« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

ずぶぬれのプリンセスたち。

2年ぶりに、「ベルサイユ宮殿庭園ラン」に参加しました。

Th__20140629_183110

庭園内を、15km。平坦なコースですが、代わりに石畳、未舗装路、草地、砂利道、アスファルトと、あらゆる路面が待ち受けてます。

Th_p1030246

おまけに今年は数日来の雨で、あちこちぬかるみだらけでした・・。でもまあ何とか、前回記録を4分ほど更新して完走。そのすぐあとには、8kmの「プリンセスラン」も開催。これが悪天候で、なかなか過酷なレースとなったのでした。

Th_img_4321

2年前の第1回大会に比べると、仮装ランナーもずいぶん増えてました。

Th_img_4325

スタート前のウォームアップです。

Th_img_4322

お姫さまも、ストレッチ。

Th__20140630_70620

スタート!みんな楽しそうに走り出してますが、最初からいきなり上りの石畳。ここで飛ばし過ぎると、次のぬかるんだ草地で足を取られ、早々にバテてしまいます。

Th__20140630_70844

今回は、嫁も参加。ひとりでレースに出るのは初めてだったので、緊張気味でした。

Th_img_4346

レース後半、ドシャ降り襲来。大運河の脇で待ってると、ずぶ濡れになったプリンセスたちが次々にやって来ました。こうなると、仮装ランはかなり大変そう。

Th__20140629_183522

でも嫁も普段のペースを大幅更新して、無事ゴールできました。

Th_img_1948

完走直後の特大ハンバーガー、おいしかった〜。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

「サケというのは、マグナムが普通なんですか?」

娘の14歳の誕生日を祝おうと、久しぶりにTOYOに出かけました。われわれの食事がほぼ終わろうという頃に、カウンターの隣にやって来た、落ち着いた雰囲気のフランス人カップル。「ワインは何になさいますか」というソムリエの問いに、即座に「Sake」と答えておりました。

Th_img_4310

そして出てきたのが、「剣菱」の一升瓶。「サケというのは、マグナムが普通なんですか」という客の質問が、実に初々しい^^

Th_img_4311

それにしてもパリのフレンチで、フランス人の客が普通に日本酒を注文するのを、間近に見る日が来ようとは・・。しかも日本人の僕らはワインを飲み、フランス人は日本酒ですからねwine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

今一番ヒットしてるフランス映画を、観てきました。

直訳すると、『神様、私たちが何をしたというのです?!』というタイトル。

Th_questcequonafaitaubondieuaffiche

話の展開は、極めてシンプルです。裕福なブルジョワで、敬けんなカトリック教徒の両親。ところが4人の娘たちは上から順に、アラブ人、ユダヤ人、中国人と結婚してしまいます。両親は義理の息子たちになんとか寛容なところを見せようとするものの、ついつい差別的な態度が出て、子供たちは実家に寄りつかなくなってしまう。末娘だけは何とか、まともなフランス人と結婚してほしいと願う二人ですが・・・。というもの。

ポスターを見れば一目瞭然な通り、彼らの願いも空しく末娘が連れて来た婚約者は黒人で、しかもその父親はかつての宗主国フランスが大嫌い。そこからドタバタが巻き起こるという粗筋です。

この映画が面白いと思えるかどうかの境目は、このおとぎ話にすんなり入れるか(入る気があるか)だと思います。でも異文化、異宗教、異人種間のゴタゴタに日常的にさらされているであろうフランス人が、この映画を支持しているというのは(封切り2ヶ月で、入場者数約1000万人)、なかなか悪くないなと思いました。

爆笑喜劇ではないけれど僕も十分に楽しめ、ハッピーエンドでは単純にホロリとしてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

オーストリアで、八頭身美女とどらえもんに遭遇・・。

なんか物凄く盛り上がった、11年ぶりのオーストリアGPでした。

Th_p1170843

超満員の観客が、予選やレースが終わってもしばらくスタンドに残って余韻に浸ってるグランプリなんて、鈴鹿とここだけじゃないかな〜。

Th_p1170714

スタート直前のグリッド。今回のグリッドガールは、オーストリアの民族衣装です。美しさ、5割増し!

Th_p1170810

可夢偉選手のところまで歩いて行って、この美女に目が釘付けに。な、何という顔の小ささ、足の長さ・・。もはや同じ人類とは思えず、いっしょにいた尾張くんに頼んで、撮ってもらった2ショットがこれ。

Th_p1250915

並んで改めて思い知らされた、違いすぎる腰の位置・・。かなり高いヒールを履いてましたけど、裸足でも軽く180cmはあるでしょう。それにしても、足長すぎだろ!!(怒)

そのショック冷めやらず、フラフラと歩いていると、

Th_p1170802

どらえもんがTVインタビューに答えてました。隣にいるのは子泣き爺いではなく、ジャン・トッドFIA会長様です。ジャン・ジャンコンビですね。

これまた尾張くんにお願いして、

Th_p1250940

2ショット達成。「お、日本人か?イチバ〜ン」と、やたらサービス精神旺盛なオジサンでした(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

『グランプリ紀行』オーストリア篇ですよ。

11年ぶりの開催ですが、相変わらず熱心なファンがいっぱい(酔っ払いもね)。そして未来の世界チャンピオンも!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

『レキップ』紙の、一面を飾ったのだヽ(´▽`)/

フランスには『レキップ』というスポーツ新聞がありまして(というか、『レキップ』一紙しかない!)、そこが毎年主催している10kmレースに出場して、無事完走すると、こんな特典があるんです。

Th_2014lequipe10km_2

何とまあ、『レキップ』の一面トップを模した紙面を、作ってくれるのですよ。まるでこのレースで、自分が優勝したかのような気分にさせてくれます。写真右下には、「彼の勇気と決意が、最後の1kmで違いを生んだ」という、いかにもそれっぽいキャプションまで載ってる(全員が、同じキャプションなんでしょうけどねwink

Th_l_equip750

こちらが、本物です。ね、良くできてるでしょ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月18日 (水)

『かぐや姫の物語』、来週からフランス公開!

昨日の夕方、セーヌ川沿いをジョギングしていたら、

Th_img_4282

このポスターを発見。高畑勲監督の『かぐや姫の物語』が、いよいよ来週からフランスでも公開されるのですね。

Th_le_conte_de_la_princesse_kaguya

ポスターは、日本公開時のものとほぼ同じ。「姫の犯した罪と罰」のコピーを日本語のまま残したのは、『風立ちぬ』の時と同じです(こちらです)。今回のコピーは、フランス語訳しても面白かったかも。

フランスの映画サイトには、まだ批評は載ってません。2時間16分という、アニメとしては長尺の作品だけど、今から観るのが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

シューミ、覚醒!

月曜の朝、ミハエル・シューマッハの現役時代から個人広報を務めていたサビーネ・ケームさんからメールが届きました。「グルノーブル大学病院を退院。昏睡状態から脱しました」と。

Th__20140616_141049

その後、シューミの入院以来、数々のスクープをものにしてきたドイツ「ビルト」紙が、「シューマッハはスイスの自宅近くの、ローザンヌの州立大学病院リハビリ病棟に転院した」と報じました。

半年近く続いた意識不明の状態からの覚醒。ほとんど奇跡と言っていいと思います。今後の本格的なリハビリが順調に進むことはないかもしれないけれど、ぜひともまたあの笑顔を見せてほしいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

カナダGP翌日のサーキットを走る。

もう1週間前の話ですが、備忘録も兼ねまして・・。

月曜日のパリ便は、夜9時発。大家さんに頼んでアパート明け渡しを夕方5時まで伸ばしてもらったので、午前中はロングランを敢行。

Th_img_4214

まずは近所の公園へ。「泉公園Parc de la Fontaine」という名前通り、大きな噴水が。1周2kmほどでした。

Th_img_4215

のんびり走ってると、うじゃうじゃと言っていいほどリスが走り回ってる。しかも全然人を恐がらない。思わず写真を撮りまくってしまったけど、騒いでいるのは僕だけでした。当たり前だけど、地元の人には珍しくも何ともない光景なわけで・・。

Th_img_4235

そこからサンローラン川沿いをしばらく走ると、こんな建築物が見えてきます。

Th_img_4221「アビタ67」。いつもクルマで通過するだけだったので、間近でじっくり見たいなとずっと思っていたのでした。

Th_img_42241967年のモントリオール万博の際に建設された、戦後を代表する集合住宅建築です。半世紀近い歳月を経ているとは思えない、斬新な建物(住みやすいかどうかは別にして)。

最初は安い家賃の団地だったんですが、世界的に有名になってしまい、その後入居者が買い取ってからは、高級マンションになってるそうな。

1280pxhabitat_panorama

対岸から見ると、こんなふうになってます。

Th_img_4228

そこからコンコルド橋を渡ってサンテレーヌ島に着く頃には、強い日差しに肌がちりちりと焼け、330ccの水1本しか持ってこなかったことを後悔し始めてました。

でもせっかくここまで来たのだからと、ノートルダム島のサーキットまで足を伸ばしました。レース翌日なのに入り口にはまだ警備員がいて、「通行パスは?」とか訊かれたんですが、「え〜関係者です」とか何とか言って、そのままスルー。

Th_img_4234

コース脇には交通標識が立てられて、すっかり公道の雰囲気です。

Th_img_4230

最終コーナーは、撤収作業真っ最中でした。

半周ほど走ったところで、ほとんど朦朧状態。作業中のオジサンに、「どこかに水道ないですか」と尋ねたところ、よほど哀れに思ったのか、

Th_img_4232

冷た〜いオレンジジュースを恵んでくれました。あれがなかったら、行き倒れてたかも。

Th_img_4233

ヘヤピン手前のシケイン外側には、バス停があるんですね。もう20年近く通ってるのに、知らなかった。

Th__20140615_175213

なかなか過酷な24kmでした・・。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

グリッドで、美女がラッパ飲み。

カナダの週末、炎天下で取材したり走ったりしたせいか、ちょっとバテました。

Th__20140612_02201

カナダGP中のお話は、このブログをご覧下さい(サイトはこちらです)。いや〜暑かった。

しかし可夢偉選手の置かれた状況、かなり深刻です・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

印象派の絵みたいなF1・・。

今日のモントリオールは、雲ひとつない快晴に恵まれました。

Th_p1160355

気温も25℃くらいまで上がったけど、それ以上に路面温度が40℃以上に大幅上昇。そうすると、アスファルトの路面に盛大にかげろうが立つんですよね。

Th_2

カメラの解像度が低いこともあって、拡大して見るとほとんど印象派の絵みたいです。

Th_8

そこにF1マシンの排出する高熱ガスも加わって、後ろを歩く人々がパステル画っぽかったりして。いろんな景色を堪能しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

『GP紀行』カナダ篇、お待たせいたしました!

時差の関係もあって、公開が遅くなってしまいました〜。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

この牛肉、最高!

6月だというのに、パリはなかなか初夏らしくなってくれません。

Th_img_1784

でもエッフェル塔に巨大テニスボールが飾られてる風景は、夏っぽいかな(6月は全仏オープンの季節です)。

Th_p1150871

芍薬(しゃくやく)が市場に出るのも、この頃からですね。

Th_img_4194

それから、グリーンアスパラ。知らなかったんですが、野菜は100℃以上で加熱すると、本来の甘味がいっそう出るんだそうな。玉葱を炒めると甘くなるのが、まさにそれ。なのでグリーンアスパラも茹でるのではなく、じっくり炒めるのが正解であると。さっそく試してみると、確かにその通り。特に太い茎の部分が、ものすごく甘い。塩は軽く、パラパラ。パルメザンを薄く切って熱々に載せると、いっそう美味しいです。iPhoneで撮ったので色味が悪いですが、実物は鮮やかな緑でした。

Th_p1140863

そしてメインは、アンガス牛のステーキ。これを味わってしまうと、もうレストランのステーキは食べられないというぐらいの・・。

Th__20140605_172505

売ってるのは、去年の春オンエアした『パリで会いましょう』で撮影させてもらった、パッシー界隈の臓物屋さん。

Th__20140605_172700

あの時も女主人が言ってましたけど、臓物を日常的に食べる人はすっかり少なくなって、ハムやソーセージ、お総菜類を置くようになっていたんですね。で、こないだ通りかかったら、ステーキ用の肉まで売り出してたわけです。

ところがこれが物凄く上質の肉で、値段も普通の肉屋のよりはるかに高いんですが、でももちろんレストランで食べるよりは全然安い。

ワインも、合わせがいがあります。

Th_p1140873

マルベックも悪くなかったけど、ちょっと主張が強過ぎたかも。

Th_p1140294

十分に年を経たクロ・ド・ヴジョが、最高のマリアージュでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

なんとシトロエン公園に、無料ガス水ステーションができてる!

快晴の土曜日。買い物がてら、のんびり夫婦ランでセーヌ川沿いを左岸に渡り、

Th_img_4187

シトロエン公園までやって来ました。気球がぽっかり、のどかに浮かんでます。

Th_img_4185

瞑想中のイスラム教徒のオジサンを眺めながら、公園の外周を走っていると・・・。

Th_img_4190

こんなものを発見。

Th_img_4179

ただの水飲み場にしては、やたらに大掛かり。なんと片方は、炭酸水が出るようになってる。

Th_img_4181

このボタンを押すと、冷た〜いシャワシャワ水が、いくらでも飲めるのですよ。これは、ありがたい。

Th__20140531_164708

この地図の下の四角い部分がシトロエン公園なんですが、ガス水のおかげで元気が出て、1周1kmの外周路を3回グルグル走りました。

Th_img_4183

ちなみに水はタダなのに、隣で売ってる空のペットボトルは、3ユーロ(約420円)。しかも買おうとしてたこの女性、お金を入れたのに何も出てこなくて、怒り狂っておりました・・。こういうところがいかにもフランスらしいツメの甘いところなんですが、でもこのガス水ステーション自体は、実に素晴らしい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »