« オランダのディープな食事たち。 | トップページ | フェルメールは『デルフトの眺望』を、ここから描いた(のかなあ)。 »

2014年4月30日 (水)

オランダは美術館、博物館も、見応えたっぷりでした。

3泊4日のあわただしい旅でしたが、美術館、博物館もできるだけ見て回りました。

Th_p1130806

まずは何年もかけた全面改修工事が終わったばかりの、王立美術館。

Th_p1130814_2

バカンス中は世界中から来館者が押し寄せると聞いてたので、ネットで事前にチケットを取り、さらに朝イチで入館。

Th_p1130820

それでもレンブラントの『夜警』の前は、この有り様。

Th_p1130832

フェルメールも、然り。

Th_p1120452

写真撮り放題はありがたかったですが、禁止されてるストロボがバシャバシャ発光しまくってました。作品保護のために、遠からず撮影はできなくなるでしょうね・・。

翌日はデンハーグで『デルフトの眺望』、『解剖学講義』などなど、フェルメール、レンブラント三昧でした(こちらは写真撮影禁止)。昔はフェルメールの実物を見に、あちこち夢中で行ったものですが、年を取るとレンブラントの方が心に沁みます。特に晩年の自画像。
Th_p1140069
昼食を挟んで、エッシャー博物館へ。だまし絵で有名な画家ですよね。

Th_p1140045

邸内のいたるところに下がってるシャンデリアが、素敵でした。

Th_p1140052

遊び心、満載。

 

そこから隣町のデルフトへ。

Th_p1140110

デルフト焼きの工房見学です。

Th_p1140102

17世紀の食堂を再現した部屋。まさにデルフト焼きが置かれるにふさわしい、佇まいでした。

Th_p1140104

『夜警』を、実物大で再現した大作。その前に群がる、日本人観光客。入場者の優に3分の2は、日本人だったんじゃないかな〜。

そして再びアムステルダムに戻り、

Th_p1130971

アンネ・フランクが2年間隠れ住んだ家を訪問しました。

Th_p1130979

今回の旅の大きな目的のひとつが、娘にこの家を見せることでした。パリに戻る途中、「ここが一番、印象に残った」と言ってましたから、何か感じてくれたことでしょう。何よりお父さんも、歴史に翻弄された少女、家族でただ一人生き残った父親のことに、しばらく思いを馳せたのでした。

|

« オランダのディープな食事たち。 | トップページ | フェルメールは『デルフトの眺望』を、ここから描いた(のかなあ)。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/59561559

この記事へのトラックバック一覧です: オランダは美術館、博物館も、見応えたっぷりでした。:

« オランダのディープな食事たち。 | トップページ | フェルメールは『デルフトの眺望』を、ここから描いた(のかなあ)。 »