« フェーヴコレクターたちのディープな世界を、こわごわ覗く。 | トップページ | マルセイユ駅裏だったら、暮らせるかも・・・^^ »

2015年1月14日 (水)

老エンジニアに、会いに行く。

テロ事件、それに続く100万人規模のデモが終わったばかりのパリは、まだザワザワとしています。アメリカ系の学校は、今週になってからも休校しましたしね。そんな中、TGVで南仏に日帰り出張してきました。

Th_img_5078

朝8時のパリ・リヨン駅は、意外なほど閑散としてます。

Th_img_5079

自動小銃を構えた警備兵の姿もほとんど見当たらず、

Th_img_5080

列車に乗り込む際も、各車両の入り口でチケットを確認するだけ。荷物検査はなく、爆弾でも何でも持ち込み放題でした。まだ飛行機の方が、安全かも。こうなると、腹をくくるしかないですね。

幸い何事もなく、3時間半後にはマルセイユ着。

Th_img_5083

構内に置かれた「弾くのは、あなた!」と書かれたピアノで、おそらくフランス人だと思うのですが、10代とおぼしき若い女性が「風の谷のナウシカ」の主題曲を弾いてました。日本人としては、やはりちょっとうれしかったです。

そこから在来線に乗り換えて、海辺の保養地バンドールに向かいます。

Th_p1280411

糸杉とローマ松と、独特の落ち着いた色合いの丸瓦屋根と白い壁。紛れもなく、プロヴァンスだ〜。

今回の目的は、かつてルマンやF1で活躍したエンジニアに、昔話をしてもらうことでした。

Th_p1280438

小高い丘の上の一軒家。

Th_p1280441

テラスからは、地中海が望めます。

Th_p1280417

アンドレ・ド・コルタンツ。日本での通称は、デコタン。トヨタのルマンやF1マシンの開発責任者でした。

Th_p1280432

この家を訪れたのは、2001年以来14年ぶり。でもお世辞抜きで、夫婦揃って全然変わってないので、びっくりしてしまいました。もう70歳を、はるかに過ぎてるんですけどね。今でも、すごくエネルギッシュ。

Th_p1280422

同行したカメラマンのジャン・フランソワにたっぷり写真を撮ってもらい、

Th_jfg8968

僕もサロンで、1時間半近く話を聴かせてもらいました。「今だから話そう」的な打ち明け話はそれほどなかったですが、自分がずっとやって来たことをとにかく楽しそうに語ってくれて、さらに決して唯我独尊に陥らず、本当に頭の柔らかい人なんだな〜と思いました。おかげで聴いてるこちらも、すっかり楽しい気分になったのでした。


|

« フェーヴコレクターたちのディープな世界を、こわごわ覗く。 | トップページ | マルセイユ駅裏だったら、暮らせるかも・・・^^ »

F1」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

柴田さん、こんにちは。
このインタビュー記事は、いつかのAS誌に掲載でしょうか?是非とも読んでみたいです。

投稿: ベイツ | 2015年1月15日 (木) 23時52分

ベイツさん、こんにちは。ありがとうございます。素直に、うれしいです。

今回は、レーシングオンの取材でした。ルマン特集の一部のようです。発売日は・・・知りません(申し訳ないです)。おそらく月末か、2月初めと思うのですが。誌面が限られてるようで、話してくれた内容の半分以上は収録できそうにないのが、ちょっと残念です。

投稿: ムッシュ柴田 | 2015年1月16日 (金) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/60976510

この記事へのトラックバック一覧です: 老エンジニアに、会いに行く。:

« フェーヴコレクターたちのディープな世界を、こわごわ覗く。 | トップページ | マルセイユ駅裏だったら、暮らせるかも・・・^^ »