« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

よいお年を!

10年ぶりぐらいの、パリでの年越しです。

Th_122

メリー・クリスマス、じゃなかった、よいお年を!!

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月28日 (金)

今どきは罰金も、ネット払いができるのですね。

日本から戻って来て、たまってる郵便物の中にフランス政府からの手紙を発見。ま〜た税金の通知かと思ったら、

Th_img_2311

スピード違反の罰金督促状でした(涙)。レンタル電気自動車オートリブで家路を急いでいる時に、制限時速50kmのところを10kmほどオーバーしてたみたい。場所は奇しくも、ダイアナ妃が事故死したあたりでした。フラッシュとか、全然光らなかったんだけどな・・。

Th__20121228_105216

ここ数年は模範運転手で、つい最近免許証のポイントが原状復帰できたばかりだったのに(また涙)。日本はどうなのか知らないんですが、フランスではいつの間にかネットで罰金が支払えるようになっておりました。

督促状の番号と、クレジットカード情報を打ち込むだけで、90ユーロがお上に召し上げられていく・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月25日 (火)

ヒカリエの劇場、ちょっとヒド過ぎないですか。

今回の短い日本滞在で楽しみにしていたひとつが、劇団☆新感線の公演でした。『五右衛門ロック』の最新作。4年前に観た前作は、それはもう素晴らしい舞台でした(その時のブログは、こちらです)。

今回は渋谷ヒカリエの最上階にある東急シアターオーブという、新しい劇場での公演。

Th_img_2308

僕らの案内された席は通路のすぐ後ろで、舞台からはけっこう遠いものの、全然問題ないはずでした。

ところが。いざ座ると、通路を隔てた前の座席後部にある手すり(写真の下に見えてる手すりです)が、もろに視界に被ってしまうのです。舞台前面3分の1ぐらいのところを黒いラインが横切り、役者たちが見えなくなってしまう・・。

身体を乗り出すと見えるんですが、そうしたら後ろのお客さんから「全然見えません」と苦情を言われ・・。蒼井優ちゃんが飛んだり跳ねたりするたびに、頭を上下させて動きを追う有り様で、途中からすっかりくたびれてしまいました。

おまけに音が割れて、せりふが半分ほど聞き取れず。下の席の人たちは問題なかったようで、だとすると音響が悪いんでしょうね。スピーカーの出力設定も大きすぎた印象です。幕間で静かになったら、しばらく耳がちーんとしてましたから。

これで、12500円の席です。僕の座っていた並び、数10人のお客さんは皆同じ状況だったと思うのですが、ちゃんと楽しめたのだろうか。この劇場を設計した人は、この席に一度でも座ってみたのだろうか。あるいは異常に座高の高い建築家だったのか。

ここでの観劇は、できるだけ避けたいです(涙)。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月23日 (日)

パリで文枝。

ちょっと話が遡りますが、12月初旬に落語会に行って来ました。

Th_p1040391

桂文枝パリ襲名披露です。桂三枝の名前の方が、依然として馴染みがありますよね。師匠自身、「『文枝は〜ん』と声掛けられても、知らん顔して通り過ぎてしまいまして」と、笑わせてました。

それにしてもフランス語になると、「ブンシ・カツラ4世」(笑)。

Th_p1040392

会場のパリ日本文化会館は、超満員。フランス人観客率5%ぐらいかと。一応字幕が上の方に出ますけど、もちろん枕は翻訳されないし、本題に入っても、かゆいところにはどうしても手が届かない。師匠はもう割り切って、完全に日本人相手に演じてました。

Th_p1040397

創作落語にはほとんど馴染がなかったんですが、面白かった。上方落語は、やっぱり軽やか、華やかです。

Th_p1040398

うちの娘がようやく落語を面白がり始めたのが、ちょっとうれしい。

Th_p1040412

外に出ると、そこはパリ。3人で、歩いて帰りました。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木)

Kindle paper white、買うてしまいました。

今日からほんの数日間だけ、日本滞在です。

到着早々、真っ先に何をしたかというと、近所のカメラ屋に注文しておいたKindle paper whiteを取りに行ったのでした。

Th_img_2295

こういう箱に入ってます。開ける時のワクワク感を高めようと、けっこう頑張ってる感じはするのですが、やはりAppleにはかなわない。あちらがワクワク度100とすると、これは30くらいかな。

Th_img_2297

とはいえ、読書に特化したすっきりしたデザインは、非常に好感が持てます。タッチ操作も、言われているほどもっさりした感じは受けません。

Th_img_2298

さっそく無料の『坊ちゃん』をダウンロードしてみました。所要時間20秒くらい。デフォルトだと、かなり明るい画面設定になってます。iPadぐらいの眩しさ。

Th_img_2301

これは一番暗くした状態。すごく自然。確かに紙の読書に近い。ただ実際に使って初めて知ったんですが、次頁に飛ぶ時に、iPadのようなページがめくれるアクションではなくて、文字全部が入れ替わるんですね。それが個人的には、気持ち悪いし、目が疲れる。レビューを読む分には、そういうことを言ってる人があまりおらず、単に慣れの問題なのか。だと、いいけどな。

Th_img_2300

空腹と疲れ目には、市川駅前『男爵』名物ネギ味噌ラーメンに、チャーシュー5枚トッピング(+200円)。どうだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

行ってきましたよ、立ち食い大繁盛ハンバーガー屋台。

先日は長蛇の列で涙を呑んだ、ハンバーガー屋台(こちらです)。雪辱してきました。「パリ最強」という評判は、はたして事実だったのか。

Th_p1040528

これが、その屋台ですね。11時過ぎに行ったら、さすがに数人しか並んでませんでした。

Th_p1040524トラックを改造した狭い厨房内に、大男ども4人がひしめいてハンバーガーを焼いてる。

Th_p1040523

一応メニューはありますが、雨で流れて、やや判読不能。

Th_p1040526

左のカウンターで注文すると、タブレットに入力し、厨房に伝わるというシステムです。

Th_p1040533

じっくり焼くからなのか、一人の客に最低5分はかかる感じ。僕たちも結局、30分ほど待ちました。電気自動車で速攻で帰って、自宅で食べることに。

Th_p1040538

こちらはオニオンリングを挟んだ「今日のハンバーガー」とフリットのセット。

Th_p1040540

これはBBQバーガーとコールスロー。確かに、ウマイ。今までパリで食べた中では、屈指といえるでしょう。でもセットで10ユーロ(約1100円)は、ちと高いかな・・。

Th_p1040519

ちなみに嫁は前日も、ラルフローレンのやってるレストランにハンバーガーを食しに出かけてまして・・。こんなとこで、ハンバーガーですよ。

Th_p1040510

ワインはロバート・モンダビだし。これに比べたら屋台バーガーは、タダみたいなもんですね。

ちなみにアメリカンスクールに子供を通わせてる人の話では、アメリカ人の駐在奥様方は、滅多にフレンチには行かないんだそうな。さすがというか、何というか。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

VMAという持久力テスト、受けてみました。

来年3月のパリセミマラソン、4月のフルマラソンに向けて、そろそろ本格的な練習に取りかかろうかと思っている、今日この頃。主催団体から「無料でVMAテストが受けられますよ」というメールをもらい、それがどんなものかも知らないまま、ほいほいと行って来ました。

Th_img_2285

会場はパリの南、大学都市の隣にある、こじんまりとした運動場でした。

Th_img_2279

まずはテストの内容説明から。でも一度聴いたくらいでは、よく理解できません。

Th_img_2281

ま、みんなといっしょに走れば、何とかなるだろうと。要は、1km8分ぐらいのスローペースで走り始めて、徐々に距離もペースも伸ばしていって、どこまで走り切れるか。それによって、持久力を測るテストということのようです。

 

Th_img_2280

僕の参加した回は全部で40人ぐらいいましたが、4〜5人ずつに分かれて、周回開始。定期的に「ブー」と音が鳴る時に、次のパイロンに到達してればOK。

最初は余裕で走り始めましたけど、当然ながらだんだんキツくなる。そして一人、二人と脱落していく。

Th_img_2284

僕は残り15人ぐらいまで頑張りましたが、それで精いっぱいでした。この人は、最後から2番目の人。みんな、大拍手。

Th_img_2286

修了証です。14,5という数値は、セミマラソンだと1時間47分47秒。フルだと3時間49分44秒で完走する持久力がある「可能性がある」ということのようです。ほぼ僕の目標タイムなので、けっこう正確なのかも。ちょっと自信と、やる気が湧いてきました。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

