« 南半球のクリスマス。 | トップページ | 刑務所と目薬。 »

2011年12月 2日 (金)

電子書籍としては、かなり残念だった『スティーブ・ジョブズ』。

 『スティーブ・ジョブズ』1、2巻を、読みました。ものすごく、面白かったです。

Main_l

 すぐにでも読みたかったのと、やはりこの人の評伝だったらiPadやiPhoneで読むべきかと思って、hontoというオンライン書店から日本語版をダウンロードしました。

 1、2巻合わせて、全部で何ページあったのか。紙の本だったらおそらくかなり分厚いものなんでしょうが、あっという間に読み終えました。最初は寝転がってiPadを支えるのが重かったり、iPhoneの小さい画面が煩わしかったりしたんですが、すぐにそんなことは気にならなくなりました。ただただ、この人の人生に圧倒されるばかり。

Image81

 ただし電子書籍として評価すると、残念な部分が山ほどあります。

 まず価格が高すぎます。amazonで買う本とまったく同じ1995円。紙代や印刷代、流通代がかかってないのに、なぜ?本屋さんや取り次ぎに配慮してるのでしょうが、紙の本とはまったく違う商品と考えるべきなのでは?僕ももし電子版が1000円だったら、1995円の本を改めて買うかも。

 そして同じ価格設定にするんだったら、少しは電子書籍らしさを出してほしかった。まず細かいところでは、iPadとiPhone間で同期されないので、デバイスを換えるたびに前回読んだページを自分で探さないといけない。

 辞書機能、索引機能も付いてない。登場人物がたくさんいる上に、場所によって名字で表記されたり名前で表記されたりしてるので、何度も「これ、誰?」ととまどいました。固有名詞をクリックすると、簡単な説明が出るとうれしいかな。

 Apple2をクリックすると写真が表示されたり、1984年のCMやスタンフォード大学でのスピーチ、あるいは数々の新製品プレゼンとかが動画で出てきたり、そういうこともしてほしかったです。

 何よりスティーブ・ジョブズの評伝なのに、Macで読めないって・・・(苦笑)。草葉の陰で、さぞ最大限に汚い言葉で罵倒しているのでは。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

|

« 南半球のクリスマス。 | トップページ | 刑務所と目薬。 »

パリ暮らし」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/53384874

この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍としては、かなり残念だった『スティーブ・ジョブズ』。:

« 南半球のクリスマス。 | トップページ | 刑務所と目薬。 »