« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

あなたは、ダリ?

Th_img_3968やっぱり、この人、

Th_img_3978かなり変・・。

Th_img_4036

でも、目が離せない!

Th_img_4009今日から中近東出張ですので、帰ってから改めて紹介したいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

朝焼けのパリを走る。

久々、朝のパリを走りました。

Th_img_2027

8時半過ぎ、ようやく日が昇った頃を見計らって出発。

Th_img_2037

往路はほぼ真東に向かうので、ずっと逆光。朝日を浴びながらのランでした。

Th_img_2028

この時間、かなりの人数のランナーが走ってます。時間的に、出勤前のサラリーマンとは思えない。学生?自由業(失業者)?観光客?

Th_img_2038

そういえば芸術橋の上で、旧知のフランス人F1カメラマンにバッタリ。今年はあまり顔見ないと思ってたら、所属してた通信社が倒産して、行けなくなったんだそうな。あまり仕事もなくて、ぶらぶら朝の散歩をしている・・・。

Th_img_2039

厳しいのは、日本の業界だけではないと。

Th_img_2048

それにしても朝のパリは、絵になるな〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

嫁が初めて、『これ、欲しいかも』と言ったApple製品。

きのうの夕食後、たまたまAppleTVを点けたら、新製品プレゼンの生中継をやってました。

Th__20121024_173610

まるで普通のTV番組のようにクリアに映るんで、ちょっとビックリ。今回の目玉がiPadの小型版である、 iPad miniだというのは事前にニュースで知ってたんですが、その時は「ふ〜ん」という程度の関心でした。

Th__20121024_173710

ところがプレゼンを見てるうちに、このサイズ使いやすそうだし、この値段(日本では28800円)も手頃かも、と少しずつクモの糸にからめ捕られつつあるワタシ。

Th__20121024_174028

それより何より、これまでApple製品に特に興味のなかった嫁が、「これ、欲しいかも」と言い出したのには驚きました。一般大衆のど真ん中にいるこの人が、これまで「欲しい」とか「面白い」と言ったモノ、人間は、ほぼ間違いなくブレイクしてきました。ということはApple原理主義者には必ずしもウケの良くないこの新製品は、Appleの大衆化に大きく貢献する可能性がありそうです。

20121024_181732

さほど電子書籍アレルギーのない僕は、amazonが売り出すKindle Paperwhiteの方が、魅かれるかな・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

10月のパリは、初夏の風情?

昨日のパリは、最高気温24℃でした。朝、散歩がてら郵便局まで出かけた時の、ちょっとひんやりして、でもこれから暑くなるぞという大気の感じは、ほとんど初夏のそれでした。

Th_img_3964

午前7時過ぎに、トイレの窓から見えた明けの明星。なんとも明るいこと。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

続きを読む "10月のパリは、初夏の風情?"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

あ、忘れてた、このB級グルメ。

大いに盛り上がった、今年の日本GP。その週末は、鈴鹿の隣の亀山市に初滞在でした。ちょっと前まで、シャープの亀山として有名だった町weep。とはいえ今も別にゴーストタウン化してるわけではなく、繁華街の居酒屋で、この名物をいただきました。

Th_img_1939

味噌焼きうどん。味噌煮込みうどんじゃなくて。八丁味噌でしっかり味付けした一品。これがなかなか、後を引くおいしさなんですよ。

Th_img_1937

他にも牛筋煮込みとかの(これまた八丁味噌仕立て)、ヘビー系のメニューがあるかと思えば、

Th_img_1938

上品に揚げた串ものが出て来たり、

Th_img_1941

最後に食べたのが、蓮根の肉挟み揚げ蒲焼きなるもの。またまた八丁味噌。でも飽きない。もたれない。ビールが、進んだな〜。店の名前?う〜ん、忘れちゃいました。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

韓国人の友人が、できたぞ。

火曜日の夜に、2週間の日本・韓国出稼ぎから帰ってきました。パッタリ倒れていて、ブログも少しご無沙汰しましたが、備忘録を兼ねて韓国ネタをもうひとつ。

Th_img_2003月曜の昼前、KTX(韓国新幹線)に乗るまでの間に、駅ナカのレストランで軽く腹ごしらえしました。

Th_img_2005

うどんは韓国語でも、「うどん」なのですね。味は100%関西のそれ。でもここでも必ず、キムチがつきます。

Th_img_2006

ソウル市内からタクシーで金浦空港へ。時間があったので、空港脇のロッテモール(だっけ?)というショッピングモールへ。特に見るものも、買うものもなく、

Th_img_2011

足は自然と、フードコートへ。

Th_img_2010

韓国風太巻き詰め合わせ、おいしそう。これを機内に持ち込んで食べるのもいいかなと思いつつ、

Th_img_2012

最終的には、冷麺専門店へ。

Th_img_2014

このビビン麺、絶品でした。今まで食べてきた冷麺は、何だったんだという味。空港あたりでこれだから、ソウル市内にはいくらでも凄い店があるんでしょう。

Th_img_2015

『ローマの休日』と違和感なく読んでしまった、昔の映画ポスターのレプリカ。1950年代までは、漢字ハングル混じりが普通だったんですね。

Th_img_3573

それが今は、基本表記はすべてハングル。少し漢字を混ぜてくれると、もうちょっと途方にくれなくてすむんだけど・・。

Th_img_3833

でも今回は、日本語の堪能な友人もできたし。

「可夢偉さんの表彰台、同じアジア人として本当に感動しました」。知り合ってすぐに、パクさんからそういわれました。たとえ外交辞令だとしても、僕たちが逆の立場になった時、そんなふうにすんなり言えるだろーかと、ちょっと反省。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

韓国グリッドギャル、美人揃いだぞ。

Th_img_3890韓国GP決勝当日です。客がいない、観客席ガラガラ、のイメージが強いんですが、レース当日のグランドスタンド、および1、2コーナーはほぼ満席でした。で、客の入り以上に(特にカメラマンたちの)興味を引いたのが、

Th_img_3859

グリッドギャル。激写していたA田カメラマンが、「び、美人だよねえ」と、感嘆しきり。

Th_img_3860

確かに。

Th_img_3874

でも何人か撮って回ってると、皆さん同じ顔に見えてきてしまう。

Th_img_3862

男どもの考えることは世界中同じみたいで、英国BBCだったかSKYだったかのF1中継オープニングは、こういうバックショットから始まったそうです。

Th_img_3906

で、肝心のレースですが、

Th_img_3914

久々ポールポジションのマーク・ウェバー(黄色矢印)が出遅れてしまい、早くも2番手のセバスチアン・ベッテル(赤色矢印)が前に出ようとしてます。

Th_img_3918

あっさりイン側を先行されて、万事休す。勝負は1周目1コーナーで、決まってしまったのでした。

Th_img_3919

一方、13番手スタートの可夢偉くんは、出足も悪くなく(青色矢印)、

Th_img_3923

アウト側からの大外刈りで、一気に上位を狙います。

Th_img_3927

ところが中団の渋滞が外側に膨らんできたために、押し出されて減速。これで順位を落としたことが、バトン、ロズベルグ、ペレスと4台ほぼ一列のチキンレースに繋がって、クラッシュ、リタイアとなったわけです。

Th_img_3956

レース後の本人はサバサバしてましたが、来季のシート、大丈夫かなあ・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

壮絶(笑)、ジャンケン焼き肉。

韓国GPの予選。黄旗に邪魔されて最終Q3には進めませんでしたが、速さは健在。先週の鈴鹿の好調を、可夢偉くんはしっかりキープしてる印象です。

Th_img_3824_2

だからなのか、予選後もいい顔してました。

Th_img_3827

一方こちらは、マッサの担当エンジニアとタイヤを前に談笑する浜島さん。このところ、マッサ好調。舌出してるのは、何なんでしょうね。

Th_img_2001

その浜島さんにこの店を紹介したところ、イギリス人のスティーブといっしょに来てました。

Th_img_1987

いや、すごくおいしい焼き肉の店なんですよ。でもかなり庶民的だし、こんなところでいいのかと思ったわけです。

Th_img_1988

何しろ前日、金子、熱田、松本カメラマンと4人でたらふく食って、一人1000円以下でしたから。

Th_img_1993

この3人、年がいもなく食事のたびにジャンケンして、負けた人間が全額払うという遊びをしてます。これは前日負けた熱田カメラマンが、今夜は負けられないと必死に何を出そうか悩んでいるところ。

Th_img_1995

でもジャンケンなんて、いくら考えたって正解が出るはずもなく。

Th_img_1999

今回もみごとに負けたのでした。僕は参加しませんでした。ギャンブルは、人生で十分です。

Th_img_1992

締めのキムチ炒飯。このお焦げが、またおいしいんだ。で、今夜は浜島テーブルに呼ばれて、マッコリと韓国焼酎のカクテルを、しこたま呑まされたのでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

みんな、お疲れ気味〜。

Th_img_1957_2

KTX(韓国新幹線)の始発駅Yongsanの待合室のモニターには、Gangnam StyleのF1バージョンが流れてました。これ、世界中で大ヒットしてるようですけど、僕はどうもピンと来ません。

Th_img_1963

まんまフランスTGVなれど、片道わずか4000円の1等車内。大部分がF1関係者でした。そしてみんな、爆睡中。3月からの世界転戦の疲れが、そろそろ出てくる頃ですよね。

Th_img_3576

終着駅の木浦駅前。駅舎は小奇麗ですが、

Th_rrypx

すぐ隣は、かなり鄙びてる。道の真ん中に、おじさん寝てるし。

Th_img_3575

頭にモノを乗せて運ぶ文化は、海を渡って日本までは来なかったのですね。

Th_leqlh

GP主催者から割り振られた今年の宿泊先であるウィンザー・モーテルは、

Th_img_35841

ラブリーな雰囲気に溢れてます。

Th_mgqmv

着古し感バリバリの寝巻き風パジャマには、さすがに袖を通す気にはなれませんでしたが。

Th_yucxt

三段重ねの大型ティッシュと、山ほどの化粧品に囲まれ、夜11時から朝9時まで、僕も爆睡したのでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

どうも韓国飯は、勝手が違う。でも、オイシイ。

今日から、韓国です。朝7時前に、モノレールで羽田空港着。

Th_img_1951

ANAダイアモンドメンバーの米家くんにくっついて行って、ファーストクラスのラウンジなるものを初体験しました。

Th_img_1950

TVモニター付きの個室にゆったり。このままソウルまで、運んでもらいたい・・。

Th_img_1954

舞茸の炊き込みご飯を、こんなところで食べられるとは。しかも朝のTV小説を眺めつつ(涙)。

Th_img_1955

途中2時間の空の旅はすっ飛ばして、ところ変わってソウルです。金浦空港から、タクシーで龍山(Yongsan)駅へ。ここから韓国新幹線に3時間半揺られて、半島西南端の木浦(Mokpo)まで。今日は移動で、1日つぶれてしまいました。

Th_img_1961

乗車前に、駅前食堂で腹ごしらえ。今夜から連日焼き肉の嵐になるだろうからと、昼は冷麺にしました。

Th_img_1958

相変わらず、言葉通じません。セルフサービスの大根の酢の物とお茶を取ったら、いかにも人のよさそうなオモニが、わざわざ水を入れたコップを載せてくれました。「ええ、お茶があるからいいのに」と一口飲んだら、スープでした。そういえば韓国人は、食事中お茶を飲まないんだった。

Th_img_1959

巨大なハサミとともに、冷麺到着。これで肉を切るのであろうことは理解できるものの、箸がついてない。オモニに手振りで、「箸、ないんですけど」と何度言っても通じなくて、そのたびにコチュジャン持って来てくれたり、大根の酢の物お代わりしてくれたり・・(申し訳ない!)。

Th_img_1960

最終的に、「何言ってんだろうね、この人は」という顔でテーブルの脇の引き出しをさっと開けると、こういうことになってたのでした。

肉はすでに小さく切ってあったし(韓国ではさらに細かく刻んで食べるのが普通かと)、冷麺には巨大な氷がゴロゴロ入ってたり、隠し引き出しに限らず、どうも韓国飯屋は予測が付きにくい。でもこの冷麺、おいしかったな〜。ちなみにセットで、400円ほどでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

有言実行の可夢偉よ、あんたはエライ。

可夢偉の3位表彰台から2日ほど経って、週末に撮った写真を見直してるうちに、改めて「この男は凄いなあ」という思いを新たにしました。

Th_img_3368

だってレース直前、一番精神集中したい時に、これですよ。

Th_img_3376

いつもならコース脇の芝生の上にぼーっと座ったりしてるのに、鈴鹿では全然無理。

Th_img_3381

合間にはTVインタビューも、こなさないといけないし。前戦シンガポール終了後から2週間近く続いたプレッシャーの波状攻撃に耐えて、いつも以上の走りを見せたのが、あの結果につながったわけです。

Th_img_3310

「ポールポジション取りますよ」とか「表彰台乗りますよ」とか、いつもの彼ならそんなこと言わないのに、わざと自分を追い込んでるのかなあと思ったりもしたんですが、予選後の囲みの際にはそんなに緊張してる感じはしませんでした。

Th_img_3394

スタート直前、トイレから戻ってくる時の表情は、戦う男の顔でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

可夢偉3位っ!表彰台特集なのだ。

土曜日の予選をすっ飛ばして、いきなり決勝レースの話です。

Th_img_3405

なんたって2004年の佐藤琢磨以来8年ぶりの、日本人表彰台ですから。しかも鈴鹿で。

Th_img_3405_3

いい顔してる。ほんとに、うれしそう。

Th_img_34141

まずは勝者セバスチアン・ベッテルへの、トロフィ授与です。

Th_img_34161_3

続いてトロフィを受け取った2位マッサが、足下に置いてあったシャンペンボトルをひっくり返して、「あ、やっちまった」。

Th_img_34171

そしたらマッサ、まだ可夢偉くんへの授与式も終わってないのに、勝手にシャンペンシャワー始めちゃいました。みんな、バカ受け。

Th_img_34381

ようやく、可夢偉くんの番になりました。「よくやった」とベッテル。二人は下位カテゴリーの欧州F3で、チームメイトだった仲です。

Th_img_34451

そしてほんとのシャンペンシャワーの始まり。

Th_img_34611

この日ばかりは、何ぶっかけられてもうれしい。

Th_img_34771

セバスチアン、意外にしつこい性格かも。

Th_img_34821

今回の勝利で、選手権首位のアロンソ追い落としも時間の問題となったベッテル。フェラーリ更迭の噂の中、「別人か?」と思うような力強い走りで2位に入ったマッサ。そして何度も何度もチャンスを逃した表彰台を、ようやく自国GPで射止めた可夢偉。三者三様のうれしさが、表情に出ています。

Th_img_35001

今年から表彰台でヒーローインタビュー第一部が行われることになったのですが、鈴鹿のインタビュアーはジャン・アレジでした。でも可夢偉くんは、完全に「ワシ、関係ないもんね」状態。ずっと、こっちの方を見下ろしてました。

Th_img_3503

僕の横にいた担当エンジニアのフランチェスコと、目と目で話してたのか。

Th_img_3548

ようやくガレージに戻ってきた可夢偉を、マネージング・ディレクターのベアト・ザンダーががっしと抱きしめる。

Th_img_3569

そして記念撮影。おいおいペレスくん、まるで自分のことのように喜んでるじゃないの。ひょっとして、いいヤツだった?いやいや、マクラーレンへの栄転も決まったし、レースでハミルトンもぶち抜いたし、余裕の笑顔ってことなのか?ま、いいでしょ。可夢偉よ、残り5戦で最低2回は表彰台に乗って、見返してやるのだよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 

 

 



| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

初日も、快晴!

Th_img_2874

年間20戦のうちの1戦、ではあるのですが、やっぱり日本GPは特別です。当たり前か。

Th_img_2713

初日金曜日は、グランドスタンドなどをのぞいて自由席。コース脇からも、お客さんの楽しんでる感が伝わってきました。あいかわらずフィンランド色強し、です。

Th_img_2639

日本GPバージョンのヘルメットで登場した可夢偉くん。

Th_img_2645

いつもの10倍ぐらいの取材陣に囲まれつつ、今年最高の結果を期待されている。そのプレッシャーたるや、相当のものと想像します。

Th_img_2689_2

木曜日、突然の引退発表をしたシューミ。鈴鹿を走るのも、これが見納めなんですね。

Th_img_2790

初日はまずシケイン脇にしばらくいてから、デグナーの方に移動しようと思ったら・・、

Th_img_2765

途中の通路にうじゃうじゃクモがいる〜。後ろに写ってるのはメキシコ人カメラマンなんですが、気付かずにクモ集団の中に突っ込んでしまい、ギャア〜とF1の轟音に負けないくらいの悲鳴を上げてました。クモ嫌いの僕は、最初からギブアップ。すごすごと引き上げました。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 5日 (金)

『ライコネンにサインをもらおう』を実践して、サインをもらった人。

今朝は6時半までぐっすり寝て、時差ボケもややよくなったようです。

プレスルームに着いてメールをチェックすると、見知らぬ方からの着信が。いっしょに写真も添付されてましたので、ご本人の許可を得て、紹介させていただきます。

P1000563

いつも僕のブログの愛読者だそうで、ありがとうございます。で、今回たまたま、日本GPのパドックパスを手に入れられたそうな。そんな折り、『ライコネンにサインをもらおう』(こちら)を読んで、これは実践するしかないと決意。小学生の娘さんの画用紙を奪い取り(笑)、フィンランド語を大書して、ロータス前に陣取ったんだそうです。

そして結果はというと、

Kimi

これ、この通り。サインをもらっただけでなく、にっこり笑って2ショット。ライコネンのこんな笑顔、めちゃくちゃレア物ですよ(肩に手をかけそうで、かろうじて遠慮してるところも初々しい(o^-^o)。

あの会話集は本来、フィンランド語を覚えて、話しかけてもらうことを想定してたんですが、まさか画用紙に大書するとは・・。迫力勝ちでしたね。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

鈴鹿の盛り上がりは、やっぱりスゴイです。

昨日から、また日本に来てます。鈴鹿です。

Th_img_2633

日中はまだ30℃近い陽気ですが、雲はすっかり秋模様。

Th_img_2574

朝9時過ぎにサーキットに着くと、地元の小学生たちがすでに見学に訪れてました。そして午後ともなれば、

Th_img_2595

まだ木曜日で、クルマも走ってないっつうのに、これだけの人が集まってる。

Th_img_2607

なぜかフィンランド国旗が、よく目立つ。その上ライコネンではなく、コバライネンの特大垂れ幕がぶら下がってました。

Th_img_2626

おりしもピットロードには、車検を待つクルマが並び始め、

Th_img_2629

ロータスの小松エンジニアが、テクニカル・ディレクターたちとずっと話し込んでました。

Th_img_2625

マシン解説、トップチームの秘密兵器すっぱ抜きで有名なイタリア人ジャーナリストのジョルジョ・ピオラは、こういう場所には必ず出張ってます。

Th_th_img_2608

この人も、必ず。ん〜、また育ったかな。

Th_img_2622

森脇さんに一生懸命、何か説明してる。いつ見ても、ほんとに熱心。そのあとこちらに気がついて、照れ笑いしてましたけど。

Th_img_2606

それにしても木曜からこれだけ盛り上がるグランプリなんて、世界中で鈴鹿だけ。ぜひ再来年以降も、続けてほしいものです。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

秋はやっぱり、ジロール茸だよね。

イエナの市場に久しぶりに出かけたら、ジロール茸のいいのが出てました。

ちなみに日本語では、アンズ茸というそうな。杏(アプリコット)の香りがするからとウィキペディアに書いてあるけど、う〜ん、香らないかも。

Th_img_2569

キッチンペーパーで汚れを取る必要など、ほとんどなし。大きいのは二つに裂いて、石突きを切り取る程度。

あとは熱々のフライパンにオリーブオイル、にんにく、ベーコン。そこへどさっとジロール茸。軽く火が通ったところで、パスタを投入。

Th_img_2572

最後にパセリを散らして、出来上がり。いつもより多めの塩でパスタを茹でたので、あとはベーコンの塩味だけで十分でした。美味、美味。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

で、本場のタイ飯は?

チャイナタウンから戻り、「ここは絶対オススメ」と、知り合いに教えてもらった本場のタイ飯屋に、急いで出かけました。

Th_img_2543

ん〜、思いっ切り日本語で表示してあるけど・・。

Th_img_2524

でも店内の、場末な雰囲気は悪くない。僕がすぐに日本人とわかったみたいで、持って来てくれた写真付きメニューも、全文日本語でした。

Th_img_2530

最初にタイのシンハビールを呑みながら、湯葉の揚げたのをいただき、次にこの店の名物らしき豚の喉肉チャーシュー。締めにタイ炒飯、というつもりで注文したところ、いきなり炒飯登場。

Th_img_2531

しばらくして湯葉。二品とも、それぞれ見た目はナニですが、けっこうイケました。

Th_img_2535

そして喉肉は、完全に忘れられてたみたいで、だいぶん経ってから催促して、ようやく出てきました。とまあ順番にはちと難アリだったのですが、初タイ料理inバンコクは、それなりに堪能しました。

Th_img_2539

さあホテルに戻って荷物を回収して空港へ、と思ったら、外はものすごい夕立襲来中。

Th_img_2545

30分ほど軒先で雨宿りしてたんですが、全然止みそうにない。地下鉄の駅まで、ダッシュで駆け込みました。

Th_img_1909

ホテルを経由して、空港行き直通電車に乗車。片道90バーツ(約230円)。同じ名前の付いてる日本国鉄のに比べると、値段は10分の1でした。タイの物価は確かに安いけど、日本の交通機関の料金も高過ぎます。

少し様子もわかったし、おいしい中国茶も売ってるし、来年も行こうっと。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »