« 大変遅ればせながら、『グランプリ紀行』日本GP篇でございます。 | トップページ | ハイパーラプス、面白い! »

2014年10月11日 (土)

走れることが、こんなにうれしいことだとは・・。

踵を痛めたのは、もう1ヶ月ほど前になります。2週間ほど休んで、もう大丈夫だろうと

Th__20141011_233137

夜の鈴鹿サーキットを1周したら、激痛でした。くるぶしの後ろ辺りが腫れ上がり、どうやら「アキレス腱周囲炎」というやつらしい。治療法としては休養あるのみらしいのですが、

Th_img_4701

今日の夕方、1km8分30秒ぐらいで夫婦ランをしつつ、いろんな着地の仕方、荷重の掛け方を試してみました。試行錯誤の末、終盤には何とか痛みを感じず走り通し、走り終わった今もどうやら大丈夫です。

それで漠然と思ったのですが、ただ休養するだけでなく、適度に走りながら治すやり方もあるのではないかと。あくまでシロウト考えなので、長年お世話になってるスポーツトレーナーに週明けに相談に行ってみますが。

それにしてもたとえゆっくりでも、わずか数kmでも、どこにも痛みを感じずに普通に走れるって、なんと気持ちのいいことか。今まではその気持ちよさを、十分味わってなかったんだと思いました(しみじみ・・)。

|

« 大変遅ればせながら、『グランプリ紀行』日本GP篇でございます。 | トップページ | ハイパーラプス、面白い! »

パリ暮らし」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ムッシュさん。
足のお加減はいかがでしょうか?

私が前に足の筋を痛めた時の事。
整形外科の病院に行くと、兎に角休めと言われました。
ところが漢方の病院に行くと、針を打ちながら少しずつ動かしなさいと言われました。
その先生がランナーだった事もあるかもしれませんが、このまま固まると怖い事を言われました。
痛くない様に様子を見ながら、欲を出さずにとの事でした。

ムッシュさんの場合と合っているかは判りませんが。
どうぞお大事にして下さい。

投稿: navii | 2014年10月12日 (日) 15時17分

naviiさん、いつもありがとうございます。僕も、「様子を見ながら、欲を出さずに」というやり方が、自分にしっくり行く感じです。焦らず、のんびり治してみます。

投稿: ムッシュ柴田 | 2014年10月13日 (月) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/60463599

この記事へのトラックバック一覧です: 走れることが、こんなにうれしいことだとは・・。:

« 大変遅ればせながら、『グランプリ紀行』日本GP篇でございます。 | トップページ | ハイパーラプス、面白い! »