« 左近選手と、インテルラゴスを走る。 | トップページ | やる時は、やるよね、この男。 »

2011年11月27日 (日)

で、シュラスコですが。

 サンパウロでシュラスコを食べるのは、ほぼ2年ぶりでした。サンパウロ市内には、いたるところにシュラスコ屋があるんですが、最初に連れて行ってもらったFogo de Chaoという店につい行ってしまいます。

Th_dscn1681

 北米にもたくさんの支店がある、有名なチェーン店らしいです。

Th_dscn1691

 いつものように串刺しにした熱々の肉の塊を、切り分けてもらい、

Th_dscn1697

 次から次へと、平らげていく。1回の量は、ほんのわずか。岩塩だけのシンプルな味付けが、こういう料理には一番合います。

Th_dscn1686

 ワインはロトシルド男爵家がチリで造ってる、カベルネ・ソーヴィニオンにしました。重厚な果実味が赤身の肉によくマッチしてましたが、100レアル(約4000円)はちょっと割高感があったかな。

Th_dscn1678

 この店は何十種類もあるビュッフェ形式の前菜もおいしくて、いつもこれをつい食べ過ぎて、メインの肉は5、6串でギブアップしまいます。これでもずいぶん、控えめにしたつもりcoldsweats01

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

|

« 左近選手と、インテルラゴスを走る。 | トップページ | やる時は、やるよね、この男。 »

F1」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

異国のゴハン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/53345346

この記事へのトラックバック一覧です: で、シュラスコですが。:

« 左近選手と、インテルラゴスを走る。 | トップページ | やる時は、やるよね、この男。 »