« 『嗤う闇』。 | トップページ | けっこう積もったゾ〜。 »

2010年12月 4日 (土)

『天国は待ってくれる』

 最近好きなCMで、ジョージ・クルーニーとジョン・マルコビッチが共演してるネスプレッソのがあるんですが、その最後にタクシー運転主役のマルコビッチが、「天国は待ってくれるけど、(ネスプレッソの)カプセルは待てない」と言うんですね。

1

(CMの動画は、こちらです)

 何か聞いたことのあるセリフだなあと思ったら、ルビッチの有名な映画のタイトルでした。しかもこれ、ずいぶん前にDVDで買って、本棚に置いてある!

Photo

 地獄の入り口にやって来た主人公が、「私を早く地獄に落として下さい」と閻魔大王に懇願する。「そんなに極悪非道には見えないがね」と大王が応じると、「いえ、罪は犯してないんですが、女性たちに・・」と言って、これまでの恋物語を語り始めるという、ルビッチらしい洒落た構成。

 彼唯一のカラー映画ですが(1943年!)、色使いが素晴らしい。昔懐かしい「総天然色」です。ルビッチの影響を色濃く受けた小津安二郎は生前この映画を観ていないはずなのに(戦争のため公開されなかった)、小津のカラー作品がこの映画の色調となぜかそっくりなのが、実に面白い。

 最後まで十分に楽しめたんですが、途中から「あれ、これ前に観たゾ」と記憶が甦ってきて・・。こうやってボケて行くのも、ま、悪くないかも。

|

« 『嗤う闇』。 | トップページ | けっこう積もったゾ〜。 »

パリ暮らし」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/50209127

この記事へのトラックバック一覧です: 『天国は待ってくれる』:

« 『嗤う闇』。 | トップページ | けっこう積もったゾ〜。 »