« 何とかしてよ、Mr.コンスタン! | トップページ | ロワールの片田舎で、こんな料理が食べられるとは・・。 »

2010年10月30日 (土)

「ポワラーヌ風」を、試してみる。

 「アカネ」という日本種らしき林檎を、おすそ分けしてもらいました。酸っぱくて美味しいのですが、生食だとちょっとフニャフニャしてる。

Img_0178

 それで久しぶりに、林檎のタルトを作ることに。老舗ポワラーヌの味を再現しようという、大胆な試みです。と言っても、スーパーで延ばすだけのパイ生地を買って来て、

Img_0177

 小さく切ってレモンを少し絞った林檎を包み、上から砂糖をかけて・・、

Img_0179

 卵黄を塗ってから、オーブンに放り込むだけですけどね。

Img_0185

 20分ほどしてから取り出すと、ひいき目に見てもポワラーヌ風じゃない。期待したようなこんがりキツネ色にならないのは、どうしてなんだろう。焼きたてを娘に食させたところ、「ん〜、おいしいよ」だと。改良の余地、大きそうです。





|

« 何とかしてよ、Mr.コンスタン! | トップページ | ロワールの片田舎で、こんな料理が食べられるとは・・。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

パリ暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502195/49885571

この記事へのトラックバック一覧です: 「ポワラーヌ風」を、試してみる。:

« 何とかしてよ、Mr.コンスタン! | トップページ | ロワールの片田舎で、こんな料理が食べられるとは・・。 »