« カカト痛、ほぼ治ったかな。 | トップページ | バーレーンは「オキナワ」であり、「北方領土」である。 »

2011年3月 3日 (木)

高津は、エライ。

 しこしこと原稿を書いている傍らで週刊誌を読んでいた嫁が、「高津は、エライ」としきりに感心している。何事とのぞき込むと、プロ野球選手の高津臣吾のことだった。

 僕は世代的にほとんど馴染みがないのだけれど、その経歴だけでも、なかなか凄い人です。

 1990年にヤクルトからプロデビューし、長い下積みを経て、救援投手として高い評価を得る。そして36歳の時に、念願のメジャー挑戦を果たす。メジャーとマイナーを行ったり来たりした末の2年後、同僚だった古田が監督を務めるヤクルトに復帰。しかし古巣での2年間のことは「今でもあまり話したくない」と本人が言うほど、ツライものだったようだ。

 そして2008年に、メジャー再挑戦。今回は最初から、マイナー契約だった。しかし結果を残せずに、すぐに戦力外通告。すでに40歳に手が届きかけていたけれど、本人の現役続行の意思は固く、他球団の入団テストを受けるも、落ちてしまう。半年後に韓国球界に活躍の場を求め、好成績を挙げるものの、球団の方針から放出される。

Img_219836_53883704_0

 2009年、なんと三度目のメジャー挑戦。サンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約。とはいえメジャーに上がることは今回もかなわず、翌年には台湾へ。13セーブを挙げるが、オフに契約打ち切りを告げられる。そして今年、独立リーグの新潟アルビレックスに入団。現在、42歳。単身赴任中。

 野球さえできれば、どこにでも行くという気迫が、経歴からだけでも伝わってきます。

 フリーの鑑(かがみ)だな・・。

 

 

|

« カカト痛、ほぼ治ったかな。 | トップページ | バーレーンは「オキナワ」であり、「北方領土」である。 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/51017395

この記事へのトラックバック一覧です: 高津は、エライ。:

« カカト痛、ほぼ治ったかな。 | トップページ | バーレーンは「オキナワ」であり、「北方領土」である。 »