« 『日本GP現地ブログ』、決勝当日篇でございます。 | トップページ | カカオ豆を、生で食すと・・・。 »

2015年10月 2日 (金)

『ソリレス』、素晴しいレストランでした。

2週間の海外出稼ぎも無事終わったプチお祝いに、以前から行きたかった評判のレストランに出かけました。『ソリレス』という、日本人オーナーシェフのお店です。

なかなか行けなかったのは、とにかくうちから遠いから。11区と20区の境。ペール・ラシェーズ墓地の近くで、メトロを20数駅乗り継ぎました・・。でもその甲斐は、十分以上にありましたよ!

Th_pa010126

変わった店名は直訳すると、「間抜けは、無視する」。間抜けは知らずに捨ててしまう、一羽で二切れしか取れない鶏の股肉を、こう呼ぶんだそうです(日本語解説は、こちらです)。店はほぼ居抜きで、2代前に付けられた店名を、そのまま踏襲したとのことでした。

Th_pa010033

こじんまりした店内は素敵な花が生けられ、実にいい雰囲気。ほぼ満員のお客さんは、大部分が界隈のビジネスマン風でした。

Th_pa010030

昼は20ユーロ前後のお得な定食があるんですが、初来店でもあり、スペシャリテをがっつり行こうと、奮発してアラカルトを注文しました(クリックするとメニューが拡大できます)。

僕の前菜は、ソリレスのフリカッセ(クリームソース煮)です。

Th_pa010045

鶏とは思えない濃厚な肉の味に、シャンピニオンソースがぴったり。他の皿もそうでしたけど、このお店の料理はとにかく塩加減が絶妙です。天性のセンスなんでしょうね。

奥さんの注文は、雲丹の煮こごり。秋らしい彩りに、目が奪われます。

Th_pa010049

手前の雲丹の奥の方に少し覗いてますが、春菊のソースで和えてあるんです。あとで伺ったら、春菊に限らず野菜の大部分はうちの近所のチエボーさんところで、調達してるんだそうな。

ワインは白赤を1杯ずつ、グラスで頼みました。

Th_pa010019

最初のビレ・クレッセViré-Clessé は、ソリレスにぴったりのマリアージュでした。黄金色が美しいこの凝縮したブルゴーニュは、鶏でも子牛でもしっかり合わせてくれます。

続いてメインは子羊のローストにアンディーブを添えたのと、

Th_pa010085

リ・ド・ヴォー(仔牛の胸腺)をこんがり焼いた一品。こんなに大きい塊を味わうのは、初めてです。

Th_pa010076

人参のピュレと黒トリュフのソースが下に敷いてあって、これまた完璧な相性でした。

Th_pa010110

デザートはフォンダンショコラとフランボワーズのミルティーユ。こちらは正直言うと、料理のレベルの高さからすると、普通でした。

ホールを仕切る土井原夫人。彼女の明るさと、てきぱきした応対が、店の魅力をさらに増してます。

Th_pa010108

訪れた日は偶然、開店4周年の記念日だったそうで、食後のカフェをご馳走していただきました。実にいい店で、気持ちのいい時間を過ごせました。ぜひまた、お邪魔したいと思います。

Le Sot l'y Laisse
70 rue Alexandre Dumas,Paris
TEL:01 40 09 79 20
メトロ:2番線「Alexandre Dumas」

|

« 『日本GP現地ブログ』、決勝当日篇でございます。 | トップページ | カカオ豆を、生で食すと・・・。 »

F1」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

パリの昼ご飯」カテゴリの記事

パリ暮らし」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/62396815

この記事へのトラックバック一覧です: 『ソリレス』、素晴しいレストランでした。:

« 『日本GP現地ブログ』、決勝当日篇でございます。 | トップページ | カカオ豆を、生で食すと・・・。 »