« 宮島で、あなご三昧^^ | トップページ | 尾道も、いい町だったな〜。 »

2014年8月 8日 (金)

久々に、紙の本を読んでます。

パリにも日本の本屋さんは何軒かあるんですが、気軽に行ける場所にはないし、何より新刊は高い。それで最近はもっぱら、Kindleで電子書籍をダウンロードして、読んでます。

Th_img_4520

世界のどこにいてもKindleがネットにさえ繋がっていれば、あっという間にダウンロードできて(だからこそ、つい衝動買いしてしまうのですが)、気軽に読める。「紙の本に比べると、読みにくい」という声もよく聞くし、たとえばうちの嫁はほとんどKindleでは読書しません。でも僕は最初から、ほとんど違和感なく入って行けました。

でも先日、都内の本屋で欲しかった本を買って、久しぶりに「紙の読書」を再開してみて、僕にとっての電子書籍の大きな欠点を二つ、改めて感じました。

Th_img_4518

まず、電子書籍のラインナップが、まだまだ圧倒的に少ないこと。この本も3年前に単行本が刊行されたのですが、結局Kindle版が出ることなく、今回文庫版が出版されました。(そもそも村上春樹作品の電子版がほとんど出てないのは、紙でも十分に売れるから?それとも本人の意向?知りたいものです)

もうひとつの電子書籍の欠点は、紙の本のずっしり感がないことですね。これから読もうとする本が、どれぐらいのボリュームがあるのか、どれぐらい読んで、あとどれぐらい残っているのか。それを視覚と触覚で確認できないのは、やっぱり相当に物足りないです。

それにしてもこの本、ものすごく面白いです。

|

« 宮島で、あなご三昧^^ | トップページ | 尾道も、いい町だったな〜。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

一時帰国中」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
毎回しっかり拝見していました、ははは。

この本、私は家の近くの図書館で借りて読みました。
韓国も村上ファンがいっぱいです。
自分の本ではないという事で、気になる事(曲名など)をメモしながら読みました。面白いですよね。
小澤さんと大江健三郎さんの対談は読まれましたか?
あれもとても面白かったです。
もし読まれていなければ「同じ年に生まれて」です。

日本であなご!美味しそうでしたねー.
こちらではこの時期は参鶏湯です。(もしくは“犬鍋”)
次回帰国したら鰻を!と夢見ております。

投稿: navii | 2014年8月 8日 (金) 17時43分

naviiさん、お久しぶりです。いつもコメント、ありがとうございます。

近所の図書館で読まれたということは、すでに韓国語版が出てるんですか?早いですね〜。フランスでも村上人気は高いですが、この本はまだみたいです。

小澤・大江対談も、面白そうですね。こちらもやはりKindle版はないようなので、紙を探してみます。

そちらもさぞ、暑いことでしょう(こちらはそろそろ台風襲来です)。ご自愛下さい。

投稿: | 2014年8月 9日 (土) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/60119796

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に、紙の本を読んでます。:

« 宮島で、あなご三昧^^ | トップページ | 尾道も、いい町だったな〜。 »