« NISSIN vs AJINOMOTO。 | トップページ | リトルダンサー、がんばれ〜。 »

2011年12月13日 (火)

ウディ・アレンのMidnight in Paris。

 アブダビに行くエティハド航空の機内で観た映画です。それ以前にパリの街中でポスターを目にして、少なからず心が動いたのですが、「ウディ・アレンは、ちょっとカンベンかなあ」と敬遠しているうちに封切りが終わっていたのでした。

Middle_1304432570

 冒頭の雨に濡れたパリの風景で、一瞬にして物語の中に没入。トロカデロ広場周辺とかマレ地区とかの見慣れた風景なんですが、いとおしむように撮ってるから、こちらの心も動くんでしょうね。

 ここからはネタバレですが、一種のファンタジーです。パリに婚約旅行に来た作家志望のアメリカ人が、憧れの1920年代のパリにタイムスリップしてしまうお話。で、ヘミングウェイとかピカソ、ダリ、コール・ポーター、フィッツジェラルド夫妻などなど、当時パリに棲息していた錚々たる芸術家たちと出会う。彼らに扮した俳優たちが、思わず噴き出すほどイメージにはまっていて、僕としてはもうそれだけで大満足の映画でした。

 ウディ・アレンの作品の中では、『世界中がアイ・ラヴ・ユー』の系譜でしょう。

F48bc8476ee184969878e5445c0d384c

 こっちはちょうど、amazonで廉価版復刻DVDを売り出してたので、思わず注文いたしました。

20090826_620701

 気恥ずかしいタイトルだけど、何度観ても面白い映画です。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

|

« NISSIN vs AJINOMOTO。 | トップページ | リトルダンサー、がんばれ〜。 »

パリ暮らし」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/53480249

この記事へのトラックバック一覧です: ウディ・アレンのMidnight in Paris。:

« NISSIN vs AJINOMOTO。 | トップページ | リトルダンサー、がんばれ〜。 »