« フェルメールは『デルフトの眺望』を、ここから描いた(のかなあ)。 | トップページ | ゲホ、ゲホッ。 »

2014年5月 3日 (土)

人生初トレイルは、土砂降り泥まみれランでした。

常々、「トレイルはロードレースより、ず〜っと楽しいよ」と経験者から聞かされてきたこともあり、1週間前の日曜日、パリ郊外の29kmレースに参加しました。標高は200mに満たないし、距離もハーフに毛の生えた程度だしと、気楽な気分で会場へ。

Th_img_40251

ところが着いた直後から雨が降り始め、いっしょに走る仲間と記念撮影する頃にはけっこうな降りに。

Th_img_4028

午前9時スタート。まずは森の中を、ワシワシと上ります。この辺りはまだ路面も固く締まっていて、快調に走れました。

Th_img_4036

そのうち勾配がどんどん急になり、先行ランナーが踏みしだいて行くこともあって、道もどんどんぬかるんで行きます。

Th_img_4037

最初の丘を上り切る頃には、雨も一時止み、

Th_img_4044

お城めがけて、全速力で草地を駆け降りて行きました。何か、楽しいぞ〜。

Th_img_4032

しかし再び、大雨襲来。粘土質の道はどんどんぬかるんで行き、場所によっては泥の濁流が流れていたりして、一気にペースダウン。キロ6分程度で走ってたのが、7分30秒以下に落ちて行きました・・。

Th_img_4045

そんな悪路を、5本指足袋で走るツワモノ発見。ロードに比べるとずっと速度が遅いので、隣のランナーに気軽に話しかけたりできるのも、トレイルのいいところです。

Th_img_4046

20kmを過ぎると、けっこう疲労がたまってきました。こういう路面だとまだ一気に駆け上がる元気が残ってるんですが、泥道はもうダメ。上りはほとんど、歩くようになりました。

Th_img_4049

そんな疲れた身体に鞭打つように、用水路の中をくぐらされました。このトンネルの中の泥の量が、ハンパじゃない。罰ゲーム?

Th_img_4051

さらに公共の洗濯場を1周させる、意味不明の(笑)コース設定。他にも森の中で2ヶ所ほど、こんなところを通過。このトレイルが、Trail des Lavoirs(洗濯場トレイル)と名付けられてる意味が、ようやくわかりました。

Th__20140503_160508

途中のロスタイムを除くと、3時間20分ほどで完走。全行程の半分以上が、泥道だったんじゃないかな。よく転倒もせず、帰り着けたものです。トレイルは童心に帰れたりして、確かに楽しい。でも今度は乾いた道を、思い切り走りたいものです・・。

|

« フェルメールは『デルフトの眺望』を、ここから描いた(のかなあ)。 | トップページ | ゲホ、ゲホッ。 »

パリ暮らし」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

コメント

わあ〜大変で楽しそう!笑
ロードとは大分違いましたか?(次の日の体の感じとか)

公共の洗濯場は、だった所って事ですよね。
トンネルも含めてアトラクションみたいに見えますが、雨の中ですから実際はしんどそうですね。
でも、お写真では緑が多いせいか気持ち良さそうです。
お疲れさまでした!!!

投稿: navii | 2014年5月 4日 (日) 03時57分

因にフェルメールもレンブラントも大好きで、コメントとしてばかりも悪いなーと我慢したりして。ははは。

投稿: navii | 2014年5月 4日 (日) 03時58分

naviiさん、こんにちは。

走った時間はフルマラソンと同じくらいでしたけど、速度が遅い分、身体へのダメージは少ない感じですね。確かに写真で見ると、気持ち良さそう。あれで、泥がなかったら・・(苦笑)。

遠慮なさらず、どんどんコメント下さい^^

投稿: ムッシュ柴田 | 2014年5月 4日 (日) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/59577901

この記事へのトラックバック一覧です: 人生初トレイルは、土砂降り泥まみれランでした。:

« フェルメールは『デルフトの眺望』を、ここから描いた(のかなあ)。 | トップページ | ゲホ、ゲホッ。 »