« 『ル・ルビー』。奇跡のようなカフェです。 | トップページ | 『廣重・ゴッホ』展。日本人であることが、ちょっとうれしくなるような。 »

2013年2月26日 (火)

普通IKEAには、電車では行かないものなんですけど・・・。

日本のIKEAのことはよく知らないんですが、フランスの場合ほぼ全店が郊外にあります。しかも駅からは、かなり遠い。だからうちもクルマを手放して以来、すっかり足が遠のいておりました。しかし今年ようやく子供部屋を作ることになり、

Th_p1040914

とりあえずベッドは、昔買っといたキットを組み立てたんですが、

Th_p1040921

二日がかりで完成させ、バッタリ倒れているオトーサン。

他にも勉強机やら本棚やらマットレスやら、買いに行かないといけない。それでパリ郊外で唯一、「駅から歩いて5分」と表示されてるプレジール店に出かけました。

遠かった〜。片道1時間。

Th_img_2496

おまけに郊外は、

Th_img_2497

まさかの大雪だし(パリ市内は、粉雪がちらついてる程度でした)。

Th_img_2501

ようやく駅に降り立つと、5cmは積もってる。

Th_img_2503

駅からIKEAまでは、「道路が乾いていて、かなり早足で歩けば」5分の道のりでした。スノーブーツで来なかったことを、激しく後悔。

ま、天気が悪かった分、店内は空いてましたけど。

Th_img_2511

すでに昼近かったので、まずは食堂で腹ごしらえ。IKEAのセルフ食堂って、意外にいけるんですよ。しかも激安。前菜にスモークサーモン、メインにスウェーデン風肉団子と鶏の赤ワイン煮、デザートにタルトふたつ、飲み物はガス水とカフェで、二人で18ユーロでしたから。

Th_img_2143

「デパートでお子様ランチを食べた世代としては、この旗にキュンとなる」(嫁談)

そのあと夕方6時まで物色し、大物は配達してもらいました。しかし配送料は、69ユーロ。これに往復の電車賃を加え、さらに疲労度を考えると、レンタカーを借りた方がよかったかな〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

|

« 『ル・ルビー』。奇跡のようなカフェです。 | トップページ | 『廣重・ゴッホ』展。日本人であることが、ちょっとうれしくなるような。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

パリの昼ご飯」カテゴリの記事

パリ暮らし」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

IKEA、懐かしいなー。
行ったときは毎週末行ってましたね、空港の近くの。
日本に戻ってからは一回も行ってません。代わりにニトリに行ってますが・・・。

投稿: アミパパ | 2013年2月27日 (水) 04時23分

こんにちは。
何度もコメントしてすみません。
IKEAはよく行くのでつい・・・
私は大阪市に住んでいますが
大阪市にあるIKEAの宅配サービス
は関西圏内が20KGまで990円、60KGまでが2990円
です。先日ベッドを2990円で配送しましたが
足をつけるサービスが無料でした。
組み立てサービスは基本料が5000円であとは商品価格の%が必要です。
レストランはさすがフランスですね。
日本とはミートボールもサーモンもボリュームが違います。
ヨーロッパ大好きな私にはIKEAは楽しい場所です。

投稿: リーナ | 2013年2月27日 (水) 11時33分

上記の内容で訂正が・・商品価格の20%でした(汗)

投稿: | 2013年2月27日 (水) 11時34分

アミパパさん、こんにちは。
空港近くのIKEA、クルマだと行きやすいですもんね〜。昨夜から今朝にかけて戸棚と机を組み立ててて、オトーサンはもうくたびれました。

投稿: ムッシュ柴田 | 2013年2月27日 (水) 11時55分

リーナさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

詳しい情報も、ありがとうございます。いや〜、20Kまで990円とは・・・。軽いめまいと嫉妬を覚えました。さすが宅配大国日本ですね。この値段なら電車で行って、配送を頼んで、手ぶらで帰ってくる方がいいですよね。日本だから、時間通りにきっちり配達してくれるだろうし。

日本のIKEAも、ミートボールあるんですねhappy01

投稿: ムッシュ柴田 | 2013年2月27日 (水) 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/56849304

この記事へのトラックバック一覧です: 普通IKEAには、電車では行かないものなんですけど・・・。:

« 『ル・ルビー』。奇跡のようなカフェです。 | トップページ | 『廣重・ゴッホ』展。日本人であることが、ちょっとうれしくなるような。 »