« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

今年1年、お世話になりました。

パリもまもなく、2015年を迎えようとしています。『円』で年越しそばをいただいたあと、うちの近所をのんびり散歩してきました。

Th_p1280128

今年もたいへん、お世話になりました。2015年も、よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月27日 (土)

アルザスの葡萄畑を走る

この辺りは、名だたるアルザスワインの産地。リクビル村も周りを葡萄畑に囲まれてます。

Th_p1270801

路地から向こうを覗くと、葡萄畑の壁がそびえてます。すごい傾斜。

Th_p1270810

畑を上って村を見下ろすと、こんな感じ。ドイツ・モーゼル地方ほどではないですが、けっこうな勾配です。当然、機械は入れないだろうし、ほとんどが手作業なんでしょうね〜。

Th_img_5018

滞在2日目の朝は、その葡萄畑を縫って、隣村まで往復。アップダウンの連続で、なかなか楽しいジョギングでした。

Th_p1270856

お腹ぺこぺこでリクビル村に戻り、シャワーも浴びずにカフェに直行。アルザス名物のクグロフにかぶりつきました。

実は今回、9年前に朝ご飯を食べた同じカフェに行くつもりにしていて、カフェはすぐに見つけたのですが、

Th_p1270855

勇んで中に入って行ったら、残念ながらパン屋さんになっており、違う店に行ったのでした。

Th_crw_1552

9年前の朝食写真。同じポーズで撮ろうと思ったのに、残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月26日 (金)

9年ぶりのアルザス・リクビル村でした〜

アルザス・リクビル(Riquewihr)村に、9年ぶりに出かけました。

Th_p1270789

宮崎駿監督が『ハウルの動く城』製作の際にロケハンしたといわれる、風情のある村です(実際に主なモデルになったのは、リクビルからほど近いコルマールだったそうですが)。

Th_p1270778

ホテルは奇跡的に、村のど真ん中に取れました。細い路地に面した、閑静な宿でした。

Th_p1270800

そこから50歩も歩くと、目抜き通りは観光客で大賑わいでしたけど。

Th_p1270816

歩き回ったら小腹が空いたので、屋台へ直行。

Th_p1270818

熱々のシュークルート(酢漬けキャベツとソーセージの煮込み)。見た目はちと難ありですが、おいしかった〜。これで5ユーロ(約700円)は、安い!

それをハフハフと頬張りつつ、

Th_p1270836

村外れのクリスマス市へ。あちこちを冷やかした末に、

Th_p1270827

この店で、コウノトリが2羽くっついたキーフックを購入。壁に固定して、本来はカギなんかを引っかけておくんですが、ランニングのメダル掛けにいいかと。

Th_p1270844

ついでにヴァンショー(ホットワイン)を買って市場を振り返ったら、三日月が冴え冴えと光っておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月19日 (金)

ゴジラで負けてスパイダーマンで勝って・・金正恩に負ける

つい先日、この本を読みました。

E0033570_17165599

ソニー本社からまったく畑違いの映画スタジオに出向し、見事に建て直した日本人経営者の奮闘記です。ふだんビジネス書にはとんと縁がないのですが、これは実に面白かった。ハリウッドの舞台裏ものぞけるし、何より登場人物たちが、筆者も含めて実に魅力的でした。映画に賭ける情熱が、とにかく熱い。

それだけに今回のソニーピクチャーズの上映取り止め決定は、ちょっとショックでした。

Th__20141219_75229

さらにショックだったのは、ソニー本社の平井社長が描写の変更を制作側に指示していたという報道。

Th__20141219_75803

事実とすれば、唖然です。平井社長がこの本を読んでいたら、決してこんな仕打ちはできなかったと思うんですが。表現の自由への不可侵の思い、テロへの断固たる強い気持ち、映画に対する愛。そのすべてが、この人には欠けてるんでしょうね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月16日 (火)

今年のノエルランも、楽しかった〜

1万人のサンタが集結するノエルラン。今年も、盛り上がりました。

Th_img_2639

昨年同様、鯛焼きサンタで参加。

Th_img_0711 みんな揃ったところで、TVの取材を受けたりしてから、スタート地点へGO!

Th_img_4959

見慣れた光景とはいえ、圧巻です。今年はスタートからゴールまでCASIOを掲げて撮影したんですが、思ったほど手ブレはひどくなかったですね。


約10km、楽しく走ったあとは、

Th_img_4961

vin chaud(ホットワイン)で、ほわ〜、じわ〜。

Th_img_2660

完走メダルも凝ってて、大満足の1日でした^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月11日 (木)

フランスにだって、安くてうまいワインはあるよ

少し前の話になりますが、年末恒例パリ・ワイン市にでかけてきました。

今回の個人的テーマは、「好コストパフォーマンス」。要は、安くてうまいワインを探そうということです。

Th_img_2555

と言いながらも、嫁はお約束のフォアグラサンドイッチを食しただけでは足りずに、

Th_img_4935

今年から新設された牡蠣バーにぴゅーんと飛んで行き、

Th_img_4934

僕があちこちのブースからせっせと運ぶピュイイ・ヒュメやらソーテルヌやらをやりつつ、生牡蠣を堪能しておりました。

Th_img_4937

幸か不幸か、僕は牡蠣がなくては生きて行けないほどではなく、

Th_img_2556

代わりにピレネー産チーズをあれこれ試食して、青カビ羊チーズをしこたま買い込みました。

空腹も癒えたので、試飲続行!「好コストパフォーマンス」というテーマでもあり、「白」「10ユーロ以下」という条件を、自らに課しました。で購入したのが、以下の2銘柄です。

Th_img_2565

上のケースが、Duché d'Uzès「デュシェ・デュゼス」という早口言葉みたいな名前の、未知のAOCのDeleuze-Rochetin「ドゥルーズ・ロシュタン」という2012年の白。

Th_img_2563

ローヌ渓谷の、新しいAOCのようです。試飲した瞬間に、速攻で決めました。ご夫婦の真摯な人柄も、好感度高し。こういうのも、けっこう購入の決め手になりますよね。

下のケースは、ロワールの白。Menetou-Salon「ムヌトゥ・サロン」というAOCも、僕は知りませんでした。

Th_img_2562

最初のは重厚、こちらは清冽な感じ。今夜のつくね鍋には、ロワールを合わせようかな^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月10日 (水)

格闘家のようなバイオリン奏者に伍して、この少女は

先日、パリ市内の音楽学校のバイオリン発表会に行って来ました。

Th_p1270417

大学の階段教室のような、こぢんまりとしたホール。パイプオルガンが正面にドンと控えてるところは、いかにもです。

日本で言うと、中高校生に当たる少年少女たちが研鑽を積む学校です。

Th_p1270433

ビジュアルに耐える生徒、多し。

Th_p1270434

そしてもちろん、上手。勉強の成果を披露する場だからなのか、ことさら難曲を選んで弾いてる子ばかりでしたね。

Th_p1270469目まぐるしい弓使いを見ていると、ほとんど格闘技のような印象さえ受けます。

そんな中、最後に出てきた日本人の少女。まだ14歳の彼女は、先輩たちに比べるとひときわ小柄で、はかなげに見えました。ところがいったん弾き始めると、その音色の何と深みのあることか。音の厚みも凄くて、あの身体のどこから、こんな迫力が出てくるのかと、ただただ圧倒。かなり難易度の高い曲を、弾き急ぐ様子も見せず、実に優雅に演奏してました。

この日の聴衆は、大部分が自分の子供の演奏を聴きに来た親族かその友人たちと思われますが、ひときわ大きく長い拍手と、他の生徒の時にはなかった喝采が、少女の演奏に送られてました。

日本人の若き才能が世界に羽ばたこうとしているのを見るのは、気持ちのいいものです^^

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 8日 (月)

6km/h超過で、この罰金ですか〜・゚゚・(≧д≦)・゚゚・

フランスの象徴マリアンヌのロゴの付いた郵便が届くと、少しドキッとします。

Index

これですね。多くの場合、お上からの税金の督促状とか、罰金の支払い通知だからです。今回は、後者でした・・。

Th_img_4956_2

 

先日、ベルサイユまでランニングで出かけて(こちらです)、ハンバーガーを食して、帰りに電気自動車オートリブを使った時に、スピード違反してしまったみたい。

Th_img_4955

詳細を読むと、オートリブのステーションからベルサイユ市内に向かう途中でした。制限時速50km/hのところを、6km/hオーバー。メーター読みは誤差が大きいので、おそらく60km/hぐらい出してたんでしょうね。

それは認めるにしても、罰金が何と90ユーロ(!)。円安なので、14000円近くになります。マイリりました・・・。化石燃料車で走ってる時は、ガソリンが高いこともあって絶対に飛ばさないのに、電気自動車だとついスロットルに力が・・。でも6km/hなんだけどな〜(しつこい?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月 4日 (木)

谷口ジローがフランスで大人気だと、聞いてはいましたが・・。

パリは毎日、どんより天気です。「朝の気温3℃、午後の最高気温3℃。終日曇り」という、典型的なパリの冬が、ようやくやって来ました。

Th_img_4948

もちろん晴れてるに越したことはないですが、少し寒いぐらいの方がランニングは快適です。いつものようにセーヌ川沿いを走っていると、ポンヌフを渡ったところで騎馬隊に遭遇しました。かなり長い列。50頭以上は、いたようです。

そしてオルセー美術館を過ぎた辺りでは、

Th_img_4946

漫画家谷口ジローの、かなり目を引く広告が出てました。「伝説の日本人漫画家による、ルーブルの謎」。すごいキャッチコピーです。

僕には、TVドラマ『孤独のグルメ』の原作画を描いた人、ぐらいの認識しかなかったんですが(註)、フランスではすごく高い評価を受けてるらしいです。何しろウィキペディアでは、日本語版よりフランス語版の方が記述が詳細なほどです。

毎年1月に開催されるアングレーム国際漫画祭でも、次回は大々的に特集されるようです(こちら)。

特集のタイトルは、『夢見る人』。ふ〜ん、そうなんだ。読んでみようかな。

(註)当初は「原作者」と書いてたんですが、原作は久住昌之さんですよね。毎回、ドラマに登場してたのに、うっかりしてました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年12月 2日 (火)

寒くなると、どっしりワインが飲みたくなる

パリは12月に入ってから、どんより天気が続いてます。今日は、最高気温が4℃ほど・・。こういう時には、身体の芯から暖まるワインが飲みたくなるものです。

Th_p1260045

ワインセラーをガサゴソやってたら、もうとっくに飲み尽くしたと思ってたヴーヴレイを発掘。ロワールの甘口ワインです。10年以上経って、いい感じにヒネてました。

今年のシーズン終了記念は、レストランに行くのは控えて、自宅でささやかに乾杯。

Th_p1270391

80年代のボルドーでは悪くない年とはいえ、さすがに最盛期を過ぎてるかと思いきや、驚くほどの若々しさでした。繊細さと同時に芯の強さも感じさせ、メインに焼いたリブロースのステーキとの相性も抜群。おいしいワインはついグラスが進むものですが、今回は特にボトルが空くのが速かった・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »