« 日本人ドライバーのいないF1だい・・・。 | トップページ | へレス旧市街の夜間ラン。 »

2013年2月 7日 (木)

へレス旧市街で、「タコ屋」発見!

夜の旧市街ランをほぼ終えようとした頃、ホテル近くでこんな店を見つけました。

Th_img_2427

何やら、風情のあるたたずまい。

Th_img_2426

入り口に、大きなタコの看板。横に「Pulperia」と書いてある。文字通り、「タコ屋」です。タコ好きとしては、行かずばなるまい。シャワーを浴びて、さっそく出かけました。

Th_img_2442

店内は・・、そう、フランス・ブルターニュ半島のクレープ屋に、すごく雰囲気が似てるんです。あとで聞いたら、オーナーも従業員も、スペイン北部ガリシア出身者で固めているそうで。流れている音楽も、いかにもケルトっぽい(実際にガリシア地方を旅行した時の『タコ紀行』は、こちらです)。

アイルランドからスコットランド、ウェールズ、ブルターニュを通ってスペインのガリシアまで、ケルト文化は国を超えてるんですね。

Th_img_2441

テーブルの上には、何とシードルを飲むのと同じお椀が伏せてあって、これで白ワインを出してくれました。ミュスカデ系かな。軽やか、爽やかな味わい。ガリシアの無銘ワインだそうな。

Th_img_2420

出た!ガリシア名物の巨大タコぶつ。下に茹でたジャガイモが敷いてあります。ほかほか湯気を立ててる茹で立てホヤホヤに、夢中でかぶりつきました。パプリカがどっさりかかってましたが、見た目ほどはスパイシーではなかったです。何よりタコが柔らかくて、二人前をあっという間に完食してしまいました。

Th_img_2424

ビール1,5ユーロ、ミネラルウォーターも1,5ユーロ、白ワイン2ユーロ、パン0,6ユーロ、タコぶつ(二人前)12ユーロ、オリーブ1ユーロ。しめて、18,6ユーロ。今のレートで2300円ほどの、ちょっと贅沢な夕ご飯でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 

|

« 日本人ドライバーのいないF1だい・・・。 | トップページ | へレス旧市街の夜間ラン。 »

F1」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/56717044

この記事へのトラックバック一覧です: へレス旧市街で、「タコ屋」発見!:

« 日本人ドライバーのいないF1だい・・・。 | トップページ | へレス旧市街の夜間ラン。 »