« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月28日 (月)

やる時は、やるよね、この男。

Th_dscn1767 現地時間午後1時40分。ブラジルGP、決勝レース直前の様子です。今日は雨だって言ってたのに、降る気配はほとんどなし。奥の木立の下のごちゃごちゃは、みんな観客です。かなり盛り上がってました。

Th_dscn1769

 アイルトン・セナの甥っ子がグリッドに着く時には、ひときわ大歓声。昨日の予選で活躍しましたからね。レースは残念な結果に、終わってしまいましたけど。

Th_dscn1750

 最終戦ならではの風景です。このレースを最後に、もう会わない仲間たちもいるわけで。

Th_dscn1774

 可夢偉くんのグリッドに行くと、マネージング・ディレクターのモニシャが何か盛んに話しかけてて、彼は笑いながら「うん、うん」とうなずいてる。あとで聞いたら、「『ちゃんと仕事してね』って言うから、『大丈夫、任せといて』って言ったんです」。

 何しろ今季のザウバーは選手権6位の座をかけて、この最終戦までトロロッソと熾烈な争いを繰り広げてましたから。このレース、何が何でも彼らの前でゴールしないといけなかった。

 6位でも7位でも、そう変わらないじゃんと思うかもしれませんが、年間数百億円ものTV放映権料などなどは、その年の成績に応じて各チームに分配されます。6位と7位だと、少なくとも数億円の違いが出るとか。

Th_dscn1784

 で、可夢偉くん、16番手からスタートしたレースでは、きっちりトロロッソの2台を抜いて、9位入賞を果たしました。チームまで来たら、モニシャを先頭にスタッフ総出で出迎えてる。「ほうら、やったやろ」と得意満面の可夢偉くん。

Th_dscn1786

 「あんた、やっぱりスゴイわ」とモニシャ。

Th_dscn1787

 ン億円の抱擁だ・・・。

Th_dscn1807

 そういうケタ違いのお金の世界とは縁のないわれわれ下々の人間ですが、プレスルームに戻ってみると、お疲れさまシャンペンが用意されてました。Chandonてグラスに描いてありますけど、モエ・シャンドンじゃありません。でもシーズン終了直後の一杯は(3杯呑んだけど)、格別でした。

 いっしょに並んでるケーキはレモンと、もうひとつ何たらというブラジル特産の果物を合わせて作ったタルトだそうな。かなり濃厚な甘さなんですが、発泡酒によく合いました。

 今年も、終わったな〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

で、シュラスコですが。

 サンパウロでシュラスコを食べるのは、ほぼ2年ぶりでした。サンパウロ市内には、いたるところにシュラスコ屋があるんですが、最初に連れて行ってもらったFogo de Chaoという店につい行ってしまいます。

Th_dscn1681

 北米にもたくさんの支店がある、有名なチェーン店らしいです。

Th_dscn1691

 いつものように串刺しにした熱々の肉の塊を、切り分けてもらい、

Th_dscn1697

 次から次へと、平らげていく。1回の量は、ほんのわずか。岩塩だけのシンプルな味付けが、こういう料理には一番合います。

Th_dscn1686

 ワインはロトシルド男爵家がチリで造ってる、カベルネ・ソーヴィニオンにしました。重厚な果実味が赤身の肉によくマッチしてましたが、100レアル(約4000円)はちょっと割高感があったかな。

Th_dscn1678

 この店は何十種類もあるビュッフェ形式の前菜もおいしくて、いつもこれをつい食べ過ぎて、メインの肉は5、6串でギブアップしまいます。これでもずいぶん、控えめにしたつもりcoldsweats01

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月26日 (土)

左近選手と、インテルラゴスを走る。

 金曜日の夕方、山本左近選手とサーキットを走りました。

Th_img_1142

 ここは1周4,5kmほどで短いんですが、とにかくアップダウンが激しい。前半は、ず〜っと下り。これが有名な、セナのS字コーナーです。そして後半、これでもかと上り坂が続く区間に入ると、やはり20代の現役スポーツ選手と50代のオジサンとでは、歴然と差が付いてしまいます。

Th_img_1138_2

 2周目は1km5分ちょっとのペース。それでも左近くんは、息なんか全然切らさずに、ニコニコしながらさかんに話しかけてくる。こっちは上り坂の最中は、単語5コ以上は続けて発声できない状態。まあでも、たわいもない話をしながら走るのは、楽しいものです。

Th_img_1140

 まだ初日が終わったばかりというのに、最終コーナーアウト側の路面には膨大なタイヤかすが散乱していて、おじさんたちがせっせと掃き集めてました。

20111126_01120

 で、なんとか2周走り終わったあとは、今季最終戦でもあることだし、打ち上げでもしようと市内のシュラスコ屋へ。

Th_dscn1674

 行きは左近くんに、運転してもらいました。さすがに、スムーズ。速い上に、われわれのボロボロレンタカーが、まるで違うクルマみたいに乗り心地がよくなってる。当たり前だけど、やっぱりプロのレーシングドライバーは違うな〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

F1で、マトリョーシカ。

 満員電車ならぬ満席飛行機を乗り継いで、リスボン経由ではるばるサンパウロまでやって来ました。ヘロヘロになりながらサーキットにたどり着くと、フェラーリのガレージ前で何か発表会をやってる。

Th_dscn1582

 ノーズだけ並べて記念撮影というのもちょっと間抜けですが、横に書かれた「Kaspersky」のスポンサー発表会なものですから。

Th_dscn1586

 僕は全然知らなかったんですが、有名なアンチウィルスソフトのメーカーだそうな。フェラーリドライバーに囲まれて笑顔全開の創業者カスペルスキーにあとで話を聴いたら、「日本でも、もちろん展開してるよ。日本支社は、アキバにあるよ」と、秋葉原ではなく、アキバと言ってました。

 F1屈指の芸能通ヨネピーによれば、AKB48がイメージキャラクターだそうな。

 で、この会社、本社がモスクワにありまして。

Th_dscn1626

 なので、こんなお土産をもらったのでした。ウレシイ?うん、ちょっと。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

クリーニング屋の夜逃げ・・・。

 なにぶんスーツなど滅多に着ないもので、クリーニング屋にはほとんどお世話にならない。でも夏前、本当にたまたま、シミ取りをしてもらおうとジャケットを近所の店に持って行ったのでした。そしたら・・・

Th_img_1134

 夏休み明けの8月末に取りに行くと、店が閉まってる。何度出直しても、閉まったまま。最初は「経営者が替わりました。まもなく再開します」とか張り紙がしてあったのが、それもすぐに剥がれ・・。預けた衣類が回収できずに怒った顧客であろう、扉に白いペンキがぶちまけられる事態に。

 あれから早、3ヶ月近く。もうほとんど、あきらめかけておりました。

Th_img_1137

 で、さっき偶然通りかかったら、開いてる!ブラジル出張で空港に行く途中でしたが、速攻で入って行って、新しいオーナーに談判。

Th_img_1133

 無事、回収できたのでした。よかった〜。クリーニング屋のこういう夜逃げはけっこうあるらしく、他の界隈ではガラスをぶち破って保管中の衣類をごっそり持ち出す連中もいるとか。とりあえず、ホッとしました。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

パリ日本館で、落語会。

 この週末、久しぶりに落語を聴きに行ってきました。

B11

 三遊亭竜楽師匠。全然知らない噺家でしたが、去年聴いた友人が、「すごく面白かったよ」と。公演会場にも、興味がありました。

Satuma8

 パリ大学都市内の、日本館。1920年代に、大富豪の薩摩治郎八がぽんと私財を提供して建てられた、留学生のための宿泊施設です。この写真はおそらく、建立当時のものでしょうね。今もほぼ、当時のままです。

Th_dscn1556

 パリ滞在中の薩摩は、当時パリの画壇で活躍していた日本人画家のパトロンもしていました。特に藤田嗣治には支援を惜しまず、その縁から館内には2点の藤田が飾られています。

Th_dscn1560

 新聞記者としての最初の赴任地だった徳島で、僕は薩摩治郎八の未亡人利子さんと知り合い、かなり傷み始めていた日本館の修復を呼びかける記事を書いたりしました。大富豪だった薩摩は戦後零落しており、僕が知り合った頃の利子さんも、小さな洋裁店を一人で営んでました。

Th_dscn1563

 特設会場の奥に、2点目が見えます。

Th_dscn1564

 かなり直前になって公演が決まったらしく、事前のPRはほとんどなし。50名ほどしか集まらなかったのは、ちょっと残念でした。でも扇子や手ぬぐいの使い方とか、日本ではまず見せてくれない着物の裏地や長襦袢の柄まで披露してくれて、一同大満足。同時通訳をしてくれたフランス人のおじさん、日本語がひっくり返るほど達者でした。

Th_dscn1565

 演し物は、「寿限無」と「ちりとてちん」でした。それから間に、フランス人の前座(?)が、フランス語落語を大熱演。未熟ではありましたが、非常に華のある若者でした。何より表情の豊かさは、日本人にはとてもかなわない。フランス人によるフランス語の落語って、けっこう可能性あるんじゃないかと思ったりしました。

 それにしても徳島の利子さん、お元気かなあ。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

今年のボジョレ・ヌーヴォーは・・・。

 毎週土曜の午後は、娘を日本語の補習校に送って行ったあと、授業が終わるまで近所のカフェでのんびり待つのが日課です。

Th_img_1128

 その間、本を読んだり、パソコンを持って行って原稿を書いたり。MacBookAirにしてから、そういうことがほんとに苦にならなくなりました。

 いつもはカフェ・オレだけど、今日はボジョレ・ヌーヴォーでも頼んでみようかと。

Th_img_1129

 知らない造り手でしたが、かなり濃い赤紫。特有のガメイ臭もさほど気にならず、微発泡も好ましい感じ。凝縮感があるワインで、昼にがっつりスペアリブを食べたあとの一杯としては、最高の食後酒でした。その分、原稿進まなかったな・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

このトイレ、快適!

Th_img_1118

 今回初めて、アブダビのナショナルフラッグ、エティハド航空を利用しました。サービスもしっかりしてるし、なかなかいい航空会社でしたよ。機内も、ちょっとユニーク。

Th_img_1121

 なにしろトイレに、窓が付いてる!1枚目の写真は、ここから撮ったものです。今までずいぶんいろんな航空会社を利用してきましたが、「トイレに窓」は初体験でした。考えてみれば外からのぞかれる心配はないわけで(笑)、ぜひ他のキャリアも採用してほしいものです。機内のトイレって、けっこう閉塞感がありますからね。

 できれば横向きにして、坐った状態で絶景を眺められれば、なお良いかと。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑お気に召したら、ポチッと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)

中東人は、ちょっと違う世界の人かなあ。

アブダビ滞在中は、ほとんど毎晩地元メシに通ってました。

Th_dscn1500

 一番のお気に入りは、この店。車で通りかかって、「あ、よさそう」と思って入ってみたら、大正解。写真だとかなりケバく写ってますが、実際はもっとずっとシックな雰囲気です。

Th_dscn1494

 アラブ料理といっても、このあたりは中華とインドと中東料理がごちゃ混ぜになってる。これはほとんど炒飯だし、

Th_dscn1498

 熱々のナンも出れば、インドの乳酸菌飲料ラッシも出る。

Th_dscn1497

 メインはようやく、アラブ風のスパイスたっぷりの肉料理。でも「ミックス・グリル」を注文したのに、なぜか羊とか入ってなくて、つくね、骨付き、唐揚げ風と、なぜか全部鶏でした。それにしても、すべての量がものすごく多かった。前菜にはサービスで、てんこ盛りの野菜サラダが出てくるし、炒飯も肉料理も大皿にどっさり。ナンは、少なくとも10枚は入ってた。これで1人前30ディルハム(約600円)ですからね。

Th_dscn1499

 ヒゲはいかついけど、愛想のよかったレジのおじさん。明らかに頭髪よりヒゲの量が多い。

Th_dscn1522

 一方こちらは、メディアセンター受付の、アブダビ美人。

Th_dscn1543

 そしてグリッドガール。身長180cm以上の女性がズラッと並ぶさまにも圧倒されましたが、なんていうか違う世界の人々だな〜という感、強しでした。同じイスラムでも、モロッコ人はもうちょっと親しみやすかったんですけどね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑お気に召したら、ポチッと。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

人は、年を取る・・。

 日曜日のアブダビサーキット。午前中からいろんな人が集まってきて、華やかな雰囲気になってる中・・、

Th_dscn1529

 この3人がかなり異彩を放ってました。右にいるのは、「F1のドン」と呼ばれるバーニー・エクレストン。大掛かりな贈収賄疑惑で、ドイツ検察局から事情聴取を受けてる最中ですが、サーキットで見てる限りは元気いっぱい。もう80歳を過ぎてるんですけどね。

 左側は、元世界チャンピオンのニキ・ラウダ。ロン・ハワード監督が彼とジェームズ・ハントをモデルに、映画作りを進めてます。ちょっと楽しみ。

 そして真ん中で神妙に話を聴いてるのは、お久しぶりのゲルハルト・ベルガー。20年以上前、フェラーリドライバーだった頃の彼は、こちらの目をじーっとのぞき込むようにして話されると、男の僕でもドギマギしてしまうくらいいい男だったもんですが。

 それから決勝スタート直前にすれ違って、「え、うそ?」と思ったのが、この人。

Th_dscn1548

 あの、ロナウド!?まだ現役引退して1年も経ってないのに、見るからに動くのがシンドそうでした。体調も、あまりよくないらしいのですが・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑気に入ったら、クリックをお願いします。


 

続きを読む "人は、年を取る・・。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

アブダビサーキットを走る。

Th_dscn1422 アブダビサーキットの向こうに、夕日が沈もうとしています。

Th_dscn1432

 このサーキットの売りは全グランプリの中で唯一、通称トワイライトレースと呼ばれるレースを行うこと。まだ明るい午後5時から始まって、夕暮れを経て、すっかり夜になった頃にフィニッシュという、ユニークな形態です。この写真は、初日練習走行が始まって30分ほどした、午後5時半ごろ。まだこれぐらい、明るく撮れます。

Th_dscn1440

 それが午後6時を過ぎると、急速に暗くなります。そして気温が下がって、路面温度も一気に下がる。

Th_dscn1480

 午後6時半。超高級ホテルYas Hotelのガメラの甲羅みたいな外殻が、妖しげに光の色を変えてます。部屋からだと、場末のホテルのネオンサインみたいで鬱陶しそう。って、ひがみ入ってる?

Th_img_1109

 仕事も一段落した午後9時過ぎ、サーキットを走りました。これがホームストレート。

Th_img_1104

 3コーナーから下って行くところ。TV画面では気付かなかったのですが、けっこうなアップダウンがあることに、今回初めて走って思い知らされました。

Th_img_1106

 3人並んで走ってるわけじゃなくて、僕一人の影です。あっちこっちから、ものすごい量の照明でコース上を照らしてるのですね。もうとっくの昔に、観客は一人もいないのに。エコじゃないこと。

Th_img_1108

 ちょっと、ブレてますが。ピット入り口の幅を広げて進入しやすくしようと、ペンキを塗り直してる人々。左のラインを黒く塗りつぶしてるところです。初日の走行で不具合が出ると、こういうふうにその晩のうちに応急処置を施します。ま、これはそう大した作業ではないですが、

Th_i_2011101408361407

 韓国GPの時なんて、縁石を削ってましたからね。走りすぎようとしたら、石の粉がモウモウと舞ってて、身の危険すら感じました。

Th_dscn1479

 満月だ〜。

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑気に入ったら、ポチッとお願いします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

祝!「ど根性ガエル」500GP参戦。

 今週末は、中東アブダビに出稼ぎです。

Th_dscn1331

 相も変わらず、バブリーなたたずまい。で、今日(木曜日)は、このマリーナに隣接したサーキットで、ささやかなお祝いが開かれました。

Th_dscn1396

 金子博カメラマンの、F1GP参戦500戦を祝う記念撮影会です。500戦と一口にいいますが、年間16戦として31年ちょっと(!)。ものすごい大記録です。その間ほとんど1戦も欠かさず(フランクフルトで倒れたりしましたが)、世界中に出かけて行ったわけですから。

Th_dscn1379

 日頃、悪口を言い合い、場所取りでけんかし合うカメラマンたちが、揃いのTシャツを着て、祝ってくれました。

Th_dscn1385

 せぇの〜で、「ゴ〜!」と日本語で大合唱。この業界も、平均年齢高いゾ。

Th_dscn1370

 で、どうしてTシャツにど根性ガエルが付いてるかというと、実は金子さん、漫画「ど根性ガエル」の主人公ひろしのモデルなんですね。金子さんの実家は、大森のお寿司屋さん。そこに作者の吉沢やすみが通っていて、当時まだ美少年だった博くんをモデルに、この漫画を描き始めたというわけです。

Th_dscn1371

 FIA(国際自動車連盟)の重鎮ハービー・ブラッシュも、「何だ、何だ」と近寄ってきたので、無理やりTシャツを着せて、記念撮影に参加させました。

Th_dscn1373

 右端のイタリア人長老カメラマン、コロンボが、「おれとカネーコ、ハービーの3人を合わせたら、2000戦は行ってるな」と、恐ろしいことを言ってるの図。こういうバカバカシイ集まりも、最近のF1では少なくなりました。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑お気に召したら、ポチッと。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

モロッコの笑顔。

 まだまだ紹介したいことは山ほどありますが、モロッコネタはひとまずこれにて。

 とにかくモロッコの人々は、人懐こかったです。

Th_p1010429

 これは公園の警備のおじさん。早朝ランニングしていたら、「おいおい」と呼び止められ、何?と思ったら、「喉、乾いただろ」と、持っていたオレンジを半分わけてくれたのでした。

Th_dscn1118

 それからメディナの中を散歩していたら、ちょうど下校時だったらしく、ラバト女子中学(ラバ女?)の女生徒たちが付いて来て。東洋人と北アフリカ人、お互い言葉はほとんど通じないながら、何だかキャアキャア女子トークを交わしておりました。

Th_dscn1116

 一方、こちらのちょいイケメンは、アラビア文字の書道家。

Th_dscn1115

 リアドのフランス人オーナーがチェックアウト前夜、「あなた方の名前を教えて下さい」と訊いてきて、何だろうと思ってたら、翌朝やって来た彼が、こうして1枚ずつアラビア文字で名前を書いてくれたのでした。リアド滞在の、ささやかなお礼だといって。

 あんまり美しいので、近所の額縁屋を教えてもらって、記念に額装してもらいました。額装代、なんと50ディラム(約500円)・・・。しかも2時間足らずで出来上がった仕上げの、丁寧なこと。モロッコの大きな魅力の一つは、こういう昔ながらの職人仕事がしっかり残ってるところですね。

Th_dscn1178

 ああ〜、なのにパリまで持って帰ってくる時に、ガラスにヒビが入ってしまったのでしたweep。すぐに、修理しなきゃ。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

↑よろしければ、ポチッと。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

モロッコの『青い街』を走る。

 ラバトに着いた翌朝、走りに出かけました。

Th_p1010416

 旧市街メディナを取り囲む城壁です。明け方までの雨もすっかり上がり、風もなく、絶好のランニング日和。

Th_p1010406でも地中海は、けっこうな荒れ模様でしたね〜。

Th_p1010410

イスラム女性は、ランニング中もスカーフをしてる。当たり前か。

Th_p1010402

 海岸沿いの墓地。びっしりと並ぶ墓石が、迫力でした。

Th_p1010424

 いったんメディナの中に戻り、

Th_p1010426

 『あしたのジョー』の泪橋商店街みたいなアーケード街を抜けて、

Th_p1010428

 城壁沿いの公園に到達。そこから適当に横の道に入ると・・、

Th_p1010435

 思いがけない青壁の町並みに飛び込みました。

Th_p1010437

 ガイドブックにも記述のない、こじんまりとした界隈です。

Th_p1010441でもなんだか、不思議な空間でした。

Th_p1010463

そういえば走ってる僕自身も、今朝は青かったなと気がついて、

Th_p1010443

店先でミントティを飲んでたおじさんにカメラを渡し、1枚撮ってもらいました。青い街の青いランナー。

20111029_90620

ラバトを走るの図。右上の、クチャクチャっとしたあたりが、青い街でした。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑よろしければ、クリックしてみて下さい。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

モロッコの灯(あかり)。

 モロッコネタでずいぶん引っ張ってます・・・。でもこれでもまだ、2日目が終わったばかりでして。coldsweats01

Th_p1010379

 3日目の朝。フェズからラバトへ。列車で約3時間の移動です。モロッコの首都は、しとしと雨。フェズのリアドのように駅までの迎えもなく、まずは走行距離50万kmのタクシーの尋常ならざる振動に耐えつつ、メディナ入り口へ(でも料金は、5ディナール(約50円!)でした)。

 メディナの中を濡れながら歩き回り、リアド捜索。と言ってもこちらの旧市街はこぢんまりとしてるし、全然迷路じゃないので、ほどなく到達しました。

Th_p1010380

 中庭を囲む形式はフェズと同じですが、こちらは全部で6室のみの小規模経営。

Th_p1010382

 でも居心地のよさは、引けを取らない。ネットもすぐに、サクサクつながったし(もちろん無料でした)。

Th_dscn1006

 予約した部屋は、2階に寝室のあるメゾネット形式でした。

Th_dscn1002

 例によってチェックインすると、すぐにミントティとお菓子を出してくれる。

Th_dscn1008

 寝室側から見下ろした部屋の内部。フェズに比べるとインテリアは素っ気ないですが、その代わりランプシェードが凝ってたこと。

Th_dscn1090

 たとえば寝室のこれとか、

Th_dscn1011

 ベッドサイドの灯りとか、

Th_dscn1019

 3階の回廊のランプ。

Th_dscn1020

 それから食堂につながる廊下に吊り下がっていた、縦型シェード。ブリキの板を打ち抜いて、丸めただけなんですが、とにかく細工が細かい(拡大してみて下さい)。両側の壁の模様みたいに見えるのは、この灯りの映し出す影なんですよ〜。

Th_dscn1174

 あまりの美しさにノックアウトされ、翌日メディナに行って物色。残念ながらリアドにあるのは特注で、同じようなものは見つからなかったのですが、これを買って帰りました。200ディナール(約2000円なり)。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

↑気に入ったら、クリックしてみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 4日 (金)

モロッコには、古代ローマの遺跡だってある。

 しかも素晴らしい保存状態の遺跡でした。

Th_dscn0774

 ただしアクセスはあまりよくなく、フェズからだと70kmほどの道のりです。最初はメクネスまで鉄道で行って、そこからタクシーをチャーターしようとしたのですが、2家族7人が乗れるミニバスがフェズ往復で1日600ディラム(約6000円)だというので、そちらに即決。

Th_dscn0781

 山道を1時間半ほど走ると、丘の上にヴォルビリス遺跡が見えて来ます。

Th_dscn0798

 ウィキペディアによれば紀元30年ごろに建造され、その後300年ほど栄えたそうな。最盛期には人口2万人ほど。ローマ人とベルベル人(北アフリカの原住民です)に、居住区が分かれていたと。

Th_dscn0884

 で、ローマ人居住区の住宅の多くは、こういうモザイクの装飾が施されていたそうです。

Th_dscn0882

Th_dscn0785

 精巧、精緻、色鮮やかな細工に、思わず見入ってしまいます。

Th_dscn0791

 まだ発掘の真っ最中だからか、何軒かのモザイクはかなり近くまで寄って見ることができます。

Th_dscn0827 こんな感じです。

Th_dscn0831 これほど細かいモザイクが、2000年近くも保存されていたことに驚嘆。

Th_p1010333

 一方こちらは、古代ローマ都市の定番である、お風呂の跡です。

Th_dscn0858

 カラカラ帝の凱旋門。

Th_dscn0863

 集会場などに使われていたバジリカ。

Th_dscn0809

 この一帯は肥沃な土地で、そこで取れたオリーブオイルと小麦をローマ本国に輸出し、繁栄した都市だったとのこと。ここから海まではかなりありますが、運搬用の道路もさぞかしきっちり整備されていたんでしょう。さらに当時は石造りの水道橋が延々と水源まで延びていて、この町まで飲料水を引き入れていたと。大したもんだ、ローマ帝国。





にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑お気に召したら、クリックしてみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

フェズを走る。

 知人宅を訪問して帰る際、玄関のドアを開けたつもりがトイレだったというほど地理オンチの僕にとって、メディナの迷路を一人で走るのはかなり緊張するイベントでした。

 朝8時過ぎ。リアドの中庭でストレッチをしながら、前日ガイドさんに連れて行ってもらった道筋をとりあえず頭の中で反芻。でも実際に走り出すと、案の定すぐに迷子になりかけました。このまま走り続けると、確実に日暮れまでメディナから出られなさそうなので、その都度リアドまで戻ることに。

20111029_91114

 行ったり来たりの狼狽ぶりが、走行データにもよく表れてます。

Th_p1010174

 メディナの店が開くのは、毎朝10時ぐらい。この時間帯は閑散として、走りやすいこと。

Th_p1010175

 通りを歩くのは新市街から通勤して来る人々や、清掃ロバ、。

Th_p1010187

 ミントティ用のミント山積みを運ぶ人。

P1010185

 それから水売りのおじさんぐらい。

Th_p1010180

 いったんメディナの外に出て城壁沿いを少し走ったあと、

Th_p1010192

 思い切って、メディナの奥深くまで入って行きました。ちょっとドキドキ。右手前の落書きみたいなのは、「売り家あり」の標識。空き家のリヤドがメディナ内に何百軒もあるらしく、外国人たちが投資目的でがんがん買い漁っているようです。

Th_p1010202

 とあるモスクの前を通りかかったら、扉の前にいたおじさんが「カメラ貸しなさい」と、手を差し伸べてきました。「異教徒は中に入れないから、代わりに写真撮ってやる」と。

Th_p1010198

 これがその貴重な(?)内部写真。

Th_p1010200

 ついでに、こんなのまで撮ってた。撮影代を請求されましたが、ランニング中なので一文無し。ちょっと、悪かったかな。

Th_p1010203

 前日、歩いた気がしないでもない商店街に突入。とにかくどこを走っても、似たような路地ばかりです。

Th_p1010204

 タジーヌ売りだけは、早々に店を開けてる。そろそろ戻ろうかと少しペースを落として走っていると、今度はカフェのおじさんたちに声をかけられました。

Th_p1010206

 「隣に座って、お茶でも飲んでけよ」と、すり切れたソファをバンバン叩く真ん中の親父。かなり心動かされましたが、写真だけ撮らせてもらったのでした。







 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑お気に召したら、クリックしてみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »