« 恐るべし、エールフランス。 | トップページ | F1カメラマンというお仕事。ーその2ー »

2013年5月24日 (金)

日本人のF1ジャーナリストは、今はこれが全部なのだ。

モナコGPの木曜日。

Th_img_9025

マクラーレンが日本人プレス向けに、マーチン・ホイットマーシュ代表との囲み取材をセッティングしてくれました。再来年から、ホンダと組むわけですからね。

Th_img_1307

名物広報のシルビアです。決して大変そうな姿を見せずに、膨大な仕事をこなす人。今後はいっそう、彼女のお世話になることが多くなりそう。

Th__1dx9394

マクラーレンの最上階に集まった日本人ジャーナリストたち(photo by三橋カメラマン)。これでほぼ全員です(あと枠外に、育ち盛りの川井チャンがいる)。

ホイットマーシュ代表は延々30分以上、質問に答えてくれました。のらりくらりと交わす答えも少なくなかったけど、でもホンダ本社の会見ではわからなかったことを、大体話してくれたかな。決して楽観的な見通しを持ってるわけではないことも、よくわかりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

|

« 恐るべし、エールフランス。 | トップページ | F1カメラマンというお仕事。ーその2ー »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/57452436

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人のF1ジャーナリストは、今はこれが全部なのだ。:

« 恐るべし、エールフランス。 | トップページ | F1カメラマンというお仕事。ーその2ー »