« この中に、マリー・アントワネットも幽閉されてたんだよね・・・。 | トップページ | 劇画風ドライバー。 »

2011年6月 7日 (火)

ジュヴェニル、再訪。

 パレ・ロワイヤルにほど近いワイン・ビストロ「ジュヴェニル」を、再訪しました。

Rimg0481

 つい2、3ヶ月前に来たような気がしてたのですが、確認したら去年の7月。ほとんど、1年前!時間の経つのが、最近どんどん速くなっていく・・・。(前回の記事は、こちらです)

Rimg0459

 席に付くや、すかさず出してくれたシャンペンを呑みつつ、メニューとワインリストを精読。一番楽しい時間かも。

Rimg0466

 まずは前回もいただいた生ハム、トマト、ジェノヴェーゼをバゲットに載せたブルスケッタと、皮付きジャガイモに山羊のチーズをかけてオーヴンで焼いた前菜。ブルスケッタはこのあと家でも何度か作ったんだけど、この味がどうしても出せない。ジェノヴェーゼを、もうちょっと多めにしてみようかな。

Rimg0462

 ボトルのリストももちろん充実してるんですが、この店ではグラスで片っ端からあれこれ注文するのがいいかと。前回も書いたように珍しいワインがいっぱいあるし、一杯3ユーロからというのは、とにかく安い。

Rimg0467

 壁に飾ってある絵は、店主の娘さんの作品。「ジュヴェニル」の名前を冠したワインのエチケットに、これらの絵が使われています。どうして豚ばかりなのかって?去年の記事の店主の写真を見ると、まあ何となく納得できるかも。

Rimg0470

 メインは僕が子牛のレバーステーキ。

Rimg0472

 嫁はバヴェットのステーキ。牛の肋骨に近い部分の肉ですかね。けっこう筋張ってるんですが、いい店で食べると、噛めば噛むほど味がしみ出て、本当にオイシイ。ここのは、まさにそうでした。大抵はこういうふうに、エシャロットとジャガイモを付け合わせます。

Rimg0475

 今回いろいろ呑んだ中では、白は南仏オックのVDP(ヴァン・ド・ペイ)のシャルドネ、赤はこの店の名前のついたクローズ・エルミタージュ2009年が楽しかったです。

Rimg0473

 去年もいたバイトの東郷くんは、今や「店主補佐」の風情。食後のコニャックを奢ってくれつつ、「画廊兼ワインバーで、室内楽のコンサートもやったりとか、そんな店を開きたいですね」と、夢を語っておりました。












|

« この中に、マリー・アントワネットも幽閉されてたんだよね・・・。 | トップページ | 劇画風ドライバー。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

パリの晩ご飯」カテゴリの記事

パリ暮らし」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

コメント

東郷君に私の絵が出来たら店内に飾ってくれってお伝え下さいな。

投稿: 赤堤仙人 | 2011年6月 9日 (木) 17時03分

もちろんです。・・豚の絵?

投稿: ムッシュ柴田 | 2011年6月 9日 (木) 17時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/51886424

この記事へのトラックバック一覧です: ジュヴェニル、再訪。:

« この中に、マリー・アントワネットも幽閉されてたんだよね・・・。 | トップページ | 劇画風ドライバー。 »