« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月29日 (土)

「F速ブログ」。

グランプリ開催中のブログは、こちらにも違う内容のを上げてます。どうぞ、ご覧下さい(サイトは、こちらです)。

Th__20130629_105733

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月28日 (金)

シルバーストン村、ほんとに何もないところでしたね〜。

3週間前のカナダGPに続いて、今回はイギリスGPの動画を上げてみました。

前回よりはちょっと手が込んでるかなあとは思うんですが、これから少しずつ、よりよいものにしていこうと思ってます。

ということで、動画の中で説明しきれなかった部分を、ちょっと補足します。

Th__20130628_182832

パリからロンドンへはここ数年、格安航空の老舗EasyJetで飛んでます。冒頭の雲ばかりの空撮シーンは、ドーバー海峡の上空です。晴れてると、ほんとにきれいなんですけどね(涙)。でも降下を始めたら雲が引き始め、イングランドの風景が顔を出してくれました。

Th__20130628_183706

で、シルバーストン村。25年間、イギリスGPに通ってて、サーキットの名前の由来となったこの村をちゃんと歩いてみたのは初めてでした。

Th__20130628_183727

ちょっとケルトっぽい教会が村の真ん中にあって、その周りに民家が数十軒並んでるだけ。店もパブも、何もない。

Th__20130628_183801

入り口に立ってるこの記念碑は、なかなか凝ったものでしたが。

Th__20130628_184157

それから最後に出て来たフィッシュ&チップスは、中国人夫婦が作ってくれたのでした。北京から来たそうで、英語もかなり怪しいのに、一生懸命店を切り盛りしてる。揚げたてで、おいしかったです。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年6月25日 (火)

セーヌ沿いの自動車専用道が、遊歩道になってる!

たまにはいつもと違うコースを走ってみようと、アルマ橋からセーヌ川の左岸に渡ってみると、Th_img_3025 な、なんと片側2車線の自動車専用道路が、いつのまにか遊歩道になってるじゃないですか。

Th_img_3026

緑に囲まれて、みんなのんびりと寝そべってたり、

Th_img_3011

アレクサンドル3世橋の下には、カフェテラスができてたり、

Th_img_3017

100m走のレーンで競争してたり。

Th_img_3024

ヴェリブのステーションまで、できてました。

Th_img_3021

道端は、草ぼうぼう。つい最近まで、クルマがガンガン通っていた面影はもはや完全に消えてます。

この自動車専用道路、パリ市内の渋滞を解消しようと、1960年代にポンピドー大統領が建設したもの。なので「ポンピドー・エキスプレス」と呼ばれてます。川を挟んだ反対側には、上り車線がまだ残ってますが、ドラノエ・パリ市長はこれも廃止する予定なのかなあ。

Th_img_3027

最近オートリブで川の近くを走ってて、以前より渋滞がひどい印象を受けてたのは、そういうことだったのかと。確かに遊歩道は、歩いたり走ったりすると、すごく気持ちのいい空間です。でもクルマで移動してる時は、渋滞は勘弁してほしい。おそらくかなりの反対もあっただろうに、それを押し切ってやってしまう行動力はスゴイです。

Th_img_3022

個人的には、川面に映るパリの夜景を眺めながら、この自動車道を走るのが好きでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月23日 (日)

気持ちよく走れた"l'Equipe10km"レース。

今日はパリ市内の10kmレースを走りました。フランス唯一のスポーツ紙「レキップ」の主催するレースです。

Th_img_2993

6月下旬というのに、午前中の気温はせいぜい15℃ほど。暑いレースが苦手な僕には、大助かりのコンディションでした。

Th_img_2996

今回はかなり希望的目標タイムの、「45分」枠で出場。1km4分30秒ペースですから、今の僕にはほとんど手の届かないタイムです。

Th__20130623_221212

結果は、48分07秒。タイム的には、もうちょっと。でも自己ベストも更新できたし、ラストスパートもできたから、ま、いいかと。今まで苦しいイメージしかなかった10kmレースですが、今回はわりと気持ちよく走れました。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

「TOYO」さん、再訪。

久しぶりに、「TOYO」に出かけました。

Th_dscn2788_2

開店祝いにKenzoさんが描いてくれたシェフの肖像画を眺めつつ、店内へ。

Th_dscn2764

うちは予約の際、いつもカウンター席を頼みます。それもToyoさんの調理をかぶり付きで見られる、左側の席です。

Th_dscn9066

今日はちょっと奮発して、前菜二品、メイン、デザートのコースにしました。まずは、つき出し(amuse-bouche)。(おそらくイエナの市場で買った)水菜や油菜に、コンソメスープをかけていただく一品。

Th_dscn9068

前菜その1は、子牛のカルパッチオ。シャンピニオンをかんなで削って、その上にとろろ昆布をたっぷり。

Th_dscn9070

前菜その2は、ほたるいかと春野菜の盛り合わせ。左の輪切りになってるのは、軽く焦げ目をつけた黄色いきゅうり。上からかかってるそぼろみたいなのは、さて何でしょう。正解は、カラスミでした。いやいや、絶妙の取り合わせでした。

Th_dscn9071

牡蠣に目のない嫁は、グリルしたのを5個も出されて大喜び。

Th_dscn9082

いかにも新鮮そうな食材が目の前にズラリと並んでて、それらが調理されていくのを眺めるのも、楽しいものです。

Th_dscn9078

メインはサーロインステーキを、さっと炙ったのにしました。ソースは、アンチョビかと。焼き加減、塩加減、ともに素晴らしかったです。上にかかってるのは、生のカリフラワーをかんなで削ったの。見た目も触感も、面白い。

Th_dscn9080

嫁のは上品そのものの、ひれ豚カツ。

Th_dscn9073

ランニングを終えたばかりだったので、ワインはサンセールのグラスで我慢しました。

Th_dscn9086

デザートはチラミスと、

Th_dscn9087

ハーブティの一種ヴェルヴェーヌのゼリーで包んだフルーツサラダ。

Th_dscn9088

今日のコースが、一人49ユーロ。しょっちゅう来れないのが残念ですが、来るたびに実に満足度高し。Toyoさんの人柄もあって、ゆったりなごみました。

TOYO

  住所: 17 Rue Jules Chaplain, 75006 Paris, フランス
電話:+33 1 43 54 28 03
      
 

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

懲りずに、ベアフット・ランニング。

Th_img_0042

パリもここ数日、ようやく初夏らしい陽気になってきました。

Th_img_2950

来週はパリ市内を走る10kmレースもあり、ボチボチ走り込んでます。

実はカナダ出張の折り、ぺたぺたにソールの薄いランニングシューズを買いまして。スペインで裸足で走ってひどい目にあってるのに(こちらです)、「のど元過ぎれば」というか、「○○につける薬は・・」というか。

Th_img_2957

ほとんど、地下足袋ですね。どれぐらいソールが薄いかというと、チュイルリー公園の土道を走ってて、直径数ミリの小石の感触が、足の裏で感じられるほどです。

初日は3kmほど走っただけで、ふくらはぎの下がぱんぱんに張ってしまい、筋肉痛でした。2日目以降、少しずつ慣れてきましたが、今までやってたつもりだったツマ先(付近)着地が、全然できてなかったことを痛感する日々です。

今日は何とか、12km完走。でもどんなに速く走ろうとしても、1km5分は切れない。ぺたぺた、派手な音がするし・・・。

Th_img_2970

セーヌ川沿いの「鯉のぼりの船」に、今日はご家族がくつろいでました。今度会ったら、挨拶してみようかな。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月14日 (金)

フランス人は、日本をこんな風に見てるんですよ。

隣の部屋でパソコンを見てた娘が大笑いしてたので、何だろうと覗きに行ったら、こんなのをやってました。

Cyprienシプリアンという主にネットで活躍してる芸人の、「日本」というコント。憧れの日本に初めて旅した体験を、綴ってます。

フランス語だけではわかりにくいところだけ、蛇足ながらちょっと説明を・・。

Th__20130614_220436

「日本女性は、白い肌こそが理想。だから日焼けを、極端に嫌うんです。外出の際には必ず、長い靴下を両腕に着ける」。

「そして信じられないだろうけど」

Th__20130614_220459

「こんな巨大バイザーで、顔全体を覆ってしまう」。

Th__20130614_220626

「ルークや、お前の日本のおばあちゃんだよ。シュ〜」。

Th__20130614_221633

「そして東京の街角では、動物の着ぐるみを来た若者たちが普通に歩いてます。イヤ、ほんと」。

そして最後に、

Th__20130614_221910

「そんな中、どうしても理解できないことがひとつだけありました。どうして日本人は、トイレと洗面所をひとつの器に組み込んでしまったのか」。

Th__20130614_221844

そういって、ウォッシュレットの水を呑んで見せる。なかなか体当たりのコントです。ある種の日本への愛が感じられて、僕はなかなか楽しめました。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

パソコン・インターネット, パリ暮らし, 文化・芸術, 映画・テレビ, 芸能・アイドル | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

モントリオールに住んでもいいと思うのは、新緑の季節しか知らないから?

月曜日は、朝7時前に起床。青空が見えてるのを確認してから、走りに行きました。

Th_img_2927

コースは走り慣れたモン・ロワイヤル(王の山)への往復です。以前も書いたことありますが、モントリオールMontreal(フランス語でモン・レアル)という地名の由来となった山ですね。

Th_img_2929

人口160万のカナダ第2の大都市のど真ん中に、こんな緑豊かなランニングコースがある。素晴らしいです。

Photo_2

ちょっとトレイルっぽいところもあるし。

P1020490

そのまま下って行けば、街の中心部を抜けてセントローレンス川にぶつかり、水際を延々と走れるし。

Th__20130611_234430真冬は連日氷点下20℃だよと、地元の人に脅かされるけど、6月のモントリオールは本当に素敵な町です。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

美しいグランプリのまま、終わるはずだったのに・・。

Th_img_0379土曜日までのジメジメ天気がウソのように、決勝日は爽やかに晴れました。

Th_img_0378

例年に比べると、まだかなり寒いですけどね。昼過ぎで、ようやく20℃を超えようかというぐらい。

Th_img_0377

でもお客さんは、どっさり。金網のこちら側から見てても、ワクワク感が伝わってきます。

Th_img_0341

ひいきにしているボッタスが予選3番手という快挙を成し遂げたので、1−2コーナーでスタートを見ることにしました。

Th_img_0342

ほとんどのカメラマンはこんな風に、コーナーのアウト側からにょきにょきと望遠レンズを突き出して、スタートの光景を追います。

Th_img_0340

でも我らが熱田カメラマンは、イン側に陣取って超広角レンズで一味違った写真を狙ってる。やるね〜。

Th_img_0349

スタート!

Th_img_0355

ボッタスは1コーナーに達する前に、すでにロズベルグに抜かれ、その後ウェバー、アロンソと、次々にあっさりかわされて行きます。雨を味方につけて3番グリッドは獲得したものの、晴れのレースだとクルマの非力さがもろに出てしまうんですね〜。

Th_img_0393

結局14位完走が精いっぱい。昨日の予選後はどっさりジャーナリストが押し寄せたのに、今日のレース後は僕を含めて3人だけ。いつものこととはいえ、厳しい世界です。でもこのフィンランド人は、遠からず必ず上に這い上がってくるはずです。

Th_img_0343

それにしても残念だったのは、レース終了間際にマシン撤去作業中だったマーシャルが、クレーン車に轢かれて亡くなってしまったこと。しかもイギリスの某写真通信社は、観客が撮った事故写真を買い取り、ネットに上げてる(怒)。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

BonjourとBon Matin。

Th_img_0238相変わらず寒々しい、モントリオールです。

Th_img_0243

6月というのに、午前9時の気温15℃って・・。幸い今朝は、雨は止みましたけど。

Th_img_0225

われわれは毎朝、このゲートをくぐって出勤です。今朝、ここを通りながら「Bonjourボンジュール」と挨拶したら、「Bon Matinボンマタン」と返されました。モントリオールにはかれこれ20年以上通ってるけど、初めて聞く挨拶でした。

Th_img_0232

「それはボンジュールと、どう違うの?」と訊いたら、「両方使うのよね」とのことでした。

Th_dscn9057

プレスルームの受付で訊いても、同じ答えでした。カナダフランス語は英語の影響をかなり受けてるみたいなので、Good Morning→Bon Matinなのかなあと。シロウト考えですが。

それにしてもモントリオールの女性は皆明るくて、オジサンはなごみます。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

GP開催地を動画で紹介〜。

仕事をいただいてる編集部から、「せっかく世界中あちこちに行ってるんだから、GP開催地を動画で紹介してくれませんか」という依頼をいただきました。

権利の関係でサーキット内の動画撮影は厳禁なんですが、その周辺までは大丈夫。ということで今回は、モントリオールのホテル界隈から地下鉄に乗って、サーキットのある島までの紹介ビデオを制作しました。

 

冒頭シーンは、空港から市内に行く夜行バスの車内です。

Th__20130607_134400

そして翌朝、サーキットに向かう道中を、ゆる〜い感じで紹介してます。

個人的には、おまけで最後についてる、

Th__20130607_134446

チャイナタウン夕食篇が、

Th__20130607_134509

一番面白かったですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

速い、安い、超簡単!ぼかしアプリのAfterFocus。

肌身離さず持ってるiPhoneは、確かに便利ですよね。4Sになって画素数が上がってから、デジカメ代わりの役目もかなり果たしてくれるし。ただ料理とかを撮る時に、なかなかきれいにボケてくれないんですよね。

Th_img_7149

たとえば一眼レフで撮ったこれは、ピントが手前に合って、奥がボケてるので、いっそうおいしそうに見えますよね。

Photo

一方こちらのiPhoneで撮った料理は、手前から奥までぴしっとフォーカスが来てて、ちょっと印象が散漫になってます。

Th_img_2886

でもこうすると、手前の肉料理に目が釘付けになりますよね。

これ、AfterFocusというアプリで後処理した写真なんですけど、けっこう自然でしょ。

やり方は、すごく簡単です。

Th_img_2888

最初に「スマート」という自動モードにしておいて、加工したい写真を取り込む。次にフォーカスをくっきりさせたい部分を白い線、ぼやかせたいところを黒い線で、おおざっぱに囲むだけ。あとはアプリが自動的に境界線を判断して、さっきのような写真に仕上げてくれるんです。

実は上の加工写真をあげてから見直したら、右上の皿の部分までボケてしまってるのに気付きました。でも修正も簡単。

2

ほらね。

う〜ん、「人工頭脳」って感じだ・・。これで85円は、安いぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

モンマルトルの丘まで、グループラン。

今日は久しぶりの、快晴でした。そしたらラン仲間のKevinさんから、グループランのお誘い。喜んで、参上しました。

Th_img_2876

エッフェル塔前を出発して、ピガール広場までは緩い上り勾配です。

Th_img_2875

そこからさらにダラダラ坂を上って行って、

Th_img_2878

モンマルトルの下町に突入。商店街の人混みを縫ってさらに上ると、

Th_img_2879

ようやく登山電車の下に到着です。そこから石段をえっちら登って行って、

Th_img_2881

サクレクール寺院へ。ここまでで片道7km弱。

Th_969439_10201119794855419_1160474

みんなでワイワイ話しながらの、のんびりランでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 

 



| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »