« Kindle paper white、買うてしまいました。 | トップページ | ヒカリエの劇場、ちょっとヒド過ぎないですか。 »

2012年12月23日 (日)

パリで文枝。

ちょっと話が遡りますが、12月初旬に落語会に行って来ました。

Th_p1040391

桂文枝パリ襲名披露です。桂三枝の名前の方が、依然として馴染みがありますよね。師匠自身、「『文枝は〜ん』と声掛けられても、知らん顔して通り過ぎてしまいまして」と、笑わせてました。

それにしてもフランス語になると、「ブンシ・カツラ4世」(笑)。

Th_p1040392

会場のパリ日本文化会館は、超満員。フランス人観客率5%ぐらいかと。一応字幕が上の方に出ますけど、もちろん枕は翻訳されないし、本題に入っても、かゆいところにはどうしても手が届かない。師匠はもう割り切って、完全に日本人相手に演じてました。

Th_p1040397

創作落語にはほとんど馴染がなかったんですが、面白かった。上方落語は、やっぱり軽やか、華やかです。

Th_p1040398

うちの娘がようやく落語を面白がり始めたのが、ちょっとうれしい。

Th_p1040412

外に出ると、そこはパリ。3人で、歩いて帰りました。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

|

« Kindle paper white、買うてしまいました。 | トップページ | ヒカリエの劇場、ちょっとヒド過ぎないですか。 »

パリ暮らし」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/56378545

この記事へのトラックバック一覧です: パリで文枝。:

« Kindle paper white、買うてしまいました。 | トップページ | ヒカリエの劇場、ちょっとヒド過ぎないですか。 »