« 謹賀新年。 | トップページ | 父親のプチ雪辱。 »

2012年1月 8日 (日)

『あも』と『あんも』。

Th_dscn2278_2

ねっとり求肥(ぎゅうひ)をつぶ餡で包むという、ストライクゾーンど真ん中の和菓子をいただきました。いや〜、おいしかった。滋賀県大津の老舗「叶匠壽庵」の『あも』というお菓子なんですが・・・

Th_dscn2280

『あも』というのは「餅」を意味する古い京言葉だと、能書きに書いてありました。そこではたと思い出したのが、静岡の実家の母がお餅のことを「あんも」と言ってたなあということ。

ちょうど今読んでる井上ひさしの『日本語教室』にも、「言葉はら旋状に地方に伝播して行き、古い言葉は方言として残る」という意味のことが書いてあります。

「でしょう」を意味する静岡弁独特の語尾「ずら」「だら」も、古語「であらむ」から来てるしね。言葉って、面白い。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
 


|

« 謹賀新年。 | トップページ | 父親のプチ雪辱。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

パリ暮らし」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/53691350

この記事へのトラックバック一覧です: 『あも』と『あんも』。:

« 謹賀新年。 | トップページ | 父親のプチ雪辱。 »