« 『風立ちぬ』、パリでも公開です。 | トップページ | 久々の雨ラン。 »

2014年1月15日 (水)

愚直なほどのシャトー・スータール。

冬のバーゲンで、大ぶりのワイングラスを購入。となれば、ちょっといいワインを楽しみたい。セラーをごそごそ探って、これを引っ張り出してきました。

Th_p1090899

1985年のシャトー・スータール。サンテミリオンというと、メルロー主体で優しい味わいのイメージがありますが、こいつはそれとは対極です。20数年前にボルドーまで買いに行って、その10年後に抜栓した時には、色は深い紫色で、一口含むとものすごく苦い!いつまで経っても開いてくれず、降参した記憶があります。

29年目の今年は、どうか。色は深いルビー色。いささかもレンガ色の気配はない。空気に触れた一瞬あとから、落ち着いたベリー系の香りが広がる。口当たりはまろやかで、余韻は十分過ぎるほど長い。文句も言わず、少しずつ愚直に熟成を重ねてきた感じながら、まだ十分に若い。一体、ピークはいつなんだろう!?

Th_p1090895

お供はシンプルに、生ハムとモンドール。二人で一本、あっさり空いてしまいました。

|

« 『風立ちぬ』、パリでも公開です。 | トップページ | 久々の雨ラン。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

パリ暮らし」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/58948857

この記事へのトラックバック一覧です: 愚直なほどのシャトー・スータール。:

« 『風立ちぬ』、パリでも公開です。 | トップページ | 久々の雨ラン。 »