« シュワちゃん、靴にも気を遣いましょうね。 | トップページ | 『ベルサイユ宮殿からエッフェル塔まで』50kmトレイルレース完走記その1 »

2015年3月20日 (金)

『バードマン』くたびれたお父さんには、特に必見映画ですよ^^

メルボルンに向かうシンガポール航空機内で観た映画のうち、最高に面白かったのがこれでした。

Th_140617birdman7

『バードマン』。その後ろに、「あるいは無知がもたらす予期せぬ奇跡」という長い副題が付きます。予備知識も何もなく、最初はよくあるスーパーヒーローものかと見始めました。何しろ冒頭のシーンから、主人公がベッドの上に浮いてましたしね。でもそれにしてはくたびれた中年だし、ブリーフ一枚の肉体はぶよぶよだし。

Th__20150319_191409

そのうちこれは、かつて「バードマン」というヒーローもので売れたものの、今は落ち目の映画俳優が、ブロードウェイでの再起を賭けて、難解な芝居に挑戦するという話だとわかってきます。

Th__20150319_191615

「バードマン」なんて映画に出ていたことは、自分のキャリアから消してしまいたい。でも人気絶頂だった頃の自分を思い出しては、陶然としたりする。なので彼にはしょっ中、バードマンの声が聴こえるし、ニューヨークの街を飛翔したりもしてしまう。

Th__20150319_191639

主演のマイケル・キートンの落ちぶれぶり、ダメ親父ぶり、自己チューぶりが、すごくいいんですよね。この人、実際に20年前に、ティム・バートン監督の「バットマン」に主演していて、それが観客の脳裏にちらつくことも、作り手側は狙ってるんでしょうね。

共演陣も最高で、

Th_6a00d8341c730253ef01b8d07fc9c697

特にこの、エドワード・ノートン。文字通り、映画の中で大暴れです。終盤、突然存在感がなくなってしまうのは、このままだとマイケル・キートンが食われっ放しになってしまうことを恐れた監督が、シナリオを変えたんじゃないかと勘ぐりたくなるほど(笑)、目立ちまくってます。

長回しなのに、実に躍動感あふれる映像は、「ゼロ・グラビティ」の撮影監督。そして脚本・監督のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥも、同じメキシコ人。

Th_birdmanalejandrogonzc3a1lezic3b1

主役より全然カッコいい(笑)、右のオジサンです。いやはや眩いばかりのメキシコの才能を、見せつけられた映画でした。

|

« シュワちゃん、靴にも気を遣いましょうね。 | トップページ | 『ベルサイユ宮殿からエッフェル塔まで』50kmトレイルレース完走記その1 »

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

柴田さん、オーストラリアGPの結果からなかなか立ち直れない、ムーミンです・・・こんにちわ。

今年のアカデミー賞の候補になった作品は興味深いものが多いです。「バードマン」の作品賞受賞はちょっと意外でしたけど、「ゼロ・グラビティ」の撮影監督となると是非見なくては!!

映画つながりで、柴田さんは「アダム・ゴールドバーグ」という俳優さん、ご存知ですか?
この方、某F1ドライバーにそっくりなんです。「デジャブ」という映画を見たときに私はチームに内緒で出演したのか、と思ってしまったくらい似ています。
アダムさんは「パリ、恋人たちの2日間」というコメディタッチの映画にもでています。

目のほうはその後、だいじょいぶですか?

投稿: ムーミン | 2015年3月21日 (土) 01時57分

ムーミンさん、こんにちは。

開幕戦は残念な結果に終わってしまいましたけど、去年とはクルマが全然違うことは確認できましたからね。楽しみは、後に取っておいた方がいいですよ
^^

アダム・ゴールドバーグ、あ〜確かに(笑)。僕も「デジャブ」は観たんですが、その時は気付かなかったな〜。

目は、とりあえず大丈夫そうです。昨日、50kmのトレイルで派手に転んだりしましたけど、今のところ異常はないですし。お気遣い、ありがとうございます。

投稿: ムッシュ柴田 | 2015年3月22日 (日) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/61308653

この記事へのトラックバック一覧です: 『バードマン』くたびれたお父さんには、特に必見映画ですよ^^:

« シュワちゃん、靴にも気を遣いましょうね。 | トップページ | 『ベルサイユ宮殿からエッフェル塔まで』50kmトレイルレース完走記その1 »