« 今年の革命記念日パレードは、上から目線で見物でした。 | トップページ | パリを走るのが、楽しくなる!Autolib体験記:試乗篇。 »

2012年7月15日 (日)

これは楽しい!パリの乗り捨てEV(電気自動車)Autolib体験記:登録篇

1年前の発足以来、パリ市内でもちらほら見るようになったオートリブAutolib。ヴェリブVelibの電気自動車版ですね(ヴェリブ試乗記は、こちら。かれこれ、もう4年前ですか)。

Th_p1030419

大都市の新しい移動手段として、多大な興味はあったんですが、ふだんは地下鉄か自転車で動いてるし、今さら自動車あんまり使わないし・・・と、二の足を踏んでおりました。

ところが先日、レンタカーを市内某所で返して、ヴェリブで帰ろうと思ったら、大雨襲来。近所に、オートリブの申し込み所(キオスクと呼ぶようです)があることを思い出し、発作的に飛び込んだのでした。

Th_img_1691

これですね。中に入って、TV電話の前に立ち、

Th_img_1690

担当のおにいちゃんとのチャットが始まります。「じゃあ免許証を、脇のガラス面に押し付けて下さい」と言われて、撮影中のところ。あとは顔写真を撮って、クレジットカードを登録して、おしまい。下の口から、仮のバッジがぽこっと出て来ます。けっこう簡単。

ちなみに料金は、1年間有効で144ユーロ(約14000円)。それ以外、乗車するたびに、30分ごとに約5ユーロ(約500円)かかると。

しかし。手続きはけっこう簡単だったんで、乗るのも簡単だと思ったのが間違いの始まりでした。

Th_img_1696

こんなふうにクルマ後部につながってるプラグを外して、乗り込んでスイッチをひねれば発進、のはずが、車内のディスプレイに「運転は許可されません」の非情の文字が・・。なぜ?どうして?と考えてもしょうがないので、またキオスクに逆戻り。TV電話で、助けを求めました。

Th_img_1697

そしたら半分笑われながら、「まずターミナルにカードをかざして、暗証番号を入力。『何番のクルマをご利用下さい』と出ますよ」と言われちゃいました。ターミナルというのは、この柱ですね。

言われた通りにやったら、今度こそ簡単でした。ふだんは説明書の熟読も苦にならないマニュアルくんなのに、この時ばかりは全部すっ飛ばしたのが間違いでした。
(試乗篇に続きます)

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

|

« 今年の革命記念日パレードは、上から目線で見物でした。 | トップページ | パリを走るのが、楽しくなる!Autolib体験記:試乗篇。 »

クルマ」カテゴリの記事

パリ暮らし」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/55205284

この記事へのトラックバック一覧です: これは楽しい!パリの乗り捨てEV(電気自動車)Autolib体験記:登録篇:

« 今年の革命記念日パレードは、上から目線で見物でした。 | トップページ | パリを走るのが、楽しくなる!Autolib体験記:試乗篇。 »