« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

2年越し企画『F1美人レポーター座談会』。

F1では、『オートスポーツ』というレース雑誌の仕事を主にさせてもらってるんですが、そこで以前から温めていた企画に、『美人レポーター座談会』というのがありまして。

世界中のTV、ラジオ局からF1に特派員として来てる(ほぼ)美人レポーターたちに集まってもらって、楽しいこと、大変なこと、いろんなことをしゃべり倒してもらおうと。しかし彼女たち、ものすごく忙しくて、スケジュールをすり合わせるのがとにかく大変で。

Th_img_9705

たとえばイギリスBBCラジオのジェニーとか、

Th_img_8969

メキシコTVのジゼルとか、

Th_

ロシアTVのナタリーとか。本人たちは喜んで参加すると言ってくれてるのですが、グランプリ週末に全員がヒマという30分ほどの時間帯が、ほとんど見つからない。

去年から2年越しで頑張って、何度かもうちょっとのところまで行きながら、最終的にドタキャン、討ち死に〜という事態が続きましたが、

Th_img_9650

今回のモナコで、ようやく実現!結果的に、ここでやれて良かった。舞台は最高だし、彼女たちも司会の僕そっちのけで、盛り上がりまくってました。6月下旬発売の号に、掲載される予定です。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年5月29日 (水)

ニースの砂利浜でトレーニング。

毎日しとしと雨のパリに戻って来ると、南仏の青空が恋しくなります。

Th_img_2832

これですからね〜。

Th_img_2829

モナコに出かける前の1時間程度、「イギリス人たちの散歩道」まで出ては、せっせと走ってました。

Th_img_2828

ある朝、ニースの海岸が砂利浜であることに今さらながらに気付き、これはいいトレーニングになりそうだと、途中から下に降りて走ってみました。

Photo

う〜ん、しんどい。砂利を踏みしめるたびに、思った以上に足が沈んで、6分/kmペースで数kmが精いっぱいでした。でも時々でもこういうところで走ったら、しっかりしたフォームができるんだろうな。

20130529_230758

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月27日 (月)

恒例!モナコに来てたセレブたち。

モナコGPは毎年、カンヌ映画祭とスケジュールがかぶるため、あっちからたくさんのセレブが流れてきます。見つくろって、ご紹介しましょう。

Th_

ロータスのモーターホームで、ふと隣のテーブルを見たら、ジョージ・ルーカスが座ってました。

Th_img_9805

決勝当日の朝。カンヌからじゃないですが、カルロス・ゴーンさんがレッドブルグループとの提携発表のために来てました。このあと短いインタビューをさせてもらって、ホンダ復帰のコメントなんぞをもらうことができました。1訊くと、150くらい返ってくる・・。

Th_img_9748

セレブが通れるよう道を空けさせてるSP、じゃありません。アルベール大公です。SPは、その左。

Th_img_9867

表彰台でトロフィを渡してる大公を見て、「あ、PSYだ」と言ってる人がいましたが、本物はこちら。突然目の前に出現したので、ピントが間に合いませんでした。(後記:どうやら、ニセモノだったみたいです)

Th_img_9820_2

ニキ・ラウダと熱心に話し込んでるマイケル・ダグラス。生で見ると老人なのに、映画だと20歳くらい若返ってるのがすごい。今年のカンヌで話題を呼んだ、マット・デイモンとの70年代ホモコンビの映画も楽しみ!

Th_img_9851

そしてスタート直前のグリッドを、大混乱に陥れたのがこの人。

Th_img_9858

キャメロン・ディアスです。この1枚を撮るのに、2、3回TVカメラにどつかれました。

Th__2

そんな喧騒とは無関係だったのが、ミカ・ハッキネン一家。これは土曜日のフリー走行中の写真ですが、ピットの入り口まで来て、娘が「うるさ〜い」と耳を押さえると、ハッキネンパパが「そうか、そうか」とばかり、さっさとパドックに帰って行くところです。

お幸せに〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月25日 (土)

F1カメラマンというお仕事。ーその2ー

数えてみたら、今回が25回目のモナコGPでした。

Th_img_9285

連日快晴なんだけど、こんなに晴れててこんなに寒いモナコは、ちょっと記憶にないかも。今日なんか、昼前で16℃でしたからね。

毎年思うんですが、地中海って意外に水が澄んでます。いつだったか泳いでて、1mぐらいの深さにウニが群生してるのを見たこともあるし。じぇじぇ。

Th_img_9279

初日はいつものようにコース沿いを歩いて行って、トンネルの中へ。ところが今年は、ガードレールの上2m以上も金網がそびえてて、自由に写真が撮れなくなってる(涙)。
仕方がないので、そのままコースを逆方向に歩いて行きました。

Th_img_9321

1988年、アイルトン・セナが首位独走中に突っ込んだポルチエコーナーを通り過ぎ、

Th_img_9291

ローズヘアピンへと坂を上がって行く。

Th_img_9494

さっきの写真の高〜い石塀の上、ソテツの樹あたりから撮った1枚。矢印が、僕です。

Th_img_9599

ふと反対側を見ると、ヘアピンの進入付近で三橋カメラマンが一生懸命撮影中。

Th_img_9595

ガードレールすれすれを疾走するマシンを、広角レンズで、しかも何と8分の1のシャッタースピードで、狙ってるんだと。僕にはとても無理なので、30分の1でマネしてみました。

Th_img_9631

全然ダメ。ヘルメットにしっかり焦点が来ないと。

「上半身全体を使って、カメラを振るんです。その日の体調、光の具合で、16分の1にすることもあるし、30分の1でもダメなことがある」。

プロカメラマンの世界は、今さらながら奥が深い・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月24日 (金)

日本人のF1ジャーナリストは、今はこれが全部なのだ。

モナコGPの木曜日。

Th_img_9025

マクラーレンが日本人プレス向けに、マーチン・ホイットマーシュ代表との囲み取材をセッティングしてくれました。再来年から、ホンダと組むわけですからね。

Th_img_1307

名物広報のシルビアです。決して大変そうな姿を見せずに、膨大な仕事をこなす人。今後はいっそう、彼女のお世話になることが多くなりそう。

Th__1dx9394

マクラーレンの最上階に集まった日本人ジャーナリストたち(photo by三橋カメラマン)。これでほぼ全員です(あと枠外に、育ち盛りの川井チャンがいる)。

ホイットマーシュ代表は延々30分以上、質問に答えてくれました。のらりくらりと交わす答えも少なくなかったけど、でもホンダ本社の会見ではわからなかったことを、大体話してくれたかな。決して楽観的な見通しを持ってるわけではないことも、よくわかりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木)

恐るべし、エールフランス。

水曜日の早朝、パリ・オルリー空港からニースへと、エールフランスで飛びました。で、着いてからベルトコンベアの前でスーツケースが出てくるのを待ってたんですが、いつまで経っても出てこない。どこかを経由したフライトとか、離陸寸前にチェックインしたとかなら、積み忘れもあるだろうけど。

仕方がないので、エアフラの「荷物紛失所」に行って調べてもらうと、「あなたは、手ぶらで旅行したことになってますねえ」だと!預けた半券を、こうして持参したんですけど・・。どうやらチェックインの際、荷物タグのバーコードを、「ぴっ」し忘れたのが原因らしい。「よく、あるんですよねえ」って、ほとんど他人事・・(怒)。

Th_img_2826

とはいえ夕方ホテルにチェックインしたら、タグだらけになったスーツケースがすでに届いておりました。よく頑張ったねえと、撫でてあげたい気分。たとえ1時間の直行国内便でも、荷物が無くなることがあると、肝に銘じるべし、ですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月22日 (水)

セーヌ川に、鯉のぼり〜。

先日、いつものセーヌ川沿いのコースをランニングしていたら、

Th_img_2803

ペニッシュ(船上生活者の船)に、鯉のぼりが翻ってました。

Th_img_2802

今どきは日本でもあまりお目にかかれないような、立派な鯉たち。まさか住人は、日本人ではないと思いますが。ちゃんと5月に揚げてるし、知日家なんでしょうね。

Th_img_2805

今はパリの街中いたるところで、桐の花が咲き乱れてます。でもいつまでも、寒いんだよね。まだアパートに、暖房入ってるし・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日)

『パリジエンヌ』を、試走しましたよ〜。

といっても、女装して参加しようと思ってるわけじゃありません(註:「パリジエンヌ」La Parisienneは、毎夏の終わりにパリで行われる女性だけのレースです。女装して潜り込む男子も、いるようですがwink)。絵付け教室の御婦人方が、初のグループ参戦。その試走をするというので、付き合ったのでした。

Th_img_2814

わずか6kmとはいえ、けっこうアップダウンが多くて、侮れないコースでした。基本的には、エッフェル塔を間近に見ながら、セーヌ川のあっちとこっちを行ったり来たりするだけです。今の時期は紫色の桐の花が満開で、目を楽しませてくれました。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土)

『新婚さん、いらっしゃい!』パリ公開録画。

以前、襲名公演で聴いて以来、娘がすっかり文枝師匠のファンになってしまい、今回も即応募(観客の方ですよ、ちなみに)。

Th_img_2808

かなりの高倍率と聞いてたんですが、幸い当たりました。楽しみ〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月16日 (木)

ふたたび、みたび、ホンダの『見果てぬ夢』。

ホンダが本日(5月16日)、2015年からのF1復帰を発表しました。今回はエンジン供給のみですが、これまでン10年も「HONDA」という名前にワクワクさせられてきたオジサンとしては、またも胸高まるものを感じます。願わくばサーティースやセナを知らない若い人たちも、今度の参戦でその感情が共有できますように。

20130516_160307

改めて、この傑作CMを観直しました。ホンダの『見果てぬ夢』(動画は、こちらです)。これはバージョン2で、個人的に好きな初期バージョンCMは、僕のfacebookに上げさせていただきました(こちら、です)。

20130516_160336

今回の挑戦は、今まで以上に厳しいはず。腰を据えて、見守らせていただきますよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火)

暴動直後のトロカデロ広場・・。

近所のトロカデロ広場は、真向かいにエッフェル塔が見える立地もあって、よくいろんなイベントに使われます。リーグ優勝を果たしたPSG(パリ・サンジェルマン)も、ここで表彰式をやったらカッコいいぐらいの、軽い気持ちだったんでしょう。

Th_img_8984

しかしそんな機会を、ブラックリストに載せられてスタジアム出入り禁止になってる札付きフーリガンたちが、黙って見ているはずもなく、

Th_img_8990

セレモニーの最中から暴徒化し、

Th_img_8999

広場周辺のカフェやブティック、バス停などなどを、片っ端から破壊して回りました。

Th_img_9006

Th_img_9005

Gapも、ひどい目にあってました。午後10時くらいに様子を見に行ったんですが、フードを被った若者たちがまだうろついていて、大っぴらには一眼レフは構えられない状態でした。

Th_img_9010

毎日のように前を通るカフェも、このあり様。夕方5時頃に嫁がこの辺りを通った時はまだ平穏で、この隣のカフェでおやつを買って帰ってます。各店、営業中だったところを、いきなり襲われたようです。

Th_img_9014

見ていた目の前で、空き瓶用巨大ゴミ箱を路上に転がす若者たち。

Th_img_9017

不満の捌け口は、もっと他にもあるだろうに。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)

ライコネンの、呑みっぷりったら。

Th_img_8945スペイン女性には、

Th_img_8946

目力のある人が多いです。

Th_img_8963

で、レースですが。祖国の大観衆の前で圧勝したアロンソ。うれしそうに、いつまでもシャンペンを振りまいてました。一方、2位のライコネンは、そんなもったいないことができるかと、さっさとラッパ飲み。さすがです。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

アベベのつもりかと、皆にバカにされ・・。

日本から戻った翌木曜日から、スペイン出張中です。今年のバルセロナはちょっと肌寒いくらいの陽気で、これは絶好のランニング日和だと、夕方からサーキットを走りました。

Th__20130510_195536

体調もよかったので、「よ〜し、裸足で走ってみようかな」と、今はやりのベアフット・ランニングに挑戦したのが、運の尽きでした。

サーキット舗装というものは、普通のアスファルトよりはるかに目が粗いと気付いた時には、時すでに遅し。両足の裏に直径数cmのマメが、できあがってました。翌日には少しは良くなってるかと思いきや、痛くて歩けない状態。

Th_img_8862

あんまり痛いんで、「こんなことで申し訳ない!」と恐縮しつつ、サーキット内のメディカルセンターに駆け込みました。本来は、事故を起こして、意識を失ったりしたドライバーが運ばれる、最新設備を備えた施設です。容態次第ではすぐに大病院に運べるように、表には常時ヘリコプターが待機してます。

そんな大層な場所に、マメが痛いと泣きつく私coldsweats01

Th_img_8863

そしたらドクターがいやな顔ひとつせず、二人がかりで治療してくれました。ますます恐縮・・・。

追記。

土曜日の朝、だいぶ痛みも引き、パドックを巡回していたら、最初に治療してくれた女医さんとバッタリ。「大丈夫?」と、声をかけてくれました。

Th_img_8872

左の人、Dr.Carreras。右の人は、おそらく看護師さんかと。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木)

このかき氷を食するためだけに、竹富島に行く価値がある!(・・かも)

竹富島に来たら、訪れるべき場所はいくつもありますが、

Th_img_8764

ここは絶対に外せません。「パーラーぱいぬ島」。

Th_p1050674_2

何がおいしいって、

Th_img_8755

このかき氷が、絶品なのです。見た目は普通と思うでしょうが、

Th_img_8758

1週間かけてゆっくり凍らせた気泡皆無の氷を、かんなの刃で静かに削って行く。だから待ってる間、「シャカシャカ」なんて音も聞こえず、匙ですくっても決して崩れない。ただただ儚げな氷です。その上にかけるこの店特製の蜜も、素晴らしいんだな。これで1杯、400円。

Th_img_8761

ぜんざい黒糖、マンゴ、ミルクぜんざいが、お薦めですね。

Th_dscn8855

島たこ丼(ししゃも、モズク添え)も、ぜひ。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 8日 (水)

「つるかめ」に魅かれて、竹富島に行って来ました。

竹富島は、ここ。1周9kmほどの、小さな島です。

Th__20130508_102148

石垣島から、小型船で10分ほど。この船が、なかなかスゴイしろもので、

Th_img_8528

港を離れてエンジン回転を上げて行くと、

Th_img_8531

ものすごい轟音と振動とともに、スクリュー全開。船の屋根まで、しぶきが上がってました。

Th_img_8571島の典型的な景色その1。外周道路です。集落に入ると、車の通行は途絶え、

Th_img_8568

水牛に乗って周遊したり、

Th_img_8596

レンタル自転車で、島巡りしたり。

Th_dscn8721

これが学校の正門ですからね〜。

Th_dscn8724

こちらはドラマ「つるかめ助産院」の撮影に使われた民家です。

Th_img_8632

カイジ浜。波打ち際で観光客が何をしてるかというと、

Th_img_8649

星の砂を、探してるんですね(拡大すると、一粒見えます)。

Th_p1050628

一方こちらは、遊泳できるコンドイ浜。

Th_p1050639

こんなきれいな浜は久しぶりで、ついつい撮影に熱中。そのあと泳ぎに行ったんですが、

Th_dscn8718

どこまで行っても、浅いままでした。それにしても、人、少な!

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

「ちぎって食べれる」パイナップル!?

石垣島にて、休憩にと喫茶店に入った時のこと。

Th_dscn8890

カウンターの上に、こんなキャッチとともにパイナップルがごろんと置いてありました。「ちぎって食べれる」?気になって、さっそく注文。

Th_dscn8878

見た目はごく普通の、小振りのパインです。で、店の人に教えられた通りにやってみると、

Th_dscn8882

確かに、簡単に指でちぎって、食べられる。しかも、オイシイ!

Th_dscn8895

あっという間に、完食してしまいました。このスナックパイン、沖縄ではこの時期にしか出回らないそうな。速攻で、公設市場の果物屋に走りましたよ。

Th_dscn8884

いっしょに注文した「濃厚な じーまみ豆腐とバニラアイス 黒蜜かけ」も、おいしいございました。後ろの方に見えるのが、「じーまみ豆腐」。落花生をすりつぶした、ゴマ豆腐みたいなものです。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水)

石垣島には、どうして「ローソン」が存在しないのか。

沖縄本島ですごく目に付いたのが、コンビニの看板でした。もう、いたるところに。特にローソンが、多かったですね。フラフラとつい寄ってしまい、旅行初日は夕食→朝食→昼食と、3食連続コンビニ飯でした。

以下は、ほんの一部ですが、

Th_p1050572

沖縄限定ツナマヨ+ポーク玉子おにぎり。何が沖縄限定なのか、よくわからず。

Th_p1050569

沖縄限定「ウチナー弁当」。おいしかったけど、これまた沖縄らしさは、特に感じられず。

Th_p1050575

このワラビ餅、かなりレベル高しでした。

Th_dscn8877_2

翌日、石垣島に渡ると、ローソンはぱったり姿を消してしまいます。代わりに出てくるのが、「Coco」。これも沖縄限定コンビニなのかと思いきや、愛知県に本部を置くチェーンでした。知らなかった。全国的にはマイナーですが、石垣島だとそこかしこに。

Th_dscn8874

中に入ると、店内正面に「沖縄限定食品」コーナーが。「黒糖プリッツ」とか「マンゴハイチュー」とか、「島トウガラシ柿の種」とかとかがズラリ。

Th_dscn8876そして「紅芋ジャム」「島トウガラシ」「石垣島ラー油」と続き、

Th_dscn8875

さらに10種類以上の「泡盛ゼリー」と、沖縄ディープ度はどんどん上がって行くのでした。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »