« かけがえのない、日本の山河。 | トップページ | おなかがいたくなった原発くん。 »

2011年3月18日 (金)

たまにはフランス映画だって、面白い。

Photo

 といっても脚本・監督は、ルーマニア人ですが。

 ブレジネフ政権に楯突いて、ボリショイ劇場の清掃係を30年間やらされてる天才指揮者。救急車の運転手や日雇い労働者になってるかつての仲間を集めて、ニセのオーケストラを結成し、パリのシャトレ劇場に乗り込む・・・という話。

 単純なストーリーを、飽かせず最後まで見せてくれます。ロシア人役者がみんなよかったし、80年代のフランスの大スター、ミュウミュウが久しぶりに出てたのもうれしかったです。

 あ、邦題は、『オーケストラ』。iTuneでレンタルして、日本語字幕版を観ました。便利な世の中になったもんだ。



 

|

« かけがえのない、日本の山河。 | トップページ | おなかがいたくなった原発くん。 »

パリ暮らし」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/51157540

この記事へのトラックバック一覧です: たまにはフランス映画だって、面白い。:

« かけがえのない、日本の山河。 | トップページ | おなかがいたくなった原発くん。 »