« オースチンに来てた、セレブな人々。 | トップページ | 孤独のグルメ・テキサス篇。 »

2012年11月20日 (火)

日曜だけで、観客12万人!

テキサス州オースチンで、初めて開催されたF1。

Th_img_5742

日曜だけで、11万7429人の観客が詰めかけたと、主催者が自慢してました。大成功と言っていいと思います。

Th_img_5779

そんな盛り上がったグランプリなのに、ちょっと残念だったのは、可夢偉くんが実力を発揮できなかったこと。タイヤ表面の、傷みたいなのが見えるでしょうか。

Th_img_5781

どうやらブリスター(タイヤ表面の火膨れ)みたいで、可夢偉くんもさかんに気にしてました。

Th_img_5793

ヘルメットを脱ぐと、チームメイトのところに駆け寄り、「お前も、そうか?」と確認。レース直前に二人で話し合うなんてのは、極めて珍しい事態です。そのあとエンジニアも交えて、ずいぶん長いこと話してました。

Th_img_5812

では恒例の、スタート分解写真です。

Th_img_58151

今回はアウト側(向かって左の列)とイン側(同右)の、発進加速の差に注目してみて下さい。路面の汚れているイン側は、スタートで明らかに不利だというのが、事前の予想でした。

Th_img_58201_2

アウト側スタートのレッドブルの2台、そしてその後ろのシューマッハ(グリーンの矢印)がぐんぐん加速して行くのに対し、イン側のライコネン(赤矢印)は明らかに出遅れてます。

Th_img_58241_2

2番グリッドのハミルトン(紫矢印)も、3番手ウェバー(グリーン矢印)に、並ばれかけてる。明らかに、加速が伸びてない感じです。

Th_img_58291

その後ろでは、シューマッハ(グリーン矢印)が、完全にライコネン(赤矢印)の前に出てます。そして7番手スタートのアロンソ(青矢印)も、一気に順位を上げつつある。16番手スタートの可夢偉くん(黄色矢印)は、大きく出遅れぎみ。

Th_img_58311

この段階で各マシンは、大きく左右にばらけます。コース上のスペースを最大限に使って、先行車の隙を狙うわけです。ウェバーとアロンソ(左の2台)はアウト側に目一杯はらみ、逆にロータスの2台はイン側へ、という動きがよくわかります。

そんな中ベッテルだけは、一番おいしいラインを悠々と走行。ポールポジションの特権ですね。

Th_img_58391

アウト側を大回りしたアロンソ(青矢印)の走り方は、距離的には大きくロスしているのですが、渋滞にはまらない。インに進路を変えたシューマッハ(グリーン矢印)が、速さに優るライコネンを抑えてくれたのも、アロンソにはラッキーでした。これで4番手に躍進し、最終的に3位表彰台を射止めます。

この段階ではハミルトン(紫矢印)が2番手に付けているように見えますが、結局は外側から回り込んだウェバーに先行されてしまいます。

Th_img_58441

スタートが抜群にうまいはずの可夢偉くんが、タイヤのグリップを得られずに、ほぼ最後尾に埋もれてしまっている(黄色矢印)。この週末を通して、タイヤの使い方に大きな問題があったようです。

Th_img_5866

結局、14位完走でノーポイントでした。今年も、あと1戦。悔いのない結果を、残してくれるといいんですが。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 

 

 

 

|

« オースチンに来てた、セレブな人々。 | トップページ | 孤独のグルメ・テキサス篇。 »

F1」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/56152684

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜だけで、観客12万人!:

« オースチンに来てた、セレブな人々。 | トップページ | 孤独のグルメ・テキサス篇。 »