« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

菜の花の里。

Th_p1020584

この週末は、ノルマンディ地方に小旅行に出かけてきました。

Th_p1020582

ちょうど菜の花真っ盛りの時期。天気は今ひとつでしたけど、曇り空の方がかえって黄色が映えるような気がします。

Th_p1020590あんまりきれいなんで、道端にクルマを止めて、畑の脇でパチリ。

Th_p1020611

続いてノルマンディ観光定番のエトルタへ。

Th_img_1497

象の鼻岩の横には、連合軍の上陸に備えてドイツ軍の建てたトーチカが、今もびくともせずに佇んでます。

Th_img_1498

そのトーチカには、「散歩、危険」の標識。この上の崖を歩いたことのある人はおわかりでしょうが、

Th_p1020621

手すりなんぞ、ほとんどなくて、足を踏み外せば数10m下の海岸まで真っ逆さま。けっこう、しびれます。

Img_0197

同じくらい危険なのが、観光客をナメ切ってるカモメたち。この日も、テラスで食事中の家族連れが急降下攻撃を仕掛けられ、フライドポテトを一度に10数本さらわれてました。口からボロボロとポテトを溢れさせながら、逃げ去って行くカモメって・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

フランスの大統領選も、たけなわのようで・・。

 火曜日にバーレーンから戻って来て以来、すっかりブログ更新をサボってしまってました。今日からまた、ガシガシ書いて行きます。

 パリに着いた日、空港からそのままロワール地方のある村に行ったんですが、2日前の第1回投票終了後も、まだそこかしこに候補者ポスターがそのまま残ってました。で、あらゆるポスターが、落書きだらけ。このあたりはかなり保守的な土地柄のようで、

Th_p1020468

社会党のオランド候補や、保守UMPを離党したデュポン・エニャンには、ヒトラーヒゲが描かれてるし、

Th_p1020470

緑の党の候補には、「この、あばずれ!」・・・。それに対して、今回大躍進した極右のマリーヌ・ルペンには、「絶対、投票!」「FN(国民戦線)最高!」と、最大限の賛辞。外国人排斥を主張する彼女が万が一大統領にでもなったら、われわれはフランスを出るしかないですね。

Th_p1020762

ま、まだ当分、そんなことはないでしょうが。

パリに戻ると、近所の行きつけのパン屋に、サルコジとオランドの似顔絵チョコが飾ってありました。22,50ユーロ(約2500円)。う〜ん、売れないかも。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

高速道路、炎上・・・。

決勝レース前夜、主催者がバーベキューパーティを開いてくれました。

Th_bbq3

仕事を終えたチーム関係者、原稿書きかけで駆けつけた報道陣などで、大盛況。

Th_bbq1

こういうパンは中東ではピタというんですが、ちゃんと窯で焼いた熱々を出してくれる。

Th_bbq2

あらよ、一丁上がり。

Th_bbq8

他にも羊や鶏の串焼きやら、ご法度のはずのワイン、ビールまで振る舞われて、みんな上機嫌。あ、マッサの担当エンジニアのスメドレーだけは虫の居所が悪かったみたいで、尾張くんが写真撮ろうとしたら、露骨にいやな顔してました。

Th_1

すっかりいい気持ちになって、「ま、原稿は明日でいいか」と、シャトルバスに乗ってホテルに帰ろうと高速道路上を走っていると、運転手が急ブレーキ。

Th_2

反対車線の道路上で、何かが激しく燃えてました。おそらく何本ものタイヤに、火をつけたんでしょう。誰かに危害を加えようというより、警告、あるいは存在誇示のためかと。同乗してた熱田カメラマンが、はるかに臨場感のある写真を撮ってますので、そちらをどうぞ。

Th_2_2

そんなことが続いてるので、当然警備は日を追って厳しくなり、

Th_dscn4286

昨日からは検問所に、装甲車も登場。

Th_4

今朝はメディアバスも、全員が降ろされ、車内を金属探知器や警察犬で臨検。こんなことまでされて、今後もこの国でF1をやる意味があるんですかね。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

バトンにインタビュー。

バーレーンGP初日の夕方。

Th_3

大音響とともに、花火が打ち上がりました。プレスルームにいた同僚たちの中には、「テロか!?」と、浮き足立ったのもいたようですけど。

Th_img_1482

僕はちょうど、サーキットを走り終えたところ。一周の距離は上海とほぼ同じなのに、こっちの方がずっと短く感じました。そういうレイアウトなのか、体調もいいのか。おかげで例の選手権、2位に上がりました。happy01

Th_04f1gpbahrain3500

昨日はその前に、ジェンソン・バトンにインタビューしてました。彼とじっくり話すのは、久しぶりです。このインタビュー、こちらからの以来じゃなく、チームから数日前に「どうですか?」と言ってきたんですよね。

世界チャンピオンのバトンのことは、すでにいやというほど世界中のメディアに露出してるはず。それでもなお、ジャーナリストたちにさらに話を聴いてもらおうという、トップチームのさすがのどん欲さ。

Th_04f1gpbahrain3470

おまけにチームの専属カメラマンが、インタビュー中写真を撮り続け、「あとでご自由にダウンロードして、お使い下さい」という至れり尽くせりぶり。その話を熱田カメラマンにしたら、「だから僕らの仕事が、なくなるんだよね」と涙目になってましたけど。

それにしてもこの人、ほんとにレースが好きなんだね〜。ミーハーの当方としては、最後にジェシカのこと訊こうと手ぐすね引いてたんだけど、もう最初から最後までF1を語りまくり、時間切れになってしまったのでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

緊迫してるんだか、してないんだか・・・。

今日、金曜日から、バーレーンGPが始まりました。

Th_dscn4125

この週末、報道陣の多くは、GP主催者の用意したシャトルバスに乗って、ホテルとサーキットを往復します。フロントガラスには、反政府陣営をわざと刺激したいのかと思うような、特大のF1パスが貼ってありました。

Th_

昨日まではなかった道路上の検問が、そこかしこに。でも、通り一遍の検査という感じです。プレス用シャトルは、そのままフリーパスだし。

Th_3

そしてサーキットの入り口には、ものものしい金属探知器付きのチェックゲート。でもみんな手荷物を持ったまま、探知器をくぐるようになってる。だから当然ピーピー鳴って、バッグを開けて検査。この検査も、これまた実におざなりでした。

Th__2

ところが段ボール箱を抱えていた熱田カメラマンだけは、きっちりつかまって梱包を開けさせられてました。日本から可夢偉くんのヘルメットを運んで来ただけなんですけど、人相悪かったからかな。

今回のバーレーンGP開催の是非をめぐっては、ドライバーたちは極端に口が重くなってます。たとえばジェンソン・バトン。

Th_2

木曜日の囲みで、フォース・インディアのメカニックが火炎瓶騒動に巻き込まれた件をイギリス人ジャーナリストが質問すると、「僕はF1ドライバーとして、ここに来てる。レースのことしかコメントしないよ」と、ふだんの気さくなジェンソンとは別人のような、実に素っ気ない答え。

チームやスポンサーからいろいろ縛りがあるのはわかるけど、もうちょっと人間的な一言がほしかったかな。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

厳戒(?)下のバーレーンを走る。

まさか来ることはないだろうと思ってたバーレーンに、昨夜到着しました。せっかくなので、町中はどんな様子なのか見てやろうと、朝7時過ぎに見物ランニングを開始。

Th_img_1459

相変わらず、雲ひとつない快晴です。この時間は意外に涼しく、25、6℃ぐらい。いつもの道を、旧市街へと向かいました。

Th_img_1460

途中、やたら片側だけ渋滞してるなあと思ったら、検問の最中でした。

Th_img_1463

その先には、完全武装の軍が界隈を閉鎖してました。きのうこの辺りで、ちょっとした小競り合いがあったようです。とはいえ兵隊はのんびりムードで、僕の挨拶にも笑顔で応えてました(さすがに写真は撮らなかったけど)。