『ホッパー回顧展』で、凍え死む〜。

グランパレで開催中の『エドワード・ホッパー回顧展』に、行ってきました。

Th_p10404581

評判の展覧会だけあって、ネット予約はとっくの昔に売り切れ。仕方がないので、行列です。寒い日の朝なら、入場者も少ないかも。という目論見のモト、気温氷点下に近い水曜日の朝に出かけました。

Th_p1040460

その考えはさほどハズレておらず、10時開館の30分ほど前でも、せいぜい100人ほど並んでるだけでした。でも10時が過ぎても、全然列がハケないんだよね。ネット予約の人とか、グランパレ友の会の会員とかが優先で、10分に1回、10人ずつぐらい通してくれるだけ・・・。結局1時間半ほど待ちました。

こういう時だけは忍耐強くて、並ぶの大好きなフランス人も、さすがに最後の方は殺気立ってました。これから観に行こうと考えてる人は、つま先ホカロンが必需品です。

Event9611_1349186448

でも展覧会は、期待以上の大、大満足でした。このあまりにも有名な『ナイトホークス』を始め、

A6027_i1

E0062905_15105234

数々の後期代表作が一堂に揃ってるだけでなく、パリ留学時代や不遇のイラストレーター時代の表紙絵なんかも観られます。

売店で売ってた画集の、"Peindre l'Attente"『待つことを描いた画家』というタイトルに、妙に納得してしまいました。確かに登場人物たちは、みんな何か(誰か)を待ってる。

Hopper3

個人的には、この絵もよかったなあ。

2012091901

ホッパーの作品は画集の複製も本物も、そんなに印象が違わないんじゃないかと漠然と思ってたんですが、大きな間違いでした。本物、必見です。

日本のデパートの展覧会並みに、混んでますけどね・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月12日 (水)

夕暮れランニング。

パリも毎日、寒いです。日中でもせいぜい、2、3℃ぐらい。いったん走り出すと、寒さはすぐ忘れるんですけどね。昨日は久々に、夕方ランでした。

Th_img_2256

ノートルダム大聖堂の裏を回ってルーヴルまで戻って来ると、すっかり夕暮れです。

Th_img_2257

インターバル走の真っ最中でしたけど、あんまり夕焼けがきれいで、思わず立ち止まって1枚。カモメがフレームに入ったのは、偶然です。

Th_img_2259_2

巷は、クリスマスであると・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年12月11日 (火)

愛の(o^-^o)ボジョレー・ヌーヴォー。

海外出稼ぎから帰って、ず〜っとパソコンに向かっておりまして。それも今日で、一段落。遅ればせながら、今年のボジョレー・ヌーヴォーを抜栓しました。

Th_dscn8071

この造り手は、日本人の奥さんにおいしいワインを飲んでもらいたいと、先祖の土地でワイン造りを再開したんだそうな。美しい話です。でも甘〜いだけじゃなくて、深い果実味も楽しめるし、かなりいけるワインです。2011年のブルイイとシャルドネも分けてもらったので、こちらも大いに楽しみです。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 7日 (金)

今年のパリは、紅葉が鮮やかです。

今日のパリは朝のうち雪、明るくなってから雨、ミゾレ、また雪、夕方の今は強風という天気です。

でも2、3日前は素晴らしい秋晴れで、

Th_img_1948_from_imac

あんまり気持ちよさそうだったんで、久しぶりに夫婦(めおと)ランしました。

Th_img_1952

赤も黄色も、今年は鮮やかです。寒暖の差が、激しかったのかな。留守が多かったので、よく知らない・・・。(2枚とも、嫁撮影)

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

新しいiMacだよ〜。

シーズン終了後の原稿書きの真っ最中というのに(真っ最中だからか?)、そろそろガタの来ていた自宅iMacを発作的に買い替えました。

Th_img_2246

配達された外箱。小さいっ!軽っ!こんなにコンパクトだと知ってたら、2週間前のアメリカ出稼ぎの時に、買って帰ればよかった。何しろフランスで買うと、優に3割増の価格ですから。

Th_p1040371

より横長の画面。そしてエッジ5mmの超薄型。データ転送が、待ち遠しい!

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »