« ハドリアヌスの壁を越えて、野蛮国から文明国へ。 | トップページ | 『グランプリ紀行』イタリアGP篇、出来上がりました〜。 »

2014年9月 3日 (水)

世界屈指の峠には、なぜかベンチが延々と並んでいる・・・。

ニューカッスルから湖水地方に行く途中、とある峠で休憩しました。

Th_p1210197

案内板を見ると・・

Th_p1210169

ハートサイド峠というらしい。AA(イギリス自動車連盟)が、「運転して楽しい、世界のベストテンに入る峠道」に選んでいます。

Th_p1210179

そういえば大型バイクを駆るライダーと、やたらとすれ違いました。

Th_p1210194

そして峠の休憩所には、なぜかベンチがズラリと並んでる。

Th_p1210188

こんなユニークな形のベンチも。最初は、「猿?」と思ったんですが、よく見たらライダーを象(かたど)ってるのでした。

Th_p1210189

そしてベンチの中央には、こんなプレートが嵌め込まれています。「2013年9月5日に51歳で亡くなった、われらの愛する夫、そして父であるイアン・ウィルキンソンを追悼して」云々。

そう。これらのベンチは、みなこの峠で命を落とした人々の遺族が、設置したものだったのです。

Th_p1210192

他には、こういう碑も。ひとつひとつ見て行くと、多くが中年ライダーでした。いやはや・・・。

|

« ハドリアヌスの壁を越えて、野蛮国から文明国へ。 | トップページ | 『グランプリ紀行』イタリアGP篇、出来上がりました〜。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/60252413

この記事へのトラックバック一覧です: 世界屈指の峠には、なぜかベンチが延々と並んでいる・・・。:

« ハドリアヌスの壁を越えて、野蛮国から文明国へ。 | トップページ | 『グランプリ紀行』イタリアGP篇、出来上がりました〜。 »