« さすが静岡の、茶尽くしスイーツ工房。 | トップページ | スターバックスの無料wifiで、絶句するの巻。 »

2012年8月 8日 (水)

『凍りの掌(こおりのて)』、読みました。

「キッザニア」に出かける娘の引率で、豊洲のららぽーとへ。隣の紀伊国屋書店をひやかしてたら、平積みになってるこの本を見つけて、思わず購入しました。

51slt74tttl_sl500_aa300_

シベリアに4年間抑留されていた父親の体験を、娘である作者が漫画化した作品です。僕の父も同じように4年間抑留され、生前何度か話を聴こうとしたんですが、「思い出したくない」と話してくれませんでした。思わず購入したのは、それがずっと引っかかっていたからなのか。少し羨ましい思いを抱きつつ、読ませていただきました。

娘にも読ませたいけど、強制すると意固地になるだろうし、その辺の目に付くところに置いとこうかな。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

|

« さすが静岡の、茶尽くしスイーツ工房。 | トップページ | スターバックスの無料wifiで、絶句するの巻。 »

一時帰国中」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/55377669

この記事へのトラックバック一覧です: 『凍りの掌(こおりのて)』、読みました。:

« さすが静岡の、茶尽くしスイーツ工房。 | トップページ | スターバックスの無料wifiで、絶句するの巻。 »