン・ビーズがグラスで呑めるところも、好感度高しです。

Th_p1272603

メインは昼の定食が、乳呑み牛のレバー、シェリーソース。

Th_p1272601

もうひと皿は、牛のonglet(オングレ)。日本語だとサガリといって、フィレ肉に隣り合った、横隔膜周りの部位なんだそうな。そんな蘊蓄より何より、肉の旨味がじわっと沁み出てきて、ブルゴーニュとの相性も完璧でした。

Th_p1272612

予約の際、わざわざ向こうから、「何かの記念日ですか?」と訊いてくれて、「娘のちょっとしたお祝いです」と答えたまま、そのことは忘れてたんですが、デザートにこんな言葉を添えてくれてました。電話でやり取りしたホール責任者、会ってみるといっそう魅力的なオジサンでした。料理だけでなく、サービスも素晴しい。

Th_p1272614

僕のデザートは、パイナップルのシロップ漬けの上に、バニラの生姜のシャーベット。キャラメリゼしたポップコーンを添えて。

Th_p1272606

いや〜、美味しかった。機会があったら、ぜひまた来たいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月28日 (木)

何とか、パリを脱出〜

フランス国内を3泊ほど、クルマでのんびり旅行する計画を立てました。で、事前に予約したレンタカーをピックアップしようと、朝8時過ぎにいつもの営業所に出かけると、周辺の通行が完全に封鎖されてる!

Th_img_1023

何とまあ、UBERなどのせいで生活が立ち行かないと、タクシー運転手が実力行使に出たんですね。営業所のある広場は数百台のタクシーで塞がれてて、レンタカーを駐車場から出すなんてとても無理な状態。

Th_img_1025

すぐ横の環状線では、走ってるクルマに向かってタイヤを投げ落としたり、そのタイヤに火をつけたり、あげくのはてには徐行運転のクルマを棒で叩いたりと、やりたい放題。主張はわかりますが、よりによって僕らが出かける日に、しかもレンタカー営業所前の広場を占拠しなくても・・。

とてもその日のうちにデモは収束しそうになく、泣く泣く違約金を払ってレンタカーをキャンセル。とりあえずリヨンまでは、TGVで行くことにしました。格安運賃は今や航空券だけでなく、列車にも及んでいるのですね。OUIGO(ウィゴー)という会社が、フランス国鉄の車両と線路を借りて運営してるんですが、

Th_dsc_0924

片道2時間のTGVが、何とひとり10ユーロ(約1300円)。その代わりパリ郊外のディズニーランド駅まで電車で行かなくてはならず、その料金が一人8ユーロ(苦笑)。そして荷物代が、ふたつで10ユーロ。それでも、激安!!

2等車しかないし、車内販売もありませんが、そんなの全然気にならないし。よかった〜と車内でおにぎりの昼食を済ませ、2時間後に無事にリヨンに着いたのですが、

Th_img_4487

着いた駅は、リヨン・サンテグジュペリ空港でした・・。市内から30km。安いバスは年末に廃止され、市内までの交通手段は高い電車かタクシーしかありません。ホテルまで直接運んでもらえる利点から、タクシーを選択。55ユーロと、TGV3人分の料金を上回ってしまいました。それもこれもすべては、タクシー運転手のストのせい(怒)。

というようなネガティブな感情も、

Th_dsc02935

美しいリヨンの旧市街を散歩してるうちに、すっかり消えてしまいました。

Th_p1272546

夕方からは、名物の迷路(Traboules)探検。

Th_dsc02956

地図を片手に狭くて薄暗い通路を抜けると、

Th_p1272532

こんな中庭、

Th_p1272566

あんな中庭が出てきます。

Th_p1272542

長い年月の間に磨り減った石段を上がると、奥に風情のある扉が。

Th_p1272582

堪能しました〜。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年1月18日 (月)

『ソリレス』再訪

日本人シェフのレストラン『ソリレス』に、再びお邪魔しました(以前伺ったブログは、こちらです)。

相変わらず美味しい料理もさることながら、今回はこのワインが大当たりでした。

Th_p1102331

ロベール・ドゥノジャン(Robert Denogent)という造り手のプイイ・ヴァンゼル2013年です。最初に来た時にグラスで頼んだビレ・クレッセがすごくよくて、今回もそれにしようと思ったら、ソムリエの女性が「あの時の2013年は、もうなくなってしまったんです」と、2014年をわざわざ試飲させてくれました。そしたら確かに、期待していた厚みがちょっと足りない。それならと奨めてくれたのが、このワインでした。

Th_p1102362

グラス提供はなかったんですが、「赤身の肉でなければ、メインでも全然大丈夫」とのことなので、これ1本で最後まで通しました。まだちょっと樽香が強かったものの、重厚なのに主張が強過ぎず、確かにどんな料理にも上手に寄り添ってくれました。

Th_p1102337

前回ウニを堪能した奥さんは、今回は生牡蠣。海水のジュレで、固めてる!

Th_p1102342

ルッコラの林をかき分けると、黒米のリゾットを敷いた上に、フォワグラのポワレが登場。このフォワグラ、ミシェル・ブラスに負けてないかも。

Th_p1102352

メインは鳩のロースト。フォワグラ風味の濃厚なペリグーソースが、鳩の美味しさを引き立ててました。

Th_p1102353

これは子牛のロースト。例に寄って完璧なロゼの焼き加減と塩加減。右の野菜は、何とエシャロットです。タマネギの小さいのみたいなのなんですが、こんなに巨大なのは初めて見ました。これを皮ごとオーヴンで焼いてあって、ナイフを入れると中味がとろりと出てきます。

Th_p1102372

この晩は娘のプチお祝いで、フォンダンショコラのデザートにロウソクを立ててもらいました。

帰る頃には、完全に満席。

Th_p1102392

手前の窓側にわれわれが座ってたんですが、席を立ったらすぐに隣のオランダ人のオジサンが、僕らが空けたばかりのボトルを手に取って眺めてました。この人とは食事中にビレ・クレッセの話でちょっと盛り上がって、このワインも興味深そうにしてたから、「1杯どうですか」って奨めたのに、なぜか「いやいや」って断ってたんですよね。単に遠慮しただけだったのか・・・謎のオランダ人。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月17日 (日)

パリのマジックアワーです。

パリも毎日少しずつ、日が長くなっています。夕方5時前にトロカデロ広場から走り出し、セーヌ沿いをひたすら東へ。オーステルリッツ駅付近で折り返して、この辺りまで戻って来たところで日没でした。

Th_dsc_0895_1

型落ちのスマホでは、これが限界。でも、きれいだったな〜。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月13日 (水)

ノートルダムで、初詣で〜

かなり遅ればせですが、先週末にノートルダム寺院まで家族で初詣でに出かけてきました。

Th_p1092232

11月の無差別テロから、まだ2ヶ月。今もパリ市内のあちこちは、完全武装の兵隊が警備に当たってます。イスタンブールのアヤソフィア横でも、自爆テロが起きましたしね・・。家内安全、娘の学業成就といっしょに、世界平和もちょびっと祈ってきました。

Th_p1092205

ノートルダムに行く前には、すぐ近くのサントシャペルにも寄ってきました。ほんの10分も並ばずに入れてしまったのは、やはり観光客が激減してるからなのか。娘は初訪問。われわれ夫婦も16年ぶりでしたが、荘厳な美しさは変わらずでした。

Th_img_4260

ガレットは今にいたるも、ちょこちょこ食し続けてます。ジャン・ポール・エバンはあまりにお高いので、フェーブの入ってない最小のでガマンしました。

Th_p1042037

近所のカフェ、カレット(Carette)で買ったガレットには、店を描いたフェーブが入ってました。他にはカフェテーブルとか椅子もあるらしく、これはセットで買ってもいいかも。

Th_p1062079

今年初めて買ったローラン・デュシェーヌ(laurent Duchene)というショコラチエのフェーブセット。6個合わせると、パリが完成するようになってます。パリに住んでた記念、かな・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年1月 6日 (水)

スペイン人はキロ単位で、チューロスを買うんですよ。

翌朝は、ヘレス中心部の市場を見物しました。

Th_pc291312

年末の買い出しのごった返しぶりは、どこもいっしょですね。

Th_pc291258

ユーロになって高くなったとはいえ、フランスに比べるとまだまだスペインの物価は安いです。オレンジなんて、2キロで1ユーロでした(ま、道端にいくらでも実ってますしね・・)。

Th_pc291263

おじさんが自慢気に見せてる巨大ラディッシュも、二房1ユーロ。

Th_pc291291

マグロの赤身は、キロ2000円ぐらいだったかな。

Th_pc291266

これはシャコですかね。さっと茹でたら、美味しいだろうな〜。

Th_pc291346

場外にもいろんな店がありましたが、このおばさんが黙々とスジを取ってるのは、何の野菜なんでしょう・・。

その隣で買い物客が行列を作ってたのが、このチューロス屋さん。

Th_pc291377

右上に値段表があるんですが、一番上には「キロ8ユーロ」と表示されてます。そしてお客さんたちのほとんどが、両手でやっと抱えられるくらいの量のチューロスを買って帰ってました。チューロス1kgって・・。

そこからわれわれは、前夜閉まっていて入れなかったレストランへ、再度向かいました。いや、馬車じゃなくて、歩いてでしたけど。

Th_pc291430

この店です。この日は、ちゃんと開いてました。

Th_pc291426

一昨年の出張の際、偶然見つけたタコ専門店。北スペイン・ガリシア地方の名物で、わざわざアンダルシアまで来て食べる必要はないのですが、とにかくうまいんですよ。

Th_pc291384

ガリシアのビールを呑みながらメニューを眺めていると、仕入れたばかりのタコを運んできた店主が、「どれどれ」と入ってきて、そのうちタコへの愛を滔々と語り始めたのでした。

Th_pc291396

「娘も2歳からタコを食べててねえ」。サカナくんと、対談させたい!

そのアドバイスに従って注文したのが、

Th_pc291405

ジャガイモを敷いた上に茹でてからパプリカをたっぷり掛けた定番タコ料理と、岩塩をまぶして炭火で焼いたシシトウ(これ、最高でした)。

Th_pc291410

そして店主が、「個人的には、ベスト」と言っていた大ぶりのタコの両面をさっと炙ってから、マッシュポテトといっしょにオーブンで焼いた一品。確かにいける。ビールが進みました。

Th_pc291417

ワイン蒸しのムール貝も、パリのレオンでは絶対にお目にかかれないような巨大、かつプリプリの身。う〜、ヘレスにはまだ行きたい店がいくらでもあったのですが、後ろ髪を激しく引かれつつ、セビリアへと移動したのでした・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 5日 (火)

シェリー酒は、お猿の電車に乗って。

年末年始でちょっと中断しましたが、スペイン旅行の続きです。

Th_pc290992

ロンダから山道を1時間半ほど下り、ヘレス・デ・ラ・フロンテーラにやって来ました。ヘレスといえば、シェリー酒の原産地。

Th_pc291017

ということでホテルへのチェックインも早々に済ませ、ティオペペで有名な「ゴンザレス・ビアス」社の利き酒ツアーに参加しました。F1ウィンターテストでこの地は毎年のように訪れ、ゴンザレス社の横もしょっ中ジョギングで通過してましたが、中に入るのは初めてです。

ちなみにツアーで最初に案内されるこの円形の建物、エッフェルの設計なんだそうな。

Th_pc291084

中は広大なので、参加者はお猿の電車に乗って移動です。全長20mはあろうかという連結車両で、曲がりくねった構内をすいすい走り抜ける運転士の技には、驚きました。

Th_pc291089

ワインよりはるかに長期間、樽の中で熟成させ続けるからか、建物の外からでもシェリーの芳香がぷんぷん。

Th_pc291076

熟成1年目から30年目までのブランデーがズラリと並んでるのを見ると、自然によだれが・・。でもこれは試飲用ではなく、匂いだけ嗅がせていただきました。

Th_pc291103

こちらは古今東西の有名人が訪れた際にサインを残して行った樽ばかりを集めた蔵です。

Th_pc291097

1953年のジャン・コクトー。「我ここに王の血を飲む」と読めます。

Th_pc291098

1987年のスティーブン・スピルバーグ。NOEというのはかなり濃厚に甘いスイートシェリーなんですが、スピルバーグの好みなんでしょうか。

Th_pc291104

そして1989年にここヘレスで開催されたスペインGPを勝利し、翌日やって来たアイルトン・セナが残したサイン。「88年世界チャンピオン」と誇らしげに記してる(涙)。

Th_pc291148

ツアーの最後にドライとスイートの2種類を試飲させてくれるんですが、これはまあホンのお湿り程度のもので。

Th_pc291222

なのでわれわれは日が暮れてから、ヘレスの旧市街のバールに繰り出しました。

Th_pc291170

シェリーだけで、こんなにあるんですよ。それが1杯、わずか1,5ユーロ(約180円)、どんなに高くても5ユーロ(約650円)で呑める。

Th_pc291218

つまみのタパスもものすごく美味しいし、酒飲みには最高の町です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 2日 (土)

走り初めは、ガレット巡り。

曇り空とはいえ、穏やかな正月二日。

Th_dsc_0837

セーヌ川に沿ってのんびり走り初めをしながら、目星をつけておいたケーキ屋を数軒廻りました。最近はもう、元旦の翌日からガレットが出てるのですね。

Th_p1021945

最初に立ち寄ったアンジェリーナでは、フェーブだけを購入。今年は、モンブランを始めとする同店看板商品のミニチュアシリーズでした。左端のはチューブ入り化粧品みたいに見えますけど、

Th_p1021965

マロンクリームです。焼きたてかりかりのトーストにバターと塗って食べると、実に美味ですよ。

アンジェリーナから虎屋に廻ったんですが、こちらは4日からとのこと。そこでラデュレへ。

Th_p1031993

ここもフェーブセットで済ませようとしたところ、「フェーブだけでは、販売しません」と言われ、小ぶりのを買いました。

そこからビクトル・ユーゴー通りまで上がって行って、「ルノートル」に到着。

Th_p1021982

今年は何と、老舗香水店「フラゴナール」とコラボしたフェーブで、ふたを開けると華やかな香水の香りが広がります。何だか年々、凝って行ってますね〜。

今日はこれぐらいにして、早速ラデュレを実食しました。

Th_p1032011

ガレット自体はアーモンドの粒々が入ってて美味だったんですが、フェーブはちょっと微妙・・・。

Th_p1021944

これだったら暮れに買った冷凍食品チェーン「ピカール」のガレットに入ってた、

Th_pc232047

サンタさんの方がずっといいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

明けまして、おめでとうございます。

パリは平穏な元旦を迎えました。

Th_dsc_0877大晦日の晩は、ここ数年ずっと『円』で年越し蕎麦と決めてます。

Th_p1011931

いつも気軽に来れない値段なのはちと残念ですが、日本でもなかなか食べられないレベルの手打ち蕎麦ですよ。

そのあとは近所の友人宅で、紅白歌合戦を見ながら乾杯。

Th_dsc_0881

アイラ島のスコッチを、ご馳走してもらいました。話には聞いてましたが、ものすごくスモーキーなウィスキーです。口に含んだ瞬間、潮風吹きすさぶ岩だらけの荒涼とした風景の真ん中に立たされたような、すごい迫力のシングルモルトでした。これはちょっと、病みつきになるかも。

今年も、素晴しい1年でありますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »