« 「根こそぎ軍団」の、地下足袋おばさん。 | トップページ | 新しいナビは、帰国子女系? »

2011年9月 8日 (木)

ボーヌのワインレストラン。

 レジスおじさんちの試飲会は、まだまだこれから盛り上がるところだったのですが、楽しみなレストランに予約を入れてある。後ろ髪を引かれつつ、ボーヌ市内へと向かいました。

Th_p1000591

 このレストラン。明かりがまぶしくてほとんど見えませんが、"Le Comptoir des Tontons"「コントワール・デ・トントン」という店名。「おじちゃんたちのカウンター」とでも、訳す?

 「とにかくワインリストが充実してるし、そういうレストランで料理がまずい店はない」のが持論の、minmin氏のお薦め。確かにワインリストは、目もくらむような充実ぶり。そしてそれに負けず、料理もなんと言うか、特に前菜が非常にユニークでした。

Th_p1000580

 見ただけでは、どんな料理かわからないでしょ。僕の頼んだ前菜は、グラスに入ったのがツナのリエット。手前は、根セロリをパスタのように細〜く切って、アーモンドオイルのドレッシングと芥子(けし)の実で和えたもの。

Th_p1000581

 嫁の前菜、真ん中にあるのは砂糖大根だろうと見当がつくけど、周りを取り囲んでるのがアーティチョークだというのは、食べるまでわからないかも。両方とも、花をいっぱい飾ってる(!)。オーナーは文字通り海坊主のような外観なんですが、かなり繊細なセンスの持ち主なんでしょう。

Th_p1000587 それに比べるとメインは、ずっと正攻法でした。牛のすね肉をトマトと柔らか〜く煮込んだのにカマルグ地方の米を添えたのと、

Th_p1000588

 鴨のもも肉。付け合わせの野菜が、いかにもビオらしい凝ったものでした。

 で、ワインなんですが・・、

Th_p1000578

 昼間たらふくピノノワールを生食し、そのあとレジスおじさんちで試飲したこともあって、二人で1本はとても無理だろうと。なのでおとなしく、白と赤のグラスワインを1杯ずついただいたのでした。

|

« 「根こそぎ軍団」の、地下足袋おばさん。 | トップページ | 新しいナビは、帰国子女系? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/52682296

この記事へのトラックバック一覧です: ボーヌのワインレストラン。:

« 「根こそぎ軍団」の、地下足袋おばさん。 | トップページ | 新しいナビは、帰国子女系? »