Th_img_1469

さらに別の界隈で、検問中。これはだいぶ離れてから、ちょっとドキドキしながら隠し撮り。なにしろ「F1の取材だけする」ということで、この国に入れてもらってますからね。

Th_img_1467

いくら朝早いとはいえ、完全にシャッター商店街状態。尾張くんが地元の人に聞いた話では、去年からの騒乱はシーア派とスンニ派の宗派抗争というより、経済格差に起因する部分が大きいみたいです。

Th_img_1470

結局、首都マナマ市内で、F1開催反対の落書きは見つかりませんでした。代わりにいたる所にあったのが、

Th_img_1478

こういうF1に引っかけたスローガン。Unified(統一)がUniF1edになってる。「F1で国をひとつに」ってこと?

Th_img_1474

でも、もともと国がひとつなら、こういう宣伝は必要ないわけで。

Th_dscn4062

今朝買い込んだ地元新聞も、デモの記事とかは皆無で、「F1で明るい未来」みたいなのばっかりでした。

Th__20120419_122606

一方でフォースインディアのメカニックはサーキットから帰る途中、火炎瓶攻撃のとばっちりを受けたりしてる。さてこの週末、どうなることやら。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

旧市街ランで迷いまくり、最後は小籠包でひと息つく・・の巻。

決勝レースは午後3時からだったので、朝のうち嘉定区の旧市街を走りました。最後は例の小籠包屋でプロテイン補給しようと、小銭をポケットに忍ばせて。

ところが、ちょっといつもと違うルートを選んだら、迷いまくりました。

20120415_114445

これだと、そうは見えないかもしれないですが、もうあっちにウロウロ、こっちにウロウロ。本人は、右上の堀に囲まれた円の中を走ってたつもり・・。さすがの地理感覚です。こうなったら道行く人に、訊くしかない。でも中国語は、ニーハオとシェシェしかできない。困った末に思いついたのが、

Th_dscn4003

これでした。フランスの巨大スーパー「オーシャン」。中国語だと「欧尚」と書くんですが、発音はどうやら同じみたい。このスーパーが、幸い小籠包屋のすぐ近くに建ってて、界隈の人ならみんな知ってる(はず)。

Th_dscn4004

土曜夜には、中国茶のバラ売りを買いに行きました。

Th_dscn4005

ものすごい種類があって迷いましたが、香りをかいだり、一つまみ食べたりして、鉄観音茶とジャスミン茶の高いのを購入。といっても空港で買うより、はるかに安いです。

ということで、優に10人以上の人に「オーシャン?欧尚?」と訊きまくり、ようやく馴染みの小籠包屋に到着。

Th_img_1448

まずは小籠包を注文。8コで130円と激安ながら、日本ではちょっと食べられない本場の味です。左上のジャスミン茶は、横のコンビニで買ってきた無糖バージョン。約50円。これまた、おいしい。

Th_img_1449

これでは足りずに、搾菜と豚肉を炒めたのを載せたラーメンも注文。120円。これもおいしかったけど、麺がぎっしり詰まってる。残しちゃ悪いと一生懸命食べ終わった時には、もう動けない〜。

Th_img_1454

奥から出て来て、僕を見つけた店主、写真のお礼のつもりかタバコを一本くれようとする。あの〜、走ってる最中なんですけど。丁重に断ったら、今度はいっしょに写真撮ろうと。食べ終わった客に僕のiPhoneを渡して、撮ってもらったのでした。

Th_img_1450

これは、ワンタンかな。来年は、これ食べよっと。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

可夢偉くん、グリッド上オイル痕の決定的写真・・。

中国GPの可夢偉くん、何とも残念な結果に終わってしまいました。いつもは素晴らしいスタートを決める彼が、今日に限ってズルズルと抜かれて行った。さすがに緊張してたのかと思ったんですが、そうじゃなかった。

Th_dscn4053

これはスタートの瞬間を、プレスルームのテラスから撮ったものなんですが、左側前から2台目が可夢偉くんのマシンです。

Th_dscn4053_2

拡大写真。可夢偉マシンの右前後輪だけが、オイル痕の上に乗ってる。これじゃあいくら絶妙のタイミングで発進を決めても、そのあとスピードが乗らないはず。

午前中のポルシェカップで流れたオイルを、マーシャルがそのままに放置していたようです。レース中は、最速タイムを叩き出すくらいペースが良かっただけに(日本人ドライバーの最速タイムは、何と1989年の中嶋悟以来23年ぶり・・)、あんなオイルさえなければと思ってしまいます。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

可夢偉くん、予選3番手!!

今季はクルマの出来が良さそうなので楽しみにしていたんですが、開幕2戦はトラブルやチームのミスで、なかなか結果が出せなかった。その間にチームメイトのペレスが、2位表彰台に上がってしまい、本人は決して口には出さないけれど、相当やり切れない思いだったはず。

でも今日の予選では、並みいる上位陣を差し置いて、4番手タイムを記録。2番手のハミルトンが5番降格のペナルティを受ける予定で、明日のレースは2列目、3番手からのスタートになります。

Th_dscn3976「予選は、予選。レースじゃないですから」と、報道陣の前では慎重な態度の可夢偉くんでしたが、予選直後はさすがにうれしそう。チームトレーナーのヨーゼフに、「ほんまは3番なんやて」と、説明してました。

ちなみにこのヨーゼフ、前回マレーシアでペレスが表彰台に上がった時は、サーキットから空港に向かう失意の可夢偉くんを、わざわざ駐車場まで送りに行ってくれてました。ペレスといっしょに大騒ぎしてても、別によかったのに。いい人なんです。

Th_dscn3992そのあとも中国人のファンに囲まれたりして、なかなかチームまでたどり着けない。とどめは英国BBCの生中継にまで引っ張り出されてました。エディ・ジョーダンとデビッド・クルサードが、「すごい走りだったねえ」と問いかけると、「レースペースは前の2台より速いし、明日は表彰台上がりますよ」と、頼もしい答え。

日本人がこんなに前からレースするのは、2004年の佐藤琢磨くん以来。ああ〜、明日は本人以上にドキドキしそう。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランニング世界選手権で、暫定3位だぞ!?

昨晩は、上海サーキットを一人で走りました。

Img_1441

夜7時過ぎ。コース上は、もうほとんど真っ暗。遠くに見えるメインビルディングを頼りに、ひたすら走りました。

Th_2

昼間見ると、こんな感じです。これがピットロードからの景色。

Th_p1100173

こちらはメインタワーの最上階にある、プレスルームから見た2010年のスタート直前風景。とにかく何もかもが、巨大。いかにも、国威発揚しましたという感じ。

20120413_231651

サーキットは、こういうレイアウトです。上海の「上」の字をかたどってる。TVでは見づらいですが、実際に足で走るとけっこうアップダウンがあって、なかなかいいコースです。

で、以前も紹介しましたが(こちら)、F1関係者が参加して、仕事のあとに各サーキットを走る選手権。これで今回、僕が暫定3位にランクインしててビックリ。

20120413_232941

ね?

実はこれ、1周のタイムを競う方の本来の選手権じゃなく、各ランナーが自分のタイムをどれくらい縮めたかで、ポイントがもらえるもの。「速さや年に関係なく」と趣旨を謳ってるところが、うれしい。

僕の場合、開幕戦のオーストラリアは寝不足でヘロヘロ、次戦マレーシアは蒸し暑くてボロボロ。今回ようやく体調もコンディションもよく、ようやくkm5分以内で走ることができたので、大量にポイントがもらえたみたいです。

ガチンコの方の選手権は、km3分30秒とかで走る人々が上位を独占してる。とても入賞なんて無理だと思ってたので、これは素直にうれしいかも。


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

上海では、会いたかった人々は皆いなくなってしまい・・。

上海到着の翌朝、嘉定区旧市街にランニングに出かけました。

Th_img_1436

Th_img_1427_3

時間が止まったかのような街並み。今朝は、紙焼きした写真を脇に抱えてのランです。去年まで毎年撮りためた、この界隈の人々のポートレイトを持って来たのでした。せっかくなので、モデルになってくれた人に差し上げようと。たとえば、これ。

P1040100_2

2008年秋に撮った、若夫婦と赤ちゃん。でも今回訪れると、

Th_img_1428_2

家は、跡形もなくなってました。去年来た時は家は確かにちゃんと建ってただけに、もっと早く渡せばよかった・・。

Th_img_1432

この辺り、大規模な取り壊しの真っ最中で、来年来たら真新しいマンションか何かになってるのかも(`ε´)

P1040098_2

このお婆ちゃんたちを撮ったのは、まだ去年でした。

でも行ってみると、後ろに映ってる「冷飲所」は壊されてこそいないけど、すでに閉まってる。それで近所で消息を聞こうと戸を叩いたら、おばさんが怖い顔して出て来た。そりゃ、そうだ。言葉の全然通じない、短パンTシャツで汗みどろの男が、写真を持って何か言ってるんだから。

でも事情がわかったら、腕を掴んで何軒か先に連れてってくれました。どうやら右側のお婆さんの娘さんが、住んでる家らしい。

Th_img_1434_2

案内してくれた人。娘さん(らしき人)は写真を受け取ると、すぐに家に引っ込んでしまいました。

Img_0599

このおばあちゃんと孫も、去年の撮影。

Th_img_1435

なのに家自体はあったけど、すでに無人。近所で聞いても、残念ながら要領を得ませんでした。

Img_0602_2

元気で変わりないのは、この小籠包屋のオヤジだけだったな〜。

Th_img_1438_2

あ、帽子が変わってる(笑)。横の帳場にいたおかみさんに、「去年、この男が走ってきて、それで小籠包食ってさ」と、身振り手振りで説明してから、照れ臭そうにポーズを取ってくれました。そしたらおかみさんは、今日も汗かいてる僕に、紙ナプキンを渡してくれたのでした(^-^;

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

エアフラ上海便の機内は、ピカールの店内より寒かった・・。

久しぶりにエアフランスを利用して、上海へと出かけました。夜11時25分発の便は、超満席。隣のフランス人青年が両足で激しく貧乏揺すりするのにもメゲず、離陸したのもほとんど気付かないうちに、すぐに眠りに落ちて行きました。

ところがまもなく、強烈な寒さで目が覚めました。脱いでいた靴を履き、毛布を首まで被っても、震えが止まらない。荷物棚に仕舞っていたダウンジャケットを取り出して、着込んだぐらいでは、ほとんど足しにならないぐらいの寒さ。

Photo

呆れて、自画像を撮りました。こんな寒さでも隣のお兄ちゃんは、半袖でガーガー寝てる。こういう時は特に、西洋人との身体構造の違いを痛感します。ま、そのうち僕もいつのまにか寝てましたけど。

ヨーロッパの航空会社は、一般的に機内の設定温度がきわめて低めです。でもまさかダウンジャケット+毛布でも足りないとは・・・(ちなみにピカールというのは、フランス在住の方には説明の必要もありませんが、有名な冷凍食品のチェーンです)。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

今年の桜は、ずいぶん早い!

2年ぶりのお花見。場所は例によって、パリ郊外のソー公園です。

Th_p1020389

4月第1週に花見なんて、例年より2週間ほど早いのではないかと。この日は曇ってて、しかもけっこう寒かったのがちと残念でしたが。

Th_p1020386

「桜の花の下でピクニックをする」という習慣が、フランス人の間にも少しずつ根付いてきたみたいで、年々人出が増えてる印象です。

Th_p1020368

われわれは、3家族でちんまり。

Th_p1020359

でもみんな気合い入れていろいろ作ってきてくれて、そこにバンドールのロゼとマルサネも加わって、すっかり寒さを忘れました。

Th_img_1414

帰り際には、白い八重桜の方を観賞したり。こちらはなぜか、花見客が一人もいない。

Th_p1020393

腹ごなしに、木登りに格好な木で、遊んだり。

Th_img_1420

のんびりした1日でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

今まで通り、安田美沙子さんに癒されたかった・・かも。

あいかわらずランニングの際には腕にiPhoneを付けて、Nike+iPhoneで距離やペースの記録をしてます。これって走り終わった後に、「今日のランで、先週走った距離を超えました。お疲れさま!」とか、ねぎらったり励ましてくれる。で、その声が今までは安田美沙子さんと清原選手で、おじさんとしては単純に安田美沙子さんの方に癒されてました。

ところが今朝、走り終わって終了ボタンを押すと、 違う声に変わってる。同じく市民ランナーとしても著名な、長谷川理恵さんでした。落ち着いた大人の女性の語り口で、それ自体はすごくいいんですが・・・。

「ランニングペースは、人それぞれ。今日のあなたのランは、決して悪くなかったですよ」って、自分的にはかなり頑張った走りだったんだけどな・・・。

20120408_234859

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

恐るべし、アマゾンの超特急宅配便。

長年使っていたプリンターが、壊れました(こういう時に限って、インクカートリッジは交換したばかりだったりする・・・)。さらにこういう時に限って、すぐにプリントアウトして、そこにサインしてスキャンして送りたい文書があったりする。

そこでamazonフランスにアクセスして、速攻でインクジェット複合機を見つくろい、注文しました。その際、「amazon premium」(日本だとamazonプライム)というのに登録すると、最短でその日の夜10時までに配達されると。ウソだろ〜と思いつつ、とにかく急いでいたので、それを申し込みました。

そしたら夜の9時半過ぎ。ほんとに配達に来ました。日本だったら当たり前のことなんでしょうが、まさかフランスでこんなに速くモノが届けられるとは・・・(と、しばし感動)。たとえばDarty(フランスのヤマダ電機です)だったら、「3日後に配達」といわれて、実際には5日後というのが、まあ通常でしょう。

Th_dscn3689

右が新鋭機。左が旧型機。ずいぶんコンパクトになって、wifi接続で、設定も簡単なのに、再び感動。スキャナーの精度がちょっと甘い感じですが、エントリーモデルなのでまあしょうがない。

それにしてもこの本体、税込みでわずか63ユーロ(約7000円)。なのにインクカートリッジを交歓するたびに、約3500円かかるって・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

春一番の贅沢。

今年も、ホワイトアスパラの季節がやってまいりました。

Th_dscn3690

イエナの市場で、キロ22ユーロ(約2500円)。奮発して、買ってきました。4分ほど塩茹でして、

Th_dscn3693

ほんの少しだけ、マヨネーズとマスタードを合わせたのを付けていただく。う〜ん、極楽じゃ。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

パリマラソンまで、あと2週間。

残念ながら、僕は今年もスケジュールが合わず、欠場です(涙)。

Th_img_1403

日曜日だけ歩行者に開放されるセーヌ川沿いの自動車専用道路をジョギングしてると、やたらランナーとすれ違う。いい感じのペースで走ってる人たちは、順調に身体が出来上がってるんでしょう。

Th_img_1402

ペンキ塗り立てという風情の距離表示。2年前、ここ走ったよな〜。ちなみに奥の消防車は、ランナーを追っかけてるわけではありません。止まってます。

Th_img_1400

タイヤ泥棒?と思ったら、タイヤの絵が描かれた浮輪でした。でもこんなもの持って、どこに行くのやら。観光船に乗り込んでましたが(???)。

20120409_01751

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »