« 初日も、快晴! | トップページ | 有言実行の可夢偉よ、あんたはエライ。 »

2012年10月 7日 (日)

可夢偉3位っ!表彰台特集なのだ。

土曜日の予選をすっ飛ばして、いきなり決勝レースの話です。

Th_img_3405

なんたって2004年の佐藤琢磨以来8年ぶりの、日本人表彰台ですから。しかも鈴鹿で。

Th_img_3405_3

いい顔してる。ほんとに、うれしそう。

Th_img_34141

まずは勝者セバスチアン・ベッテルへの、トロフィ授与です。

Th_img_34161_3

続いてトロフィを受け取った2位マッサが、足下に置いてあったシャンペンボトルをひっくり返して、「あ、やっちまった」。

Th_img_34171

そしたらマッサ、まだ可夢偉くんへの授与式も終わってないのに、勝手にシャンペンシャワー始めちゃいました。みんな、バカ受け。

Th_img_34381

ようやく、可夢偉くんの番になりました。「よくやった」とベッテル。二人は下位カテゴリーの欧州F3で、チームメイトだった仲です。

Th_img_34451

そしてほんとのシャンペンシャワーの始まり。

Th_img_34611

この日ばかりは、何ぶっかけられてもうれしい。

Th_img_34771

セバスチアン、意外にしつこい性格かも。

Th_img_34821

今回の勝利で、選手権首位のアロンソ追い落としも時間の問題となったベッテル。フェラーリ更迭の噂の中、「別人か?」と思うような力強い走りで2位に入ったマッサ。そして何度も何度もチャンスを逃した表彰台を、ようやく自国GPで射止めた可夢偉。三者三様のうれしさが、表情に出ています。

Th_img_35001

今年から表彰台でヒーローインタビュー第一部が行われることになったのですが、鈴鹿のインタビュアーはジャン・アレジでした。でも可夢偉くんは、完全に「ワシ、関係ないもんね」状態。ずっと、こっちの方を見下ろしてました。

Th_img_3503

僕の横にいた担当エンジニアのフランチェスコと、目と目で話してたのか。

Th_img_3548

ようやくガレージに戻ってきた可夢偉を、マネージング・ディレクターのベアト・ザンダーががっしと抱きしめる。

Th_img_3569

そして記念撮影。おいおいペレスくん、まるで自分のことのように喜んでるじゃないの。ひょっとして、いいヤツだった?いやいや、マクラーレンへの栄転も決まったし、レースでハミルトンもぶち抜いたし、余裕の笑顔ってことなのか?ま、いいでしょ。可夢偉よ、残り5戦で最低2回は表彰台に乗って、見返してやるのだよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 

 

 



|

« 初日も、快晴! | トップページ | 有言実行の可夢偉よ、あんたはエライ。 »

F1」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

一時帰国中」カテゴリの記事

コメント

ムッシュ、可夢偉にインタビューしてるマッチの写真とってるところ、テレビに映ってましたよ。

投稿: minmin | 2012年10月 7日 (日) 17時58分

そうでしたか。お見苦しいところを・・。ま、とにかく良かったです。表彰台効果なのか、夜11時過ぎに鈴鹿インターから東名阪に入ったら、10KMの渋滞でした。くたびれた・・・。

投稿: ムッシュ柴田 | 2012年10月 7日 (日) 19時12分

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=112414182249838&set=a.104702483021008.8404.100004437695405&type=1&relevant_count=1&ref=nf

投稿: 赤堤仙人 | 2012年10月 9日 (火) 04時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/55837263

この記事へのトラックバック一覧です: 可夢偉3位っ!表彰台特集なのだ。:

« 初日も、快晴! | トップページ | 有言実行の可夢偉よ、あんたはエライ。 »