« マリー・アントワネットの牢獄訪問。その2 | トップページ | どうしてパリには、アイリッシュパブが多いんだろ? »

2012年9月18日 (火)

『オルフェーヴル河岸36番地』パリ警視庁を、見物してきました。

きのうのマリー・アントワネットに味を占め、日曜日はパリ警視庁に行くことにしました。ただしこちらはかなりの人出が予想されるため、朝8時20分にAutolibに乗って出発。10分で到着しましたが、

Th_img_1559

すでに長蛇の列。きのうの夜、ニュースで紹介してたからかな。

Th_img_1556

日本の警視庁が「桜田門」というように、パリ警視庁は別名「オルフェーヴル河岸」と呼ばれます。

Th_img_1564

その正門「36番地」はフランス人にとって、イギリス人のダウニング街10番地くらい有名かと。あのメグレ警部シリーズに、頻繁に登場するからなんですね。

Th_img_1568

警視庁の中庭が、この日の主な展示会場だったんですが、

Th_img_1618

ほとんどの人は脇目も振らずに、この建物へ吸い込まれて行く。「司法警察局」。メグレ警部(のちの警視)の職場があったからなんでしょう。

Th_img_1592

といっても、すり減った螺旋階段が続くだけ。

Th_img_1591

でもみんな満足そうに、雰囲気に浸ってましたね。

Th_img_1622

中庭には新旧の警察車両が置かれていたり(左はシトロエンのトラクシオン・アヴァンです)、

Th_img_1626

鑑識捜査の説明に、興味津々聴き入っていたり。

Th_img_1601

左のご婦人は、マネキンではありません。殺人現場に、堂々と入り込んでる。殺人事件好きに、国境はありません。

Th_img_1596

殺人鬼の犠牲者の写真とか、けっこう残酷な展示もあったんですが、家族連れで和気あいあいでしたね〜。

Th_img_1636

締めは、警視庁吹奏隊の生演奏。

Th_img_1638_2

でも演奏より、この人の眉毛に視線釘付けでした。good

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 

|

« マリー・アントワネットの牢獄訪問。その2 | トップページ | どうしてパリには、アイリッシュパブが多いんだろ? »

パリ暮らし」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/55693028

この記事へのトラックバック一覧です: 『オルフェーヴル河岸36番地』パリ警視庁を、見物してきました。:

« マリー・アントワネットの牢獄訪問。その2 | トップページ | どうしてパリには、アイリッシュパブが多いんだろ? »