« ライコネンのアイス(型USBメモリー)ですよ。 | トップページ | 今年も、マレーシア飯。 »

2013年3月18日 (月)

オーストラリアの二人の世界チャンピオン。

ライコネン、勝ちましたね〜。今日(火曜日)、メルボルン空港のラウンジでマレーシアに向かう飛行機を待っていたら、ロータスのエンジニアたちがどやどやと入ってきました。すぐ隣に座ったんで(ちょっと)聞き耳を立てたんですが、意外にレースの話はしないものですね。ていうか、ほとんど無言・・。

レース当日の話を、ちょっとだけ。

Th_img_7100

今年はロレックスが冠スポンサーとなり、グリッドガールの雰囲気もすっかりシックになりました。

Th_img_7107

「日本人がグリッドにいないと、どこに行ったらいいのか途方にくれちゃうよね〜」と、熱田カメラマンとグダグダ話しながら、とりあえずポールポジションのベッテルのところへ。

Th_img_7111

表情がいまひとつピリッとしてなかったのは、今思えばクルマが去年ほど速くないことを、本人も承知していたのかもしれません。

Th_img_7061

ところでレース開始の数時間前、パドックである式典が開かれておりました。

Th_img_7066

サー・ジャック・ブラバムと、Th_img_7088 アラン・ジョーンズ。オーストラリアの二人の世界チャンピオンの銅像の除幕式でした。1980年にタイトルを獲ったジョーンズは、まだ元気一杯ですが、

Th_img_7090

今年86歳になるサー・ジャックは、かなり足下がおぼつかなくなってました。ホンダとのかかわりが深く、その思い出話を以前伺った時は、耳こそ遠かったものの、ずっと元気だったものですが。

64974f3b

ブルース・マクラーレンを始め、オーストラリアやニュージーランドから優秀なドライバーが生まれたのも、彼がパイオニアとして活躍したからこそ。F1草創期である1950年代の、存命する唯一の世界チャンピオンです。

Th_img_7096

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

|

« ライコネンのアイス(型USBメモリー)ですよ。 | トップページ | 今年も、マレーシア飯。 »

F1」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/56986651

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアの二人の世界チャンピオン。:

« ライコネンのアイス(型USBメモリー)ですよ。 | トップページ | 今年も、マレーシア飯。 »