« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

久しぶりでした、パリ・ワイン市。

Th_p1090483

2年、いや3年ぶりぐらいかな〜。海外出稼ぎが長引いてずっと行けなかったワイン市に、久しぶりに出かけてきました。

Th_p1090486

会場は以前と変わらず、ベルサイユ門にある見本市会場の、一番奥の建物。おやおや隣の会場に、クルーザーが搬入されてますよ。

Th_p10904871

これまた相変わらず雑然とした、しかしウキウキする会場内。変わったのは、日本人以外のアジア人の姿が多くなったことでしょうか。特にタイとかベトナムとおぼしき、東南アジアの人たちを、あちこちで見かけました。

Th_ly25u

昔は、「お、金メダル受賞のワインだ。買わなきゃ」な〜んて思ったこともありましたが、

Th_p1090526

今は並んでる人たちの脇からあれこれ試飲させてもらいながら、

Th_p10905091

造り手の話をのんびり聴くのが、楽しみになりました。

Th_p1090498

そして昼の大混雑の前に、サンドイッチ屋へと急ぐ。

Th_p1090490

どうです、このボリューム!例年はフォアグラサンドイッチを注文してたんですが、急激な円安のせいで1本1400円もする(!)ということもあって、今回は鴨のリエットをいただきました。

Th_wcwdr

このアルザスの造り手ご夫婦も、話してて楽しかったな〜。以前もここでリースリングを購入したんですが、今回も早呑み用の2011年を少しいただいて帰りました。手前にアンモナイトの化石を並べてるように、石灰質の土壌。でもミネラルな硬質な感じだけじゃなくて、ふわっとした豊かさもあるワインでした。

なかなか訪問できない生産者の顔を見て、彼らの作ったワインについて語り合えるのが、このワイン市の最大の魅力ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月25日 (月)

ランニングを続けてて、よかったなあと思うこと。

土曜日は、1日中雨でした。

Th_p1090101

もう、ビショビショでしたね〜。

Th_p1090069

青いラインの入ったタイヤは、溝が深く切ってある「大雨用」です。1年のうち、そう使う機会はありません。みんな、滑りまくってました。

Th_p1090179

で、その晩は、最終戦恒例「RunThatTruck(あのコースを走れ)」の表彰式兼お疲れさまパーティが開かれました。今シーズン、世界各地のサーキットを走ってきたメンバーたちの、慰労会ですね。

Th_p1090185

正面の大型スクリーンには、1年の激走を物語る写真が、映し出されてます。

Th_p1090225

僕もあちこちで、写ってました。

Th_p1090200

メディアセンターで後ろの席に座ってた英国BBCのジェニー嬢が、夕方から念入りにお化粧してたのは、この会の司会を仰せつかってたからなんですね。

Th_p1090263

今年の総合チャンピオンは、この人。チーム・マルシアのフィジカルトレーナーです。2位以下をぶっちぎりに引き離しての、タイトル獲得でした。スイスUBS銀行がスポンサーをしてるので、トロフィは牛のベルですhappy01

Th_p1090231

このランニングイベントは、Make-a-Wishという難病の子供たちを支援する組織と連携してまして、僕らが走って結果をネット上に登録するたびに、UBS銀行が代わりに寄付してくれる、太っ腹な仕組みです。今年は総額361800ドル(!)を寄付したんだそうな。

Th_p1090235

時には子供たちを、グランプリに招待したり。

Th_p1090210_2

僕らはただ走ってるだけですが、それでも少しは人の役に立ってると思うだけでうれしい。おまけにサーキットを走るうちに、ずいぶんいろんな仲間もできたし。

Th__20131125_154641

今年は全部で16のサーキットを、計57周。距離にして311,67km走りました。総合7位。

Th_p1090180

マルシアのチーム代表ジョン・ブースと、最後まで6位争いをしたんですが、わずかに及びませんでした。残念!来年は、リベンジだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

パパになったよ。

金曜日にサーキットに行くと、旧知のブラジル人ジャーナリストが顔中笑顔状態で近寄ってきて、「3日前に、パパになったんだ〜」と報告会を始めました。

Th_p1070791

本来の予定日は2週間後で、「シーズン終了後で良かった」と思ってたら、アメリカのレースから帰国したばかりのサンパウロの空港で「すぐに生まれる〜」と連絡があり、タクシーをすっ飛ばして病院に駆けつけたんだそうな。

男の子で、名前はジョアン。彼が左目を引っ張ってるのは、奥さんが日系3世だから。息子は日本人らしさを十分受け継いでるようで、それがいっそううれしいみたい。よかったね、フェリペ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月23日 (土)

『グランプリ紀行』今季最終戦ブラジルGP篇ですよ〜。

今回はフェラーリの浜島エンジニアに、ご出演いただきました。

いや〜1年長かった。来月はもう、師走ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

あ〜、アメリカって感じ。

日本人のイメージするアメリカ像って色々あると思うんですが、テキサス州で目にするアメリカは、間違いなくその中のひとつなんでしょうね。

Th_img_3486

カウボーイハットの美女たちとか、

Th_p1070425

バービーちゃんみたいなチアガールとか。

Th_p1070401

ドライバーズパレード用に準備された50、60年代のアメ車も、見事なものでした。

Th_p1070400

ね。

Th_p1070404

このノー天気なほどの色遣い。

Th_img_3479

土曜の晩は、生まれて初めてウェンディーズに行きました。

Th_pb179439

店内は閑散としておりましたが、陽気なメキシコ人店長と、なぜか写真撮影会に(笑)。

ケネディ大統領が暗殺されたちょうど50年目の11月にテキサス州に滞在したのも、何かの縁かもしれませぬ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

テキサスを走る。

テキサス州の州都オースチンに来てます。

Th_p1070329

今週末は合計6回、この坂道を駆け上がりました。

Th_p1070244

長さはせいぜい300mほどなんですが、勾配がきついですからね。そのうち慣れるかと思いきや、最後まできつかったです。

Th_img_3472

でもなかなか快適な、ランでした。

Th__20131116_215644

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月15日 (金)

『グランプリ紀行』テキサス篇ですよ。

アメリカ〜って感じです。いつもより早く到着し過ぎたからか、サーキット周辺にF1らしさが全然なかったのが、ちょっと残念でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

フランスも、美魔女ブーム?

フランスの週刊誌『ヌーベル・オプセルヴァトゥール』が、こんな派手な特集を打ってたので、つい手に取ってしまいました。

Th_img_3465

sexyとsexagenaire(60代)を組み合わせて、「セクシーな60代」。「恋愛、仕事、趣味。60歳で、何でもできる」という欲張りなキャッチです。表紙がファニー・アルダンというのも魅かれました(トリュフォー晩年の恋人です)。

でも残念ながら中味は、60代で若々しく活躍してる各界の有名人を紹介してるだけの、甚だ新味のないものでした。

ヌーベル・オプセルバトゥール(略称ヌーベル・オプス)は、かつてフランス左翼の拠り所ともいうべき雑誌で、全盛期の影響力は物凄いものがありました。名物編集長のジャン・ダニエルが来日した折りには、学生だった僕も講演会を聴きに行ったりしたものです。

でも90年代以降はすっかり普通の雑誌になってしまい、ほとんど読まなくなってました。「セクシーな60代」にまんまと引き寄せられた僕が大きなことは言えませんが、昔日の面影はもはやありません。64歳になったファニー・アルダンが元気で綺麗なのを確認できたのは、何よりでしたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

73歳で、サブ3って・・・。

こないだ何の気なしに、世界マスターズ陸上のランキングを見ていたところ・・・、

Th__20131108_81721

フルマラソン部門のM70(70〜74歳)、M75(75〜79歳)、M80(80〜84歳)の3部門を、すべてエド・ウイットロックという人が制してる。しかも完走タイムが、冗談じゃないほどハイレベル。どんなジイサンかとググってみたら(こちらです)、

「1931年生まれのカナダ人。40代でランニングを再開し、69歳で2:52:47、2004年には73歳で2:54:48のタイムを出す。70代でサブ3を達成したランナーは、その後も地球上に彼一人」

なんだそうな。

Screen_shot_20111104_at_111751_pm

現在、82歳。まだ元気に走りまくってるようですから、3年後にはM85(80〜84歳)の記録更新も間違いなさそうです。年取ってもこんなに走れるってのは熟年ランナーの励みになるけど、ここまでやられるとねえ・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 2日 (土)

アブダビ「水パイプ喫茶」は、こんなところでした。

Th__20131102_220518

「白モスク」。本当に壮麗、優美な建築物でした。

Th__20131102_220934

こういう建物とアラビア文字の美しさには、どこか通じあうものがありますね(って、何もマクドナルドの看板を写さなくてもいいんですが)。

ここからは、動画では紹介しきれなかった画像を元に、「水パイプ喫茶」の紹介をば。

Th__20131102_220102

ちょっと露出オーバーですが、店内はこんな感じです。

Th__20131102_220028

中東では当然のことながら女人及びアルコール禁制で、オジサンたちのお茶を飲みながらの歓談の場です。

Th__20131102_220416

ボトルキープならぬ、パイプキープ。

Th__20131102_220403

煙草の葉に、色んなフルーツや香料を混ぜて、こね合わせる。それをパイプの上に載せて、燃やすわけです。

Th__20131102_220855

ぶくぶくと水の中を通過するので、冷たくておいしい煙が吸えると。

Th_

この店に限らず、下働きのお兄ちゃんは、ほとんどがパキスタンやインドネシアから出稼ぎに来た人たちです。

Th__20131102_220136

皆さん、やたら楽しそうでしたね〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

『グランプリ紀行』アブダビ篇です〜。

フェラーリワールド、F1とテーマパークの好きな人には、たまらないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »