« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

今年も、お世話になりました。

今頃、日本の皆さんは、紅白をご覧になってる頃でしょうか。今年1年、お世話になりました。

Th_pb1919612016年はもうホンのちょっとだけ、世界が平和になってるといいですね。

来年も、よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月30日 (水)

ロンダ峡谷を上ったり下ったり。

スペイン旅行3日目は、コルドバでレンタカーを借りてロンダ峡谷へ。当初は鉄道かバスにしようと思ったのですが、それだといつ着けるのかわからないほどアクセスが悪いので、クルマ移動にしたのでした。

1時間半ほどで、ロンダ着。

Th_pc280795

今夜の宿は、有名な橋の脇にあるパラドールです。

Th_pc280786部屋からは、こんな絶景が広がってます。20℃近い陽気でもあり、さっそく走りに出かけました。

Th_dsc_0852

勾配は急ですが、路面はそんなに悪くありません。

Th_dsc_0855

途中一箇所だけ、浅瀬を渡らないといけなかったりもしましたが。

Th__20151228_92637

1時間ほどの、快適なランでした。

Th_dsc_0860

最後に「キリストの小道」という未舗装路を、町に向かって上がって行く途中、中国人の若い女性二人連れに写真を撮ってあげ、お返しにホテルを背景に撮ってもらいました。ロンダの街中はアジア人、特に韓国の若い人たちで溢れてたんですが、もしかしてドラマか何かの舞台になったのかも?

翌日は、峡谷の反対側を散歩。

Th_pc280799

全然、様相が違いますが、いやはやこちらも凄い絶景でした。

Th_pc280853

ロンダといえば、この橋が有名ですが、反対側にはイスラム時代のもっと古い橋が架かってます。

Th_pc280946のんびり散歩するには、最高の町でした。

Th_pc280932


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月29日 (火)

メスキータを堪能する。

コルドバのメスキータ。モスクの中にカテドラルが併設され、イスラム教とキリスト教が同居する世にも珍しく、そして類い稀な美しさを持った建物です。

この動画の終盤に聴こえてくる、オーケストラ演奏と合唱の「きよしこの夜」。再生音にしては真に迫ってるな〜と思ったら、本物でした。礼拝堂で演奏の真っ最中!

Th__20151229_74852その様子も、改めて動画で紹介しますね(iMovieという動画編集ソフトの使いにくさ、何とかなりませんかね・・)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月27日 (日)

コルドバの巨大ちくわチューロス!

あ〜、恥ずかしい。このブログを読んでくれた人から指摘されるまで、自分ではコルドバと書いてるつもりで、ずっとグラナダと書いていた私・・・。ということで遅ればせながら、以下訂正いたしますcoldsweats02

スペイン旅行2日目は、朝イチでプラド美術館へ。全部回ったらいくら時間があっても足りないので、ゴヤとベラスケス中心の駆け足観賞でした。

朝食は軽めに、カフェとチューロス。

Th_pc260230

どうして僕のだけ、カフェアートしてないのかな〜(`ε´)

プラドのあとはアトーチャ駅前のソフィア王妃芸術センターでゲルニカに再会し、コルドバ行きの高速列車に滑り込みセーフ!

Th_pc270310

AVEと呼ばれるこのスペイン版新幹線、フランスのTGVをそっくりそのまま移設した感じです。

Th_pc260287

チケットも、まったく同じですしね。ただし料金は、こちらの方が高いかもしれません。今回は奮発して1等車にしたんですが、2時間弱の行程で片道1万円ちょっとでした。

Th_pc260303

オリーブ畑が延々と続く窓外の風景はきれいだし、

Th_pc260280

2+1の重厚な座席は座り心地もよかったんですが、揺れ方がすごい・・。ひと昔前のTGVみたいで、とても通路を真っすぐ歩けませんでした。

駅前のホテルにチェックインして、さっそく旧市街へ出かけました。

Th_pc270457

川向こうから望む、メスキータの夜景がきれいでしたね〜。でも空腹には抗し切れず、そそくさとタパス屋へ。

Th_pc270363

イスラム風の内装が、なかなか凝ってます。この家族の食べてた料理がどれもすごく美味しそうだったので、メニューを持って出かけて行き、ひとつひとつ質問。最初は、「何だ?」という感じでしたが、にこやかにお薦めを教えてくれました。

Th_pc270386

彼らのアドバイスを基に、まずは茄子を蜂蜜に浸して揚げたのと、ボケローネス(アンチョビ)のフライを注文。茄子と蜂蜜、意外に合うものですね。

そしてアンダルシア名物の、オックステールの煮込み。

Th_pc270400

口の中でとろとろと肉が溶けて、地元の赤ワインがすっかり進んでしまいました。

Th_pc270478帰り道、夜10時を過ぎても賑わってる屋台をのぞいてみると、

Th_pc270328

何とまあ、巨大なちくわみたいな物体が、ごろごろ並んでいるではないですか。どうやら中にチョコレートを詰め、さらに外側にもまぶした、チューロスの変種のようです。それをオジサンたちが、むしゃむしゃ食べてる。

一方こちらは、チューロス職人さん。

Th_pc270349

僕がカメラを提げてるのを見ると、「撮れ、撮れ」とあごで合図。チューロス揚げに、命かけてる感じでしたcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月26日 (土)

マドリッドは、美味しい。

暮れの家族旅行に出かけました。今回の旅程は、パリ→マドリッド→コルドバ→ロンダ→へレス→セビリア→パリの5泊6日の予定です。

まずは早朝のエアフラ便で、マドリッドへ。9時過ぎに空港に着いて、一人5ユーロの空港バスでアトーチャ駅に向かい、そこからがらがらとスーツケースを押しながら、宿泊先に向かいました。プラド美術館まで歩いてすぐの、Suite Pradoというホテル。キッチン付きの小綺麗で広々とした3部屋のアパートメントが、1泊15000円ほど。5分も歩けば繁華街でしたし、超お薦めです。

Th_pc250033

ということで、近所のカフェでさっそく腹ごしらえ。到着時の気温がマイナス2℃という予想外の寒さでもあり、熱々のショコラとチューロスをいただきました。

Th_pc250042

それでも足りずに、特大のパンケーキ3枚重ね。ついでにスモークサーモンサンドイッチと、ポーチドエッグも完食して、さすがにおなかいっぱいになりました。クリスマスで美術館やほとんどの店が閉まってるため、この日はひたすら徒歩観光です。

Th_pc250056

グランビアを下って行って、スペイン広場に到着。ドン・キホーテとサンチョパンザを、作者のセルバンテスが見下ろしてるの図。奥の背の高いビルは、1948年に建てられた、当時ヨーロッパ一の高層建築だったそうな。第2次大戦では国内が戦場にならなかったとはいえ、それ以前の内戦で国力は疲弊し切っていたはずです。それでもこんなものを建てたのは、フランコ独裁体制の見栄だったんでしょうか。

Th_pc250079_2

ちょっとショーン・コネリー似の、ドン・キホーテでしたね。

そこからゴヤの葬られた教会まで足を延ばしたのですが、残念ながら閉まってました。

Th_pc250157

プエルタ・デル・ソル広場まで戻ると、プレゼントを配り終えたサンタさんもお疲れのご様子。

Th_pc250160

タートル・ニンジャは、世間話中・・。

クリスマスなのに意外にレストランは開いていて、夜は近所のLamuccaという店に出かけました。

Th_pc260205

スペインでは宵の口の午後8時半でしたが、店内はすでに超満員でした。

Th_pc260177

まずはパンにオリーブオイルをたらして空腹を紛らわせつつ、グラスワインで乾杯。確か3ユーロほどのテンプラニーニョ主体の赤でしたが、スペインのワインは本当にコストパフォーマンスが高いです。

Th_pc260189

アボカドとフェタチーズどっさりの地中海風サラダと、定番のパン・コン・トマーテ。すり下ろしたトマトがたっぷり載っていたのが、好感度高し。

Th_pc260186

辛いのが苦手のヨーロッパ人向けにひたすらマイルドな、でもコクがあって美味しかったタイカレーと、奥は珍しいタコピザでした。

Th_pc260180

スペイン人は食事の後すぐに帰らずに、カウンターでまた呑み始めたりするのですね。ウイスキーやシェリーがかなり充実してるようだし、ふらっと立ち寄って一杯やるだけでも楽しそうな店でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月25日 (金)

クリスマスケーキは、メゾン・デュ・ショコラでしょ。

今月は娘の進学やら、しばらく前から続けてきた仕事が大詰めに差しかかってることもあって、ブログが休業状態になってしまってました。ようやく目鼻がつきましたので、そろそろ再開しようと思います。ご無沙汰してましたが、一応元気でやってますので・・。

ということで、今年ももうクリスマスですか。

Th_img_4177

ここ数年、我が家のクリスマスケーキは近所のメゾン・デュ・ショコラ、ということになってます。

Th_img_4179

でもイブ当日は、午前10時の開店後1時間もすると、目ぼしいものはすっかり売り切れてしまうのです。昼前にのこのこ出かけて行ったわれわれには、ビュシェット(おひとり様用の小型のビュッシュ・ド・ノエル)しか残っておらず・・。

Th_img_4180小さくても、もちろん最高においしいんですけどね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 6日 (日)

トイレの窓から、エッフェル塔を眺めてみたら!

いつもはひと筋のか細い光が射してるだけなのに、

Th_pc061784

今夜は四方八方、あっちこっちにバシバシ放射してました。近所の建物はそのたびに壁面に光が反射して、通行人が何事だと振り返ってるほどでした。今日はニュースを見てないんですが、これもCOP21の一環なんですかね。

Th_img_3950

今朝走りに出かけた時は、低く垂れ込めた雲に朝焼けが照り映えて、とても穏やかな風景でしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »