« 肉、肉、肉・・・。 | トップページ | サンパウロで治安OKのランニングコースは・・。 »

2010年11月 7日 (日)

泥棒と強盗だらけの、ブラジルGP。

 きのう(土曜日)の夜、ホテルに帰ろうとサーキットを出たジェンソン・バトン父子一行の乗用車が、強盗に襲われました。でもさすが世界チャンピオンというか、運転手は危険回避の訓練を受けた警官で、クルマは防弾装甲仕様。他のクルマの間を縫って、無事に逃げたそうです。

 一方、普通のレンタカーを自分で運転して通勤するわれわれ下々の人間は、自分で身を守るしかない。といってもできることは限られていて、渋滞にはまったら前後左右の動きに気をつけるとか、深夜の交差点では赤信号でも突っ走るとか。あとは現金だけ持って、パソコンやパスポートは持ち歩かず、万一襲われたらさっさとそれを渡すとか。

 きのうはカメラマン部屋で、ん十万円もする望遠レンズが2台も盗まれました。出入り口には、ちゃんと警備員がいたにもかかわらず。こうなると、もう防ぎようがないよね。

P1110687

 「マシンガン持ったお兄ちゃんたちに、取り囲まれてさ」と、翌朝、恐怖の体験を語るジェンソン。







|

« 肉、肉、肉・・・。 | トップページ | サンパウロで治安OKのランニングコースは・・。 »

F1」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/49963882

この記事へのトラックバック一覧です: 泥棒と強盗だらけの、ブラジルGP。:

« 肉、肉、肉・・・。 | トップページ | サンパウロで治安OKのランニングコースは・・。 »