« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月30日 (金)

酷暑の麺対決

備忘録を兼ねまして。

一時帰国中の日本。あれだけ暑いと、どうしても麺に食指が伸びました。

Th_dscn9865

まずは東京中央郵便局の地下街にある「つるとんたん」。関西のうどん屋さんです。夕方以降は、すごい行列でした。

Th_dscn9862

この写真だとわかりにくいですが、普通のどんぶりの2倍くらいの大きさ。明太子がどっさり入った、卵とじ風あつあつうどん。

Th_dscn9979

続いて柴又帝釈天近くにある、「日曜庵」。

Th_dscn9980

週末だけ営業の、まったりした雰囲気の蕎麦屋さんです。

Th_dscn9972

とてもおいしかったけど、おろしせいろが1400円はちょっと高かったかな・・。

Th_dscn9823

あとは以前紹介済みの銀座のイタメシ、ズワイガニと絹皮なすのペペロンチーノとか、

Th_dscn9930

新大久保「ハレルヤ」のビビン冷麺とか。

Th_dscn9904

フランスから持って行ったパルミジアーノを使った、自家製カルボナーラとトマトパスタのハーフ&ハーフとか。

Th_dscn0022

個人的にイチオシは、銀座「佐藤養助」の昼定食うどんでした。

Th_dscn0020

腰の強い讃岐うどんも好きですが、さらっとした稲庭うどんはもっと好き。以前からここのうどんは家で食べてたのを、銀座に直営店があるのを教えてもらって、出かけた次第。この日は、梅おぼろうどんをいただきました。1100円。堪能です。お酒を飲みながらの、夜のコースもよかったです。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月28日 (水)

芸術橋が、ますます大変なことになってる・・。

火曜日のパリは、薄曇り。

Th_img_3194_4

朝9時から走り始めても、涼しくて快適でした。最近は、セーヌ川沿いにできたばかりの遊歩道を走ることが多いです。

Th_img_3196

グラン・クリュまで飲める(笑)!

Th_img_3191

遊歩道が切れたところから、いったん右岸に渡ってチュイルリー公園を通り、芸術橋経由で再び左岸へというのが、最近のパターン。その芸術橋が、なかなかスゴイことになってました。

Th_img_3190

2、3年前ぐらいからかなあ。カップルたちが橋の金網に錠を付け始めるようになったんですが、それが今や隙間も見えないほどのびっしり状態。

Th_img_3192

街灯まで、鈴なりです。「二人の心は、永遠に離れない」というココロ?最初はパリ市の職員がせっせと切っては、廃棄してたようなんですが、どうやらあきらめたみたいです。

Th_img_3193

近辺の錠前屋は、さぞホクホクでしょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月24日 (土)

地獄のオールージュランニング。

この土曜日。6月のカナダ以来の、グループランニングが開催されました。なにしろスパ・フランコルシャンは、全19戦のGPサーキット中、最長の7,004km。そして何よりオールージュの急坂に代表される、アルデンヌ山中を上がったり降りたりする過酷なコースです。

Th_img_3178

だからなのか、集まったランナーは体つきの引き締まった精鋭ばかりという感じ。

2_2

たとえば、この人。マクラーレンのジェンソン・バトン担当データエンジニアなんですが、なんと北京オリンピックのボート競技銀メダリスト。そしてオックスフォード出身の、文武両道のイギリス人です。今はバトンのチーム「一番」で、トライアスロンにも出てます。

Photo

ちなみにこの「一番」ウェア、なかなか凝ってて、背中側は漢字が裏返しになってる。外人には理解しにくいと思うけど、ジェシカ嬢のこだわりなのかも。

今回は残念ながら、バトン・ジェシカカップルは参加せず。でも代わりに、というか、

Th_xlwuk

髪を金色に染めたセバスチアン(ベッテル)が来てました。普段も時々サーキットを走ってますが、僕の知る限りグループランは初参加じゃないかな。

3_2

それからこの二人は、天気予報会社「メテオフランス」からF1に派遣されてる技術者たち。右側のパトリックは、ピレネー山脈のトレイルなんかに参加してる猛者です。

そのパトリックが、「7時15分には雨が降るから、その前にゴールした方がいいよ」と。ええ〜、30分で完走は、無理でしょ。

Th_img_3180

などと言ってるうちに、6時45分スタート。みんな1コーナーに向けて、猛然とダッシュです。

Th_img_3183

でもすぐに、魔のオールージュが立ちはだかる。まだ1kmほどしか走ってないんですが、すでに歩いている人も。上り切ったところでは、その数が3倍くらいになってました。この後もさらに2km近く、われわれをあざ笑うように、だらだらと登りが続きます。

その後は、ず〜っと下り。長く続いたふくらはぎの痛みからほぼ解放された僕は、苦しいけどうれしいと思いながら走ってました。

Th_img_3185

すると終盤、下り区間で完全に置き去りにしたと思っていたザウバーのエンジニア、フランチェスコが逆襲してきたではありませんか(去年まで、可夢偉くんの担当エンジニアでした)。

しばらくは並走してたんですが、

Th_img_31861

ゴール間近のスパートで、あっという間に離されてしまいました。参った。これぐらいみごとな戦略を、レースでも発揮したらいいのに(と、負け惜しみ)。

Th_img_31881

タイムは、36分27秒。平均ペース5分14秒/km。120人中60位という成績でした。あ〜、楽しかった。

で、雨が降ったのは、7時半でした。惜しい!

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月23日 (金)

できたてホヤホヤの、『グランプリ紀行』ベルギー篇ですよ。

ベルギーといえば、ビールとフリット。相変わらず、おいしかったです。

F1ファンに声をかけたら、今回もオランダ人でした。オランダ人は、熱いな〜。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

なぜか『ハレルヤ』という名の韓国料理店。

これまた体調不良になるずっと前に出かけた、新大久保の韓国料理店。

Th_dscn9920

Mon Bijou『私の宝石』という、忘れ難い(笑)名前のホテルをぐるっと回り込むと、この店が現れます。今回連れてってくれたminmin家いきつけの、知る人ぞ知る有名店だそうです。

Th_dscn9923

一歩中に入ると、完全なる韓国空間。

Th_dscn9925

まずは壺マッコリで、乾杯。素焼きの杯が、シードルみたいでした。

Th_dscn9927

手始めに、牛タン。

Th_dscn9928

続いて分厚い豚バラをジュウジュウ焼いたのを、サラダ菜に包んで食べる(名前、忘れました・・)。

Th_dscn9930

ビビン冷麺も、とてもおいしうございました。

Th_dscn9936

その後はminmin家に、遅くまでお邪魔してしまい。毎度のことながら、今回も素晴らしいワインばかりでした。特にロワールのLa Lune。味わうごとに、めくるめく変化を見せてくれて、ただただ堪能でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

朝10時半から、寿司ですか〜。

具合が悪くなる数日前に、池袋に出かけた時のこと。

Th_dscn9952

西武にあるこの店がおいしいというので、昼食を取ることに。

Th_dscn9949

ところが朝の10時半で、この行列ですよ。左奥から始まって、われわれの座る手前で折り返して、右側にズラ〜。その先の廊下まで、行列は延々と伸びています。

Th_dscn9951

さいわい30分ほどで、店内に入れました。

Th_dscn9955

中はごく普通の、回転寿司屋さんです。

Th_dscn9959

でも出てくる寿司がなかなか意欲的、

Th_dscn9957

かつ安く、

Th_dscn9965

鮮度抜群。

Th_dscn9962

一応目の前をネタがぐるぐる回ってるんですが、うちも含め殆どのお客さんが板さんに注文して、出来たてを食べてました。

Th_dscn9963

たらふく食って一人1500円は、かなり満足度高し。激混みなのも、当然かと。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月15日 (木)

看護婦さんの働きっぷりに、深謝。

いまだに「看護師」という呼び方に慣れず、ここは「看護婦」で通させていただきます(以前のように女性を看護婦、男性を看護士でいいと思うんですが・・)。

連日の猛暑。

Th_dscn9915

元気なつもりでも、知らないうちに身体が参っていたんでしょうね。家人が腹痛を訴えて、救急病院に連れて行きました。

2013081511250000_2

通常の医院はどこも休みで、なので病院内は患者さんでごった返してる。その中を看護婦さんたちが、文字通り縦横無尽に動き回って、お医者さんたちをフォローしてました。うちを担当してくれた看護婦さんも、笑顔を絶やさずにてきぱきと。先生の的確な処置もあって、おかげでその日のうちに帰宅できました。

日本で総合病院に行くと、必ずといっていいほど受付や看護婦さんに横柄な口をきく人に遭遇するけど、彼女たちの優しさがいかに希有なものか、一度フランスの病院に行ってみた方が(笑)。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月10日 (土)

懐かし〜、沖縄のシーサー。

沖縄旅行から2ヶ月が経ち、工房でこしらえたシーサーが嫁の実家に届きました。

Th_dscn9898

右から僕、嫁、娘作。それぞれ本人に似てるというか、個性が出ております。

Th_dscn8817

粘土と格闘したのが、昨日のことのようです。でき上がると、窯で焼いて届けてくれるのですね。

Th_dscn8860

石垣島の民家の屋根には、

Th_dscn8755

個性溢れるシーサーが溢れていて、見ていて本当に飽きませんでした。

Th_dscn8862

もともとは瓦職人が、余った漆喰をこねて作ったのが始まりだとか。

Th_dscn8750

泡盛を抱えたシーサーもいます。

Th_dscn8748

こちらは、サイバラ風?

Th_dscn8751

これでも魔よけ、なんでしょうねえ、きっと。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 5日 (月)

日本のイタ飯、相変わらずレベル高し。

家族の記念日を、イタ飯屋で祝いました。

Th_dscn9815

いきなり食前酒をサービスしていただき、恐縮。シェフのお任せコースというのをいただきました。

Th_dscn9816

アミューズ(付き出し)は、蒸した鮎魚女(あいなめ)。

Th_dscn9818

前菜には、大粒のホタテが出て来ました。

Th_dscn9823

そしてパスタは、ズワイガニと絹皮なすのペペロンチーノ。

Th_dscn9830

魚料理は、函館直送の鱈の上に、肉厚の雲丹がどっさり。

Th_dscn9832

メインの肉は、泥豚ロースの網焼きでございました。右側のパルメザンチーズみたいなのは、フォアグラを凍らせて、粉末に(!)したもの。

Th_dscn9838

デザートの時には、「おめでとう」の絵文字に生花まで添えていただき。

Th_dscn9820

ワインリストにハーフボトルの選択肢がないのはちと残念でしたが、これで5000円は非常にコストパフォーマンス高いです。

Th_dscn9847

ありがとうございました。

Il Pinolo
東京都中央区銀座7-8-7 GINZA GREEN 9F
TEL. 03(5537)0474 FAX. 03(5537)0475

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 3日 (土)

こんな偶然も、時にはあるかも。

夏休み。一時帰国中です。

Th_dscn9853銀座の某店内。美男美女スタイル抜群の店員たちも含め、見事に空虚な異空間でした。

Th_dscn9849

この店の前で、フィレンツェに住んでる古〜い友人にばったり。信号の向こうで、僕に気付いて急いで渡ってきたと。最後に会ったのは、10年以上前?よりによって、こんなところで、まあ・・。80年代、いっしょにF1に通ってた仲間です。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